五代目リプレイ2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――二日目、朝――



 昨日の今日だが、学校には変わらず通う。
 士郎が決めたルールの一つがそれだった。
 聖杯戦争に参加するにあたっても、日常生活を犠牲にしないこと。

 彼らしいと言えば、彼らしい。


「おはよう、五鈴」
「ええ、おはよう。ごはん、何?」

 寝巻から制服に着替えて居間に降りれば、当たり前のように朝食が用意されていた。
 士郎曰く数少ない趣味らしいので、特に手を出す事はしない。
 出来るのはせいぜい、皿や箸を並べるくらいだ。

 しばらくして、玄関の方で戸を引く音がした。
 出迎えようと椅子を引けば、それよりも早く駆け足が近づいてくる。

「おはようございます、先輩、五鈴さん。すみません、準備手伝えなくて…」

 藤色の髪の少女が、ふわりとした笑顔で居間に入ってきた。
 走ってきたのだろうか、少しだけ髪が乱れている。
 そういえば、今日は部活の関係で朝は余裕がない、と嘆いていたっけ。

「…桜」
 何の気なしに台所に向かう彼女を呼びとめる。
「料理は、士郎の数少ない趣味だから、やらせてあげて」

 『数少ない』を強調していうと、台所から不平の声が飛んできた。
 くすり、と朗らかに笑って、桜が返す。

「私の趣味でも、あるんですよ」
「…そうね、忘れてたわ」

 二人並んで台所に立つ、これ以上に無い我が家の日常を、私は居間でのんびりと眺めていた。

 夜になれば、殺し合いが始まる。
 今のうちに、日常を噛みしめておかなければ。



――二日目、学校――



 少しばかり早く来すぎたせいか、することがない。
 時計をじっと眺めて、クラスメイトの実のない会話に耳をそばだてていた所で、

 印象的な赤いコートの少女が、気だるそうに教室に入ってきた。

「おはよう、遠坂さん」
 クラスメイトの誰かが掛けた声に、凛は優雅に返す。
 そのままツカツカと、一限目の予習を初めていた私の机の前に立つ。

「衛宮さん、おはようございます」
「…ええ、おはよう」

 軽く挨拶を返すと、満足したのか、そのまま彼女は自分の席へと向かう。

 遠坂家は冬木の管理者。
 対してこちらは、モグリの魔術師。
 父が何を意図してこの街に居を構えたのかは知らないが、その関係がある以上、私は彼女の前で大きな顔は出来ない。

 少ししてチャイムが鳴り、ホームルームが始まった。



――二日目、昼――



 特に退屈な授業だったわけでもないが、あっという間に昼休みに突入する。
 私は弁当箱を引っ提げて、隣のクラスに顔を覗かせた。

「…お、衛宮妹」
 掛けられた声に、曖昧に反応を反す。
 士郎との関係は、姉弟でもあり、兄妹でもあり、複雑なのだ。
 加えて言えば、『衛宮士郎の妹』という称号ばかり先走って、五鈴という名前を覚えてもらえないのは、ちょっと切ない。


「五鈴? どうしたんだ」
「…お昼。弓道場でどうかな、と思って」

 士郎の反応を待たず、彼の腕を取る。
 そのまま、強引に教室から連れ出した。
 後ろから冷やかす声が掛かったが、聞こえないフリ。

「お、おい…何なんだよ」

 腕を振りほどき、顔を真っ赤にした士郎から抗議の声があがる。

「…こうでもして教室から連れ出さないと、お弁当をたかられるんでしょう」
「それにしたって、強引過ぎやしないか…後でからかわれるの、俺なんだけど」

 ぶつぶつ不平を洩らされたが、それは私の知るところではない。

 もう一度腕に組みつこうとしたが、逆らわないから止めてくれ、と嘆願されたので諦める。
 向かうは弓道場。この時間なら、誰かしらはいるはずだ。


「先輩、五鈴さん…どうしたんですか?」
「お昼、同席しても構わない?」
「あ、はい、喜んで。えっと、お茶淹れますね」

 弓道場の門を開けば、居たのは桜一人。
 桜が言うには、先程まで居た虎は、職員室に連行されてしまったらしい。

「いいよ、桜。こっちが押し掛けたんだし、お茶は俺が淹れるから」
「ここは弓道場で、先輩たちはお客様です。もてなす意味でも、私が淹れますから」

 目の端に映るお人好し合戦に吹き出せば、士郎が私の方に向き直った。

 一瞬の隙を突いて、桜が急須を奪い取る。
 逞しくなったものだ。


「それにしてもどうしたんだよ、珍しいな」
「私が士郎をご飯に誘ったことが?」
「いや、それは割と頻繁だろ。そうじゃなくて、学園でこの三人であつまるのがさ」
「…それは」

 私は、ちら、と桜を一瞥した。

「士郎に…聞きたいことが、あったから」
「…桜がいないと駄目だったのか?」

 私の仕草で察したのだろう。
 桜本人も、その言葉で姿勢を正した。

 この三人で、はっきりさせなければいけないこと。
 聖杯戦争という、下手をしたら命を失う戦に向かう前に。
 けれども家では気まずくて聞けないこと。

 不思議そうに首を傾げる士郎に、口端を上げて、私は切り出した。


「桜の事、どう思っているんですか?」


 ゴト、と重い音を立てて、桜の手から湯呑が滑り落ちた。

「す、すみませ…」
 どもりながら顔を真っ赤にして、桜が雑巾を取りに走る。
 一方で士郎は、驚いたような瞳でこちらを見返していた。

 桜の士郎への好意は傍から見てもあからさまで、気付いていないのは本人たちだけ、と言ったほど。
 かけがえのない兄弟と可愛い妹分のため、ここらで私が一肌脱ごう、と、意気込んだのだが、

「あー…いや、俺には勿体ないぐらい出来の良い妹分だよな、うん」

 ハハハ、と、空笑い。
 それだけか、と視線で問うても、士郎自身が視線を反らしてしまう。

「もう、先輩ったら…」
 それだけでも十分だったのか、桜も頬を染めて、満更でも無い様子。
 どうやら二人には、まだ早かったのかもしれない。

 溜息を吐けば、桜がお茶のお代わりを注いでくれた。



――二日目、放課後――



 日常を犠牲にしない、その宣言通り。
 士郎は、学校終わりに買い物に行くと言いだした。

「…私もついていきます」
「いいけど、特に面白いもんじゃないぞ?」

 一瞬、頭を抱えそうになる。
 彼の頭には、本当に日常生活のことしかないのか。

「今は聖杯戦争中でしょう、士郎」
 出来るだけ声を潜め、注意する。
 どうも彼には危機感が足りていないようだ。

「魔術師であるあなたが、迂闊に外を出歩いて良いと思っているの? 軽率すぎるわ」
「いや、だけどさ…晩飯のネタが」
「二人揃って行動をしないと危険だということを、理解しなさい」

 二人なら、敵も的を絞りにくい。
 それに、いざとなればライダーもいる。
 彼女に時間を稼いでもらえば、容易に逃げることは出来るだろう。

「…二人で普通に買い物をする分には、問題無いんだろ」
「ええ」
「よし、わかった。じゃあ、買い物に付き合う代わり、今夜のメインディッシュは五鈴が決めてくれ」

 胸の奥から溢れ出るため息を、堪えることは出来なかった。




「こんなところかな」

 両手の買い物袋には、数日は出歩かなくてもいいように、山ほどの食材が詰め込まれている。
 彼なりに、聖杯戦争を考えての買い物だったのだろう。
 片方持つと言っているのに、彼は頑なに、男だから俺が持つんだ、と言って効かない。

 こういう頑固なところは、誰に似たんだろう。

「お茶請け、好きなの買っていいぞ」
 ぽい、と、胸元に財布を投げられる。
 任されたところで、困ってしまう。これと言った好みもないのに。

 ふわ、と香ばしい匂いに気付き、顔を上げる。
 江戸前屋の大判焼き。
 以前、桜が太鼓判を押していたのを思い出す。そういえば士郎も、ここの粒あんが好きだったっけ。

「いらっしゃい、何にしましょうか」
「粒あん、五つ」

 士郎の好きなものは、ならば私の好きなものだ。
 名前にちなんで、五個ほど頼んでみる。
 処理しきれなければ、桜や虎を呼べばいい。

「はい、お待ちどうさま」

 ほどもなく、紙袋を手渡された。

 好みは無い、とは言ったものの、腕の中でほかほかと湯気立つ生地の香ばしさ。
 見ていると、無性に食べたくなってきた。
 袋に腕を突っ込んで、かぶりつこうとすると、士郎が笑う。

「あんまり食べると夕飯入らなくなるぞ」

 ごもっともだ。

「じゃ、はんぶんこ、ですね」
「え?」

 笑いを止めた士郎の口元に、半分に割った大判焼きを突き付ける。
 彼は両手が塞がっているので、食べるなら私の手ずから、ということになるのだ。

「…あーん」
 茶化して言ってみれば、頬を染める。
 彼とは数年来だが、こういうところは未だに可愛らしく思える。

「いや、歩きながらは…」
 拒もうとする士郎に、全力の笑みで以て返す。
「あーん」
「…、いえ、頂きます」


 観念した士郎の口の中に、大判焼きを押し込んだ、その時だった。


「サーヴァントです」
 頭の中に、ライダーの凛とした声が響く。

「――…!!」

 条件反射で身構えた。
 蕩け切った頭に喝を入れる。
 大判焼きを咥えたままの士郎も、察してか神経を尖らせる。

 一瞬でも気を抜いていた自分を責めた。

 日常生活を犠牲にしないとは言ったが、それは日常に溺れるという意味じゃない。
 ここはまだ家の外、言うなれば交戦区だというのに。

「教えてくれてありがとう、ライダー」
「いえ。五軒向こうの店…マスターは金髪の女性のようですね」

 ライダーの言葉に従い、見やる。


「これを売ってほしいとお願いしていますのに、何故出来ないんです!」


 大仰に構えたことを、激しく後悔した。

 金髪のロールに高級そうな青のドレスは、商店街のど真ん中で、その女性は明らかに浮いていた。
 年は自分たちと同じほどだろうか。
 忍ぶ気もないその立居振舞い、正規の魔術師だとは思いたくない。

「あいつ…ポンド札で買い物しようとしてんのか」

 金髪ロールは、その手に札束を握り締めていた。
 随分な富豪だが、日本の田舎まで来てそれは、阿呆丸出しだ。

「融通が利きませんわね、これだから日本は!」


 とはいえ、マスターであることに変わりはない。
 となれば近くに、サーヴァントも潜んでいることだろう。
 向こうは気づいた様子は無いが、警戒は必要だ。

 気付かれないうちに去るべきか、と、隣の士郎を見やって、

 隣にいたはずの士郎は、金髪ロールに話しかけていた。


「…なあ、此処は俺が建て替えようか?」
「あら、日本にも親切な方は居るのですね」


 開いた口が塞がらない。

 敵マスターだ、というライダーの忠告は、士郎にも伝わっていたんじゃないのか。
 霊体化中のライダーも、言葉に詰まっている。
 あのクールビューティーですら反応に困るんだから、余程のことだ。

 いや、或いは、敵マスターでも、ということか。

 誰かが犠牲になるのを止めたい、それが士郎の参加理由だ。
 それはつまり、誰かを犠牲にする悪人以外は、彼の敵にはなりえないということ。
 例え相手が争うべきマスターだとしても、困っているなら手を差し伸べる。
 実に士郎らしい思考だった。


「助かりましたわ、シェロ。何かお返し出来るものがあれば…」
「気にすんなって、立て替えただけだし」

 士郎らしい思考、だが。
 私をほったらかして、打ち解けすぎじゃないだろうか。
 困っている人を助ける正義の味方、結構なことだ。

 しかし、鼻の下を伸ばした正義の味方なんて、私は知らない。

 どうせいつも見慣れた貧相な私よりも、外国育ちの豊かな美女の方がいいんだろう。


「…あの、マスター」
「何?」
「よろしいのですか、彼らは」

 帰ろうとする私に、さすがに気遣ってか、ライダーが提言する。

「大丈夫でしょう。少なくともあの金髪ロールに悪意は感じないし」

 むしろ、マスターである私が軽々しく近づく方が危険だ。
 聖杯戦争に参加したと言っても、サーヴァントを呼んでいない士郎はあくまで一般人。
 それを傷つけるような相手でも無いだろう。

 それに、まだ日は沈んでいない。
 魔術の心得があるものなら、こんな時間から戦争を始めようとはしない。
 私としたことが、失念していた。
 士郎を守ろうと着いてきたのに、どうやら要らぬ世話だったようだ。


 逃げ出すようにその場を去って、制服のまま自分の部屋のベッドに潜り込んだ。



――二日目、夜――



 士郎が帰宅した、その物音で目覚めたのは、三時間後。
 日はとっくに暮れている。
 随分と楽しんできたようだ。

「悪い悪い、すぐ晩飯作るからさ」
「…大判焼き食べたから、いらない」

 士郎のために残してなんかやるものか、と、五個ともやけ食いだった。
 正直、ちょっと胸やけがする。

 唇をわざとらしく尖らせると、士郎が頬を掻いた。

「…ずいぶん遅いお帰りで」
「いや、ルヴィアがお礼だって…色々あってさ」
「ルヴィア?」
「ルヴィアゼリッタ、っていうんだ、彼女」
「…へえ。あだ名で呼ぶ仲になったんですね」

 今度、桜あたりにでもチクっておこうか。金髪美女に見惚れていました、と。

 士郎は困ったように目をうろつかせ、とにかく荷物置いてくる、と自分の部屋へ向かった。


 私は後を追い、そのまま一緒に彼の部屋に入る。
 殺風景な部屋だ。趣味娯楽と呼べるものが、何一つない。

「どうした?」
「…話しませんか、少しだけ」
「ああ、いいぞ」

 けれど夕飯の支度もあるから、少しだけな。
 付け加えて、士郎は私に座るように促した。


 聖杯戦争、二日目、夜。
 勝ち残るために、情報は一つでも多く必要だ。

 手始めに、ルヴィアとかいう外人。
 彼女のマスター像を、士郎から聞きだしたかった。

「あの後、何をしていたんですか?」
「あの後って…五鈴が拗ねて帰ってからか?」
「……そうです」

 かなり物申したかったが、本題から反れてしまいそうなので、止めておく。

「いや、お礼だって商店街を回ってたんだけどさ…ルヴィアが持ってるのはポンドだけで、俺が払ったよ」
 なんでさ、と、溜息と共に肩を落とす。
「ただ、両替して返してくれるってさ」

 意外と律義な性格だ。
 自分のことしか考えていない魔術師連中にしては、珍しい。

 魔術に関わりの薄い、半ば巻き込まれた一般人に近いマスターなのだろうか。
 それともあの富豪っぷりだ、単に箱入りなだけだろうか。
 いや、先に私に気付いて、演技でこちらを泳がせているだけかもしれない。

 いずれにせよ、一考の価値はあるだろう。
 この話題は、ここまで。

 本題は、次だ。


「……士郎」

 シャツの袖を捲り、私は令呪を見せた。
 これがなんなのか、という知識は、昨晩のうちに教えてある。

「あなたには、ある?」
「…令呪、か」

 無ければいい、と思った。
 同時に、ありますように、とも願う。

 これ以上、聖杯戦争に巻き込まれてほしくなかった。
 それは確実に、彼の心を抉る。
 けれども士郎は、もうこの冬木で聖杯戦争が起きていることを知ってしまった。
 彼が彼として在るなら、誰かを犠牲にするこの戦争に、手を出さずにはいられないだろう。

 そうなった時に、彼を守れる存在が欲しい。
 悔しくも、私一人では守れない。


「これのことか」

 士郎は手をかざした。
 血でも皮膚でも無い、赤い傷跡が、しっかりと刻まれていた。

「そうか…これが、令呪なんだな」

 頷いて返す。

「士郎…サーヴァントを呼ぶかどうかは、貴方の判断に任せます」

 よかった、と思う。
 そして、酷い脱力感と眩暈を感じた。

 矛盾する二つの感情が、私の中で悲鳴をあげている。
 立ちあがり、戸を開く。

「晩飯、食うだろ」
「…ええ」
「出来たら呼ぶから」

 いつもよりも少しだけ重い互いの声とともに、聖杯戦争の二日目が幕を閉じた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。