小説:ちっちゃなお姉ちゃん(第6話)

    

ちっちゃなお姉ちゃん 第6話

  晩御飯も食べ終わり、特にすることもないので、コタツに入り、姉ちゃんと一緒にテレビを見ていた。
  「私、バイトしようかなぁ」
何の前触れもなく突然そう言い出す、ウチの139cm。
  「姉ちゃん、文字通り身の程を知ろうよ」
  「ちっちゃいゆーな!」
  「言ってねえし!」
実際には言ってないが、心の中では思ってたり。なかなかに鋭いっ。
  「ていうか、なんで急にバイトを?」
  「う~ん、まぁ、いい経験にはなるかな、とか」
  「ふーん」
  「何よ?」
  「いや、まぁ・・・その、ねえ?」
  「むぅー、何よー、言いなさいよー」
  とりあえず、言いたいことは多々ある。が、言ったら確実に話がこじれる。でも、言わないと話が進まないのも事実。オレはあえて言うことにした。
  「まぁ、最初は面接からだよね」
  「うん? 当たり前じゃないの」
  「オレが仮に面接官だったら、履歴書持って来た時点で警察に即通報するよ」
  「ちょっ、なっ、生意気な弟め!」
  「うわっ、地味に痛っ!」
姉ちゃんはコタツの中でオレの腕をツネりやがった。姉ちゃんは身長と共に手も小さいので思うようにツネれず、ホントに「チクッ」という程度の痛みだがっ。

  「そもそも、なんのバイトすんの?」
面接からバイト内容へと話を切り替える。ツネられた箇所が少しヒリヒリする。
  「うーん、やっぱコンビニとかかな?」
  「姉ちゃんがレジに立ってたら、お客さん気まずいだろ」
  「どういう意味よ!」
  「いや待て? 逆にその店の人気が上がるかも?」
  「どっちにしろ、どういう意味!?」
  「とりあえずオレが言いたいのは、バイトはやめとけ、ってこと」
ご立腹のようなので、ふと表情を落とし、冷静な意見を述べる。
  「むぅー」
どうやら嵐は去ったようだ。なんとまあ落ち着きの早い姉だこと。
  「言っちゃ悪いけどさ、姉ちゃん、下手したら全く役に立たないんじゃない?」
  「あっ、かなりグサッと来たよ、その発言」
  「えっ、あ、ごめん・・・」
  「わ、やばい。泣いちゃいそうなんだけど」
  「だからごめんって」
冗談かと思ったが、姉ちゃんの顔を見ると、マジで目がウルウルしてる。
  「冷蔵庫からプリン取って来てくれたら許してあげる」
  「なんだよソレ」
なんだよそれ。心の中で再び発言。プリン全く関係ないじゃん。
  「声上げて泣いちゃうぞー?」
  「あー、ハイハイ、分かった分かった、取って来るよ」
  「ありがとねー♪」
  先程とは打って変わってご満悦な姉ちゃんをよそに、オレはコタツから立ち上がり、冷蔵庫へ向かう。少しシャクな気もするが、偶然自分もノドが渇いており、ちょうどいいタイミングだった。
  ・・・・・・ってことにしとけば、オレも少し気が楽かな・・・?

  オレはノドを潤した後、冷蔵庫からプリンを取り出し、再びコタツへ向かう。

  「んふふ~♪」
満足そうにプリンを頬張りながら、テレビを見る姉ちゃん。まるで小動物のようだ。さっきまでの勢いはどこへ行ったのやら。
  「祐樹ぃ、私やっぱりバイトやめとくネ」
  「うん、それがいいよ」
プリンのことで頭が埋め尽くされて、バイトのことはどうでもよくなったのだろう。
  本当の嵐は、今去ったようだ。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。