ガオファイガー特集

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガオファイガーの、エヴォリュアル・ウルテクパワーを見せてやるぜ!

というわけで今回はガオファイガーの特集を始めたいと思います。上記のセリフはこの企画にぴったり。でもやはりガオ知らない人にとっては何の面白みも、見る価値もない特集だとは思いますが。なお、ケータイを変えたことにより、以前より画質が悪くなっています。このクソケータイめが。

まずはファントムガオー&ガオファー。

モチーフ不明の戦闘機、ファントムガオー。カッコイイ。後方の翼を付け忘れているが。
そしてガオファー。翼の変形にあたり、腰アーマーの裏にたたんで隠すというオリジナルの解釈があります。ただ面倒なので管理人は付けてない。
可動の面についてはガイガーより少し劣る程度。特に膝の関節が一つ曲がらないことにより正座ができない。どうでもいいことだが。

続いて新ガオーマシン。

ドリルとステルスは問題ないとして、ライナーガオーⅡがやたら細い。本来六角形のはずなのに長方形気味。まぁ貫通させるためには仕方ないのだろうけども。

ファイティングガオガイガー、略してガオファイガー。

プロポーションはまぁ、ご覧のとおり。このシリーズはどうも大腿部分が小さい気がする。プラス、ドリルが本来に比べかなり上向きに付いてる気もする。
まぁでも、今回は差し替え一切なしで合体を再現してるんだし、満足度は高い。

後ろから見ると大腿の小ささがあまり目立たず、カッコイイ印象が強い。

プロテクトウォール

やはりこのパーツはすごい。マジにCGっぽい。雰囲気出てる。

ヘル・アンド・ヘブン

今までのどのH&Hよりもカッコイイ気がする。ただこいつを側面から見てはいけない。側面から見た場合、ロボットって窮屈なんだなぁ、とつい思ってしまうからだ。

その他いろんなポーズなど。

ブーーンw

そしてジェネシックとの共演。ここに普通のガオもいたらなぁ。

プラス、互いのマシンを交換。
ガイガー+新ガオーマシン

胸がライオンになっただけ、という印象が強い。というか胸周りがちと寂しい。

ガオファー+ジェネシックマシン

こちらも胸がガオファーになっただけだが、イエロー・オレンジ系の色がなくなり、シックな印象を受ける。

↑上記のヤツのヘル・アンド・ヘブン。

やはりジェネシックの方には組み手パーツが付属していないのが痛いが、割とカッコイイ。ガイガー+新マシンでのH&Hもやりたかったが、ギャレオンヘッドが邪魔で腕が届かなかった。

さて、毎度ながら管理人のオリジナル戦闘シーンを。


敵はセイント・ドラゴン。


組み合う両者。


ドラゴンが光弾を放ち、仰け反るガオファイガー!


すかさず反撃のかかと落とし!


そのまま踏み潰し、


ドラゴンの右腕を引きちぎる!


続いてドラゴンの翼に手をかけ、


これも引きちぎる!


それを投げ捨てる!


ドラゴンが起き上がり、反撃の光弾を・・・


放つ前にゼロ距離ブロウクン!


ここでヘル・アンド・ヘブンを穿つ!


コアめがけ突っ込む!


あがくドラゴン、光弾を放ち、ヘッドギアが吹っ飛ぶ!


コアをぶち抜き、ガオファイガー勝利!


ペンペン!?

前回(ジェネシック戦闘時)よりアグレッシブなポーズをとらせました。かかと落としの撮影に苦労しましたぜ。
以上、ガオファイガー特集でした!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。