品質管理

  1. 品質管理
    1. 品質計画
      1. 品質の定義
        品質と区政は、機能性・信頼性・使用性・効率性・保守性・移植性から構成されている。
        品質に関する諸懸念には、QCD・品質の作り込み・当たり前品質・魅力的品質がある。
        品質目標は、定性的目標と定量的目標の両方を設定する
        
      2. レビュー計画
        従来型レビューは、管理者が主催する効果が出にくいレビュー手法である。
        ウォークスルーは、開発者自ら自主的に行うレビューである。
        インスペクションは、ウォークスルーを改良したものであり、モデレータが開催するレビュー手法である。
        
      3. テスト計画
        主なテストは、単体テスト・結合テスト・システムテスト・運用テストである。
        開発フェーズとテストフェーズは、相互に関連している。
        主なテスト手法は、ホワイトボックステスト・ブラックボックステスト、レグレッションテストである。
        
    2. 品質管理
      1. 品質実績データの把握
        品質管理は、品質実績データを把握することから始まる。
        品質実績データは、レビュー項目管理図(テスト項目管理図)に表現する。
        定量的品質目標に対応する品質データを収集する。
        
      2. 品質評価
        品質評価の基本は、圭角と実績の差異を分析することである。
        レビュー(テスト)項目管理図を描いて、進捗状況・品質傾向を確認する。
        必要に応じて、QC7つの道具を利用し、品質不良原因や不良箇所を特定する。
        
      3. 品質改善
        品質改善は、品質評価に基づき、不良箇所の問題点を解決することである。