プロローグ(セイバー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

22 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 00:34:49.09 ID:41H5vGlgo
聖杯戦争解体事件


十にも満たない
そんな小規模の組織に、魔術協会が敗北した

そんな事件を貴方は知っているだろうか?

きっと、その事件が永遠に続く聖杯戦争の原因なのだろう

23 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 00:38:33.90 ID:41H5vGlgo
視点を選択して下さい


1.赤い外套を見に纏った白髪の男
2.ロングヘアーの赤い魔術師
3.葉巻を咥えた長髪の外人
4.金髪蒼眼の女性騎士


下4

27 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b) [sage]:2011/12/13(火) 00:39:14.23 ID:gyxjWKMdo
4

31 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 00:42:28.22 ID:41H5vGlgo
この十年、貴女は幸せな時を充分に過ごした
充分過ぎるほどに

終わりが近づこうとも、恐れることはない


【セイバー編、開始】

35 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 00:47:24.96 ID:41H5vGlgo
始まりは、何だっただろうか?

■ロウとリ■に釣れられ、時計台へ向かったのは2年ほど前
我がマスターの後見人に呼び出された時だっただろうか?

それとも、あの夜からこの別れは決められていたのだろうか



大聖杯の解体
サーヴァントとしてのこの世に生きる貴女に意味するのは……

38 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 00:53:33.01 ID:41H5vGlgo
冬木、円蔵山
そこに広がる大空洞が最後の戦場であった

■ン「…やっと、たどり着いたわね」

貴女のマスターである女性は大きな溜息を付いた
それもそうだろう、此処に辿り着くまでの障害は大きかった

1つの対象のため封印指定の執行者が同時に数人も動くなど、異常
こちらに『彼女』が居なければどうなっていたか

シロ■「バ■ット達が時間を稼いでくれているんだ、早く行こう」

そこに居る4人は、大きく頷いた

大聖杯さえ、解体してしまえばこちらの勝利だった

41 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 01:02:13.07 ID:41H5vGlgo
先陣を切るのは貴女

それに続く、リ■と■■ド・エル■■■■世
殿は■ロウ

真っ直ぐ大空洞を進んでいく
警戒を怠らない
聖杯は既に、聖杯戦争を開始できる程の魔力を蓄えているのだから


セ■バー「止まって、前に何か居ます」

■■■「……遠い日の理想よ、今こそ貴様を」

いつの間にか、そこには貴女しか居ない
目の前には自分の鏡写しのような、ソレ


セイ■ー「……まさか、とは思いましたが」

―――最後の敵が、自分とは


貴女は

1.攻撃 +?
2.防御 +?
3.逃走 -?

安価先にてコンマ判定
下4

45 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b) [sage]:2011/12/13(火) 01:03:46.4 7 ID:VbLKN2dJ0
1

50 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 01:07:00.29 ID:41H5vGlgo
行動『攻撃』 補正+0

45の判定にて
成功判定『7』

その場にはもう貴女と敵しか居ない
きっと聖杯か、敵の罠
きっと、シロ■も■ンもあの男も、戦っているのだろう

自分が『最も戦いたくない相手』と

そう言えば、彼女が冬木の街に入った時こんな事を言っていた

――何が起きても、おかしくない雰囲気ね

それがこれだとは…

53 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 01:10:31.51 ID:41H5vGlgo
貴女は風の鞘を何年ぶりか解除する

突風が、貴女と敵の髪を揺らした

■■バー「――貴女はこの手で倒す」

オ■タ「――貴様はこの手で潰す」

黒と金がぶつかり合う
何度も、何度も

この空間自体が揺れ動くような魔力のぶつかり合い
若干押しているのは、こちらか

確かに魔力量はあちらが上
だが細かな剣技はこちらの分があるらしい


貴女は

1.攻撃 +?
2.防御 +?
3.逃走 -?

安価先にてコンマ判定
下4

57 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b) [sage]:2011/12/13(火) 01:11:06.9 2 ID:91y9mIv6o
1

64 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 01:17:05.70 ID:41H5vGlgo
行動『攻撃』 補正+1

57の判定にて
成功判定『3』


■ルタ「貴様は何故戦う」

オル■「聖杯さえ、手に入れればあのオムランの丘へ戻れるッ!」

その言葉に、貴女の剣は一瞬迷った
その隙を見逃してくれる相手ではない

大振りな振り下ろし、単純なソレだが貴方の剣はそれを防ぐので精一杯だった

セ■バー「既に、この身にそんな願いはない」

オル■「ならば、何故私が生まれた」

オ■タ「この身こそ、貴様の後悔だろう」



貴女は

1.攻撃 +?
2.防御 +?
3.逃走 -?

安価先にてコンマ判定
下4

68 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b) [sage]:2011/12/13(火) 01:17:30.7 3 ID:HJjl6ABHo

77 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 01:23:59.96 ID:41H5vGlgo
行動『攻撃』 補正+0

68の判定にて
成功判定『3』


■ルタ「――せめて、優しい夢のまま眠れ」

鏡写しような敵
黒い貴女は、大きく剣を振り上げた
黒い光がそれに集う、わかっている

自分だからこそ、わかる
それはきっと、必殺の一撃


オル■「約束された(エクスカリバー)」

オ■タ「――――勝利の剣(モルガン)ッ!」


黒い波が、貴女へと迫る

そんな時、■ンの言葉が脳裏によぎった

――何が起きても、おかしくない雰囲気ね

そうだ、何が起きてもおかしくはないのは敵だけではない
考えろ、アレを防ぐ最強の自分を


1.貴女の手の中には鞘が
2.貴女の傍らには彼が
3.ソレをイメージできない…


安価
下4

81 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b) [sage]:2011/12/13(火) 01:24:45.03 ID:gyxjWKMdo
1

88 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 01:35:32.32 ID:41H5vGlgo
貴女の手の中には鞘が

それは考えうる、最高の手だった
その鞘は所有者の危機を察知、結界を作り上げる

セイバー「――全ては遠き理想郷(アヴァロン)ッ!」

それは、黒の波を耐え切る
ソレは防御と言うより、遮断

セイバー「たしかに、私の築こうとしたものは理想郷には程遠かった」

セイバー「万人を救う、など届きもしなかった」

セイバー「それでも、それは胸を張っていいと、誇っていいと彼は教えてくれた」

貴女の構える剣は更に強い黄金の光を纏う
アレを放った後、直ぐには立てなおすことは出来ない

セイバー「あの丘から、私は一歩前に進めた」

セイバー「その一歩が、埋められぬ差が、貴女の敗因だ――過去の私よ」


その身に宿る魔力を全てかける
初めから、この戦いの後に生き残れるとは思ってはない
現界する魔力はリ■のモノだが
システムは大聖杯のものなのだから

故に、この敵を連れ、貴女は消える


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて宝具成功判定 補正+5

89 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b) [sage]:2011/12/13(火) 01:35:36.6 4 ID:yxGr5Yn20

98 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/12/13(火) 01:44:09.53 ID:41H5vGlgo
89の判定補正+5にて
成功判定『8』

セイバー「約束された(エクス)」

セイバー「―――勝利の剣(カリバー)ッ!」


光を纏う黄金の剣を渾身の力を篭め、振り下ろす
黄金の波が、鏡写しの黒を飲み込んだ

オル■「……そうか、―――」

小さなつぶやきが聞こえた




消えかかる貴女
魔力不足と自身の身を根底から否定されているような、感覚

ああ、大聖杯が消えたのか

貴女は鞘を抱きしめ、眠るように横になる


セイバー「……これでいい、私の願いは聖杯などなくとも叶ったのです」

セイバー「シロウ、リン……さよなら」


――貴方達の行き先に、光と希望があらんことを


【セイバー編、終了】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。