小説:ちっちゃなお姉ちゃん(第5話)

    

ちっちゃなお姉ちゃん 第5話

  夜11時。風呂上り、何か飲みたくなってくる。
  が、冷蔵庫を見ても何もない。飲めるモノといったら「めんつゆ」くらいだ。
  「うわ、マジかよ」
  さすがに「めんつゆ」は飲む気になれない。どんな罰ゲームだよ。
  「あれ、祐樹、どったの?」
  「あっ、姉ちゃん」
  冷蔵庫の前で一人悩んでいると、背後から姉ちゃんが声をかけてくる。振り向いても視界に人物が映らなかったので少しビックリした。
  「姉ちゃん、なんか飲み物ない?」
  「え、何もないの?」
  「めんつゆしかない」
  「むぅー」
  姉ちゃんが腕を組んで唸る。なんていうか、すごく滑稽だ。
  「困ったわね。私ものど渇いてるのに」

  そして、数秒の沈黙が流れた。

  「祐樹、あんたちょっとそこの自販機で買ってきてよ」
  「オレもそれ、姉ちゃんに言おうと思ってたんだけど」
  「む、生意気な弟め」
  ならば貴方は生意気な姉ですよ、なんて言ったら絶対に買ってきてくれそうにないので、この発言は控えることにする。
  「姉ちゃん、もうジャンケンで決めない?」
  「うーん、そうね、そうしよっか」
このままだと平行線なので、ここでフェアな勝負を持ち込む。
  「1回勝負よ」
  「望むところだ」
そっちの方が早く決まるし、時間を食わない。好都合だ。
  「「ジャーンケーン・・・」」
  オレと姉ちゃんの手が、宙を舞い、振り下ろされる。
  「「ポン!」」
  互いの手が場に召喚される。
  姉ちゃんの手はグー。よほどオレを殴りたかったのだろうか。
  オレの手はパー。結果、
  「あ、勝った」
  「むむ・・・」
不満そうな顔をする姉ちゃん。そんなに買いに行くのがイヤなのか。
  「姉ちゃん、オレ『マッチョ』頼むね」
  「祐樹ぃー、こんな夜中に出てって、もし私が襲われたらどうすんのよー」
  「いや、自販機まで1分もかからないじゃん」
  「そういう問題じゃないのよ!」
  「どういう問題なんだよ!」
  「もう、とりあえずあんた行きなさい!」
ちょ、勝負に負けてなんてことを言い出す御方だ、ウチのミニ姉は!
  「そんなことを言うのはこの口かぁーっ!」
少しカッチーンと来たオレはそう言い、姉ちゃんの両ほっぺたを、ぷにぃ~と軽くツネる。
  「は、はあひにゃはいお~!」
バタバタと暴れる姉ちゃん。動きがすごくコミカルだ。
  暴れた反動で、オレの手がほっぺたから離れる。
  「分かったわよ、行きゃあいいんでしょ!」
なぜかキレ気味で家を飛び出す姉ちゃん。ちゃんと『マッチョ』買って来てくれるだろうか。

あれから3分ほど経過、姉ちゃんが帰ってきた。
  「ただいまー」
  「おかえりー・・・ってあれ?」
姉ちゃんが手に持ってたのは、姉ちゃんが好きなコーラと、『飲むヨーグルト~カシス風味~』。ホワイ?なぜ?
  「姉ちゃん、『マッチョ』は?」
  「届かなかった」
  「え?」
  「届かなかったの!」
  「あぁー、ハイハイ・・・なるほどね」
大方、自販機の最上部にマッチョが配置されてたのだろう。そんで姉ちゃんはそこのボタンに届かなかった、と。
  「まぁ、姉ちゃん、ちっちゃいもんな」
  「ちっちゃいゆーなって!」
最近このやり取りが日常になってきている気がする。
  「でも、なんで『飲むヨーグルト』かなぁ。しかもカシスって」
  「ムカついたから適当に押したのよ。そしたらそれが出てきたの」
  「適当って。せめて『アクエリオス』とかにしてくりゃいいものを」
  「だったら自分で行きなさいよ」
  「・・・・・・ま、いいや」
なんだかんだ言って買ってきてくれたし(指定のモノではなかったが)、ここは折れとくとしよう。ていうかオレ、なんだか姉ちゃんに甘いような・・・。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。