小説:ガーディアン (前編)

    
―――目に見えない恐怖は、どんな恐怖よりも厄介だ。

目に見える恐怖は、解決できるから厄介ではない・・・。


チーンコーンカーンコーン・・・
 「ふぁ・・・ねむ・・・」
オレ、橘 瑩(たちばな あきら)、少しだけ脚力に自信のある、高校2年生だ。
 (そういや授業終わってんだよな・・・)
今は放課後らしいので、眠いし、とっとと帰ることにする。
 「ほんじゃ、さいなら~」
寝ぼけてるのか、誰に言うまでもなくあいさつをして教室を出る。

・・・・・・
 「ただいま~」
 「おかえり、お兄ちゃん」
こいつは雪音(ゆきね)、オレのかわいい義妹だ。
 「メシできたら、起こしに来てくれ」
 「もう、たまには部屋の掃除もしなさいよ?」
 「ヘイヘイ・・・」
家の都合で両親は不在なので、雪音がこの家の全てを仕切っている。
 (雪音も大変だな・・・)
そう思いながら、オレは自分の部屋へと入り、速攻でベッドに倒れこむ。
 (おやすみ~・・・)
オレは一時の仮眠へと、身をゆだねていった・・・。

・・・・・・
 「お、お兄ちゃん、起きてよぅ」
 「・・・・・・んん?」
浅い眠りだったのか、オレはすぐに起きることができた。
 「メシ、もうできたのか?」
窓の外を見てもまだ日が沈んでないし、メシの時間には早すぎる。
 「どうしたんだ?」
 「あ、あのね、変な手紙が・・・」
 「変な手紙?」
オレはそれが気になり、雪音の言う「変な手紙」を見てみた。
 「これか・・・どれどれ・・・」

『橘 雪音タン、僕は君のことを思うと夜も眠れなく、糖尿病になりそうな勢いです。
 毎晩はあなたでハァハァ( ´Д`)しています。たまらないです。
 この気持ちはきっとアラビア語で言う「恋」なのだと思います。 ~雪音タン命より~』

 「雪音、こいつブッ殺しに行くぞ」
これが率直な感想だ。
 「あ、あと、こんな写真も・・・」
 「なに!?」
雪音に渡されたのは、登下校時に撮られたであろう物や、普段着を着ているものなど、複数あった。
 「・・・・・・あ、これいい・・・」
なかにはかなりきわどいアングルからのモノもあり、少し欲しくなる・・・。
 「お兄ちゃん??」
 「スミマセンデシタ」
雪音のバックにスタンドらしきものが見えたので、身の危険を感じ、とっさにあやまる。
 「これはまさか、ストーカーってやつか・・・」
 「どうしよう・・・怖いよぉ・・・」
確かに雪音はかわいいし、狙われることも少なくないだろう。かわいい上に、かわいいからな。
 「雪音、安心しろ。オレが必ず、守ってみせる!」
 「でもまだそうと決まったわけじゃないよね・・・?」
 「え?まぁ、うん・・・」
うわ、雪音、空気よめよ・・・。でもま、怖いんだろうし、かわいいから許すけど。
 「とにかく、なにかと危険だ。絶対にオレのそばを離れるな」
 「わ、分かった・・・」
 「・・・・・・風呂もトイレもな・・・」
 「・・・今、一瞬お兄ちゃんのこと、かっこいい・って思ったのに・・・」
 「雪音はホントにかわいいなぁ~・・・」
雪音はむーっとした表情を浮かべていた。こんなオレを許してくれ。

・・・・・・
やがてメシも食い終わり、明日の準備をして、そろそろ寝る時間になった。
 「・・・さぁて、そろそろ寝るか・・・」
と、ベッドインしようとしてたとき、
――バン!
 「お兄ちゃん!」
ドアが勢いよく開かれ、雪音が下着姿のまま立っていた。
 「Oh!マーヴェラス!!」
求めたのはこの快感。オレは今、天国への階段を上っている。
 「いいから早く来てよ!!」
 「あぁ、すぐにイくさ~♪♪」
オレは半分、理性を失いかけていた。が、
 「真面目に聞いてよおぉーっ!」
――ゴシャ!!
 「ごふっ!?」
雪音はドアの近くにあった地球儀でオレを撲殺しようとする!
 「ちょっ、マジですいませんっした!!」
オレは顔面を殴られ、鼻血がドピャドピャと出ていた。ついでにじんわりと涙も。
 「謝んなくていいから、早くぅ!」
 「何をそんなに・・・」
雪音にしてはめずらしいあわてようだ。相当大変なことなんだろう。
オレの顔面も十分大変なことになってるが。
そしてオレは雪音の部屋に案内され、
 「い、家の前に、知らない人が!」
 「あぁ?そんなん、いつも通ってるだろうが・・・」
 「ちがうの! ずっとこっち見てたのぉ!」
 「・・・ホントかよ」
とりあえず、窓の外を見てみる。
 「・・・・・・」
なんだよ、誰もいないじゃないか・・・。
 「雪音、たぶん思い過ご・・・」
 「・・・ひっく・・・ぐす・・・」
 「・・・・・・雪音?」
 「ふぇ・・・ホントに・・・怖いの・・・ぐす・・・」
雪音はウソ泣きなんかしない娘だ。長年一緒にいたからそれは1番分かってる。
 「・・・雪音、ごめん・・・」
オレは優しく雪音を抱きしめる。
 「お前の気持ち、分かってあげられなくて・・・」
雪音はオレの胸の中で泣き続けてる。すると雪音が、
 「クスン・・・さっきもね、手紙とね、同じようなね、メールが・・・・・・ひっく・・・」
 「なんだって?」
なんてやつだ・・・。ここまで雪音を追い込みやがるとは・・・。
 「雪音、大丈夫だ。オレがいるから・・・」
オレはそういい、雪音をさらにぎゅっと、深く抱きしめる。
 「お兄ちゃん、い、痛いよぅ・・・」
 「あ、あぁ、ゴメンゴメン」
思わず力を入れすぎていたようだ。
 「あ、あのね、お兄ちゃん・・・」
 「なんだ?」
泣き止んできたのか、話し方が落ち着いてきた。
 「今日、一緒に・・・寝て・・・」
 「・・・へ?」
雪音サン、今なんて・・・?
 「は、恥ずかしいけど、怖いから・・・」
 「大丈夫、オレが守ってみせる」
なーんて、上辺ではこう言ってるオレだが、実際かなり舞い上がっている。
 (ストーカーよ、貴様がいなければ、こんなオイシイ思いは出来なかったかもしれない・・・)
さきほどまでの殺意がウソみたいに薄れていく。むしろ敬意を示したいくらいだ。
 「お兄ちゃん、怖いから、くっついて寝てもいい?」
 「かまわないさ」
 (ストーカーよ、礼を言おうか。でもこんなに雪音を怯えさせたわけだし、やっぱりブッコロ♪)

・・・・・・
そしてオレと雪音は同じベッドに入る。
 「雪音、安心して寝ていいぞ」
 「うん・・・ありがとう、お兄ちゃん」
 「気にするな」
そしてオレと雪音は布団を被り、眠りにつく。
 (・・・・・・)
オレは平静を保つのが必死だった。少しでも気を抜くと、顔がニヤけてしまいそうだ。
 (ウヘヘェ・・・)
おっとヤバイヤバイ。よだれが垂れていたではないか。
 (雪音、早く寝付いてくれないかな・・・)
じゃないと、オレが天国へ逝けないじゃないか・・・。

・・・・・・
それから20分がたった。雪音はスースーと寝息を立てている。
 (キタ――――――(゚∀゚)――――――ッ!!)
オレはこのときを待っていたんだ・・・! 雪音が眠りに落ちるのを!
 (ヘヘヘ・・・そんじゃ、じっくり楽しませてもらいますよ・・・)
オレはゆっくり起き上がり、雪音へと手を伸ばす。
と、そのとき!
 「・・・お兄ちゃん・・・」
 「!!?」
なっ?起きていたのか・・・!?
 「・・・・・・スー・・・」
なんだ、寝言かよ・・・。(ベタだな)
これで起きられたら困るが。寝言でよかった・・・。
 「・・・・・・迷惑かけて・・・ごめんね・・・」
 (・・・・・・)
雪音、本当は起きてるんじゃないのか・・・?
そう思い、ほっぺたを突っついて確かめてみる。
 「・・・スー・・・」
反応がない。眠ったまま、相変わらずぷにぷにのほっぺただ。
 (・・・オレがバカだったよ・・・)
さっきまでの高揚した気分がウソみたいに冷めていく。
雪音が寝付いたらいろいろするつもりだったが、やっぱりできない。
 (雪音、オレの方こそ、エロいことばっか考えててごめんな・・・)
自分があわれに思えてくる。オレを頼ってくれている雪音に、そんなことをしようとしていたとは。
 「おやすみ、雪音・・・」
オレは雪音にそういい、眠りにつく。聞こえてないだろうけど。

 (・・・・・・・・・)

でもやっぱりもったいないので、おっぱいだけでも触っておく。(・・・最悪 by作者)
オレは雪音の胸に、そっと手を伸ばす。
―――ぷょん
 (わぁ~、やわらけぇ~♪)
心地よい感触が、手のひらに伝わってくる。丁度いい弾力もあり、すごく柔らかい。
 (もう一回さわっとこ)
雪音が起きないように、またそっと手を伸ばす。
―――ふに  もみもみ・・・
 (おおぉ、すげぇ・・・)
あまりの気持ちよさに、思わずもんでしまった。
 「あん・・・」
 「!!?」
雪音が声を上げたのであわてて手を離す。が、雪音は眠ったままだ。
 (あ、あぶねぇ~・・・)
もし目を覚ましたらオレの命が危ういので、ここらへんで終わりにしとく。
 (ま、いい収穫だったし。堪能させてもらいましたよ♪)
オレは余韻の残った手のひらをきゅっと握りしめた。
 「そんじゃ、おやすみ、雪音」
オレはそういい、眠りに落ちていった・・・。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
後編へ
トップへ戻る

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。