小説:夢を求めて (前編)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――寝ているときに見る夢もいいが、起きてるときに見る夢はもっといいもんだ。

 「やれやれだぜ・・・」
オレの名前は橘 瑩(たちばな あきら)、授業は全て睡眠学習で過ごす高校2年生だ。
と言ってるワリに、今オレは起きている。無論、今は英語かなんかの授業中だ。
 (まだ終わらないようだ・・・)
今日はなんとしてでも起きていなければならない。
 (途中で寝ちまったら、全てがオジャンだ)
今日寝ないために、昨日は7時半くらいに眠りについた。
だけど10時くらいに目が覚めて、もう1回眠りについたのが1時くらいだ。
 (・・・結局いつもとあんま変わってないんだがな・・・)
さて、もうすぐこの授業が終わる。
 (ってまだ次あるじゃん・・・)
かったるいぜ・・・

・・・・・・
先ほどの英語らしき授業が終わり、今は休憩時間。
 「やっべ・・・眠くなってきたし」
しかしここで眠るわけにはいかん! 眠ったら台無しだ!
と、自問自答していたとき、
 「・・・あんた、今日はどうしたの?」
ふとオレに呼びかけが。
 「んぁ? なんだ、千冬か」
こいつは朝比奈 千冬(あさひな ちふゆ)、なかなかに気の合う女友達だ。
ちなみにコイツの出席番号は1番だ。
 「なんだってなによ~?」
 「お前こそ、今日はどうしたの・って、なんだよ!」
実際いつもどおりにしているのだが。なにか問題でも?
 「今日はあんた、起きてるじゃない?」
 「それがどうした?」
 「いや、どうしたのかなぁ~って」
・・・こ、こいつ・・・オレを「寝てるキャラ」と認識してやがる!
 「・・・まぁそう思われても仕方ないか・・・」
たぶん作者もこう思ってあきらめているのだろう。
 「そう思われて・って、なにが?」
千冬が突っ込んでくる。オレ、口に出していたのか・・・。
 「いや、なんでもねえよ」
めんどくさいので適当にごまかす。
 「・・・あんたも、『アレ』狙ってるの?」
と、急に声のトーンを下げて千冬が言い出す。
 「千冬・・・『アレ』って・・・『アレ』だよな?」
オレもそれに合わせ、声のトーンを下げる。
 「橘、あんたはどんな方法で行くの?」
やはり『アレ』のことだ。でないとこんな会話は成り立たない。
 「そんなこと、言ってたまるかよ」
ここでゲロっちまうと、今まで起きていた意味が少しなくなる。
 「橘・・・あたしと組まない?」
 「・・・・・・ほう」
なかなか面白いことを持ちかけてくるじゃないか。
 「・・・千冬、お前の方法を聞いてもいいか?」
向こうから取引を持ちかけてきているのだから、聞く権利くらいあるだろう。
 「・・・いいわよ」
なんともアブナげな会話だなオイ・・・。

・・・・・・
そしてオレは千冬の方法を聞いた。なかなか頭のキレるやつだ。
 「・・・なるほどな・・・お前にしか出来ないような芸当だぜ」
 「組んで損はないと思うわよ?」
 「たしかにそうだな・・・」
これならオレ単独での成功率40%だったのが、組むことによって43%まで上昇する。
 (・・・ってあんま変わってねーな・・・50%くらいかな?)
とりあえず確立なんて目安に過ぎない。足りない分は勇気で補えばいい!
 「あっ、そうだ千冬!」
 「ん? なに?」
 「次の授業、もし寝てたら起こしてくれないか?」
オレは千冬に目覚ましをセットする。
 「また寝るのぉ?」
 「今日は寝てないだろ!」
 「いつも寝てるじゃない!」
 「ああ、否定はしないがナニカ?」
 「うわ・・・開き直った・・・」
別に開き直ったわけではないが、真実なので何も言えないだけだ。
 「とにかく、『アレ』のために頼むぞ?」
 「仕方ないわね」
これで寝過ごすことはなくなった。ってこいつが起こしてくれなかったらジ・エンドだけど。
 「んじゃ千冬、渡すもん渡しといてくれ」
 「うん、わかった」
そうしてオレは千冬からブツをいくつか渡される。これが勝利の鍵だ!
 「あとは体力を蓄えるために・・・さらばだ!」
 「もう、起こしてあげるから、ちゃんと起きなさいよ?」
 「z z z z・・・」
 「うわ早っ!」

・・・・・・
・・・
 「・・・えー、ここはエックスに平清盛を代入して――」
実に淡々とした、数学か社会か分からない授業が展開されている。
そんな中、ひとつの放送が入る。
 『ジャンカジャンカジャ~ン・・・・・・鬼塚先生、至急職員室へ来てください』
そんな、ごく普通の放送が流れる。チャイム音は普通ではないが。
 「・・・そして藤原氏をワイに・・・って呼び出しか・・・」
呼び出しを食らった先生は瑩&千冬のクラスの授業をしていた先生だ。
 「休憩まで残り7分か・・・・・・ふむ、そんじゃ今日はここまで! みんな、ちゃんと写しておくように!」
そういって授業は放送により終了された。この次は昼休憩である。
各々がノートを写し終わり、休憩に入っていく。
・・・さて、例の二人は・・・
・・・・・・
 「橘、授業終わったから起きなさい!」
 「z z z z・・・」
 「仕方ないわね・・・」
―――ドゴッ! メシャメシャァ・・・
 「ぐあぁ! 痛ってぇ! って、おまっ・・・釘バット!?」
 「あ、起きた起きた」
 「お前、今ので永遠に眠っちまうところだったじゃねーか!」
現にオレの後頭部からは、ドピャドピャと勢いよく血が吹き出していた。
ケガどころの騒ぎでは済まないだろう。
 「それより橘、行動開始よ!」
 「ちょっ、オレの頭どないすんねん!」
このまま行動すること・って言ったら病院行くことくらいじゃねーか!
 「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~」
 「・・・え?」
いきなり千冬が謎の呪文を唱える。というか奇声?
 「ホラ、これで治ってるから、早く動きなさい!」
 「ちょっと待っ・・・・・・マジで治ってるし!!」
そこら辺に微妙に散っていた肉片も、吹き出した血も全て跡形も無いくらい治ってる。
 「こんなことが・・・・・・まさか貴様、スタンド使いか!?」
 「早くしないと首ぶっ飛ばすわよ!?」
 「ハイマジデスミマセンデシタ!」
2回も撲殺されてはたまらないので、オレは早急に行動を開始する。
さっきのことは気にしないでおこう。  ・・・所詮ネタだし。
 「んじゃ千冬、あとのフォロー&サポートは頼んだぜ!」
 「任せなさい!」
そうしてオレは教室を出る。ほぼ本気の走りで。(50m走・5秒8)

・・・・・・・
・・・・

さて、ここでさっきから変態的に謎の、『アレ』についてだが、
『アレ』とはどの学校でも存在するであろう(?)、「伝説のパン」のことだ。
この学校では何回か伝説のパンは更新されていく。前回は「竜太サンド」だった。
前々回は「バナ納豆パン」。これは別の意味で伝説になり、ついには殿堂入り。
そして今回は、「ヤキソバパンWithチョコバナナ」という、よくわからんメニューだ。
この伝説のパンシリーズ、表では全くといっていいほど、情報公開されない。
つまり、普通の生徒では絶対に手に入れることができないのだ。
しかも販売数も普通のパンよりはるかに少ない。まさにレジェンドなパンなのだ。

瑩&千冬は、これをゲッチュするためにチームを結成した。
瑩の脚力と、千冬の裏の顔から生まれた作戦は、こんな感じだ!
①千冬が瑩にブツを渡す。
②それによって互いに裏切りは許されない。
③昼休憩前の授業にダミーの放送をかける。
④結果、早く授業が終わり、スタートが早くなる。
⑤そこから瑩の脚力でパンのある学食まで駆け抜ける。
⑥千冬は千冬で、ある行動をする・・・。
⑦そしてパンをゲッチュ!

今のところは⑤までの状態だ。ちなみにダミー放送については、
☆放送部の生徒、または先生をシメていた。
☆もしくは弱みを握っていた。
☆それとは関係なく、鬼塚先生とグルっていた。

この3つのうち、どれかに当てはまる。どれも当てはまっていそうだが。
・・・そして瑩は、まもなく学食へ到着するところだった。

・・・・・・
 「やっぱこの時間じゃ、あんま人いねーな」
完全にいないわけではないが、走りやすいことには変わりない。
ウチの教室は学食から結構距離があるが、さっきからすれ違ったのはほんの2・3人だ。
 「このまま、そこのコーナーを曲がれば・・・」
――――!!?
コーナーを曲がれば、確かにそこには学食がある。
しかし、その前に一人の人影が立ちふさがる。
オレは急ブレーキをかけ、体勢を整え、そいつの正体を確かめる。
 「誰だ? オレの邪魔をするや・・・・・・」
――――!!
そのときオレの目に入ったのは、意外な人物だった。
 「・・・な、なんでお前が・・・!?」
頭の中で率直に思った言葉が、そのまま口から出る。
そしてオレの問いかけに、そいつは重い口を開く。
 「フフ・・・瑩・・・」
オレの名を知るそいつは、不敵な笑みを浮かべ、言い放った。
 「・・・・・・オレの世界へようこそ」

――――まるで字のごとく、”人” の ”夢” は ”儚い”・・・・・・


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。