小説:ガーディアンⅡ ♯2

    
第2話
~あらすじ~
瑩は「亀のゲーム屋(ゲーセン)へ行け」という指令を受け取った!

  そんなわけで今、オレは真悟とよく来るゲーセン、亀のゲーム屋へ来ている。
  店内へ入り、例の指令が書いてある紙を探す。しかし見回しても見つからない。
  「くっ、どこだ!? どこにあるっ!?」
ゲーセンにいるということを忘れて叫んでしまったため、周囲から冷めた目で見られてしまった。しかし今はそんなこと、どうでもいい! いや待った・やっぱよくねぇ!
  「なんだ今の奇声は・・・・・・ってやっぱり瑩か」
  「真悟!?」
  UFOキャッチャーの影から真悟が顔をのぞかせる。『やっぱり』っていうのが気になる点だが、こいつがここにいるのは何かと頼もしい。
  ていうかコイツ今日ヒマだったんだな・・・。一人でゲーセン来てるし。
  「ちょうどよかった真悟、ちょっと探してほしいも・・・」
  「コレのことか?」
  「なっ!?」
真悟がポケットから出した物。それはオレの探してる”白い紙”だった。なんでコイツが持ってるのかは謎だが、とにかく助かったぜ!
  「真悟、それだよ!」
――――ヒョイッ
  オレが真悟から紙を受け取ろうとした瞬間、真悟はそれをポケットに戻してしまった。
  「・・・・・・なんのつもりだ?」
  「いやぁ、なんか勝負に勝ってからじゃないと渡しちゃダメだよ♪って言われててさ」
  「貴様、奴に会って・・・・・・! くっ、オレを裏切るつもりか!」
  すると真悟は、奥の方からジャラジャラと金属音のする大きな箱を持ち出した。
  「・・・なんかよくわからんオッサンにメダル3000枚もらっちゃってさ・・・」
  「買収されとんかい! ってそんな話に軽く乗ってんじゃねえよテメェ!」
メダルとは、メダルゲーム専用のやつだ。ちなみにこのゲーセンでは100円で12枚。
  こんな小学生でも乗らないような取引に簡単に乗りやがって。このボケ高校生が。
  「そういうわけだ、瑩。先へ進みたければオレを超えていけ!」
  「戦うしか・・・ないのか!?」
  「・・・・・・そのようだな」

――――風が舞う。
  闘志という名の風が。
  「雪音ちゃんも、お前にはうんざりしてたのではないか?」
  「!?」
  真悟がふと言い出す。
  思えば、雪音がやすやすと敵の手の内に落ちるはずがない。以前、身内であるオレを地球儀で撲殺しようとしていたからな。
  ・・・・・・あんま理由になってねえなぁ、コレ。
  「オレは信じたい・・・雪音を、この世界を、そして・・・オレ自身を! だから戦う・・・・・・生き抜くために!」


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。