初代リプレイ6-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 * * *

「クソッ、俺のせいだ……!」

 衛宮家にたどり着いた時、俺たちを待っていたのは荒された家と置き手紙。

 『人質は預っている』

 桜がいない。十中八九、攫われた。
 ランサーがいない隙を突かれたのだ。

「今すぐ助けに行こう」
「……そうね、見殺しには出来ない」

 こんな戦い方をするヤツは、情報皆無のライダーを除けばアサシンのマスターしかいない。
 街中で銃器を使用するような男だ。昼間から、拠点に忍び込む程度やってのける。

(相手は複数のアサシン、こっちはサーヴァントを失ったマスターと、魔術師見習いが一人ずつ)

 俺とランサーで守りきれる保証はない。

「駄目だ、行くな」
「……桜を見殺しにしろっていうのかよ!」
「冷静に考えろ、桜がまだ生きている保証はない」

 俺には、お前らの命を守る義務がある。

「だとすればの、今生きている俺たちの命を優先するべきだ」
「アンタが言ってる事は正しいわ、でもそんな奴だとは思ってなかった」

 遠坂の視線に失望が映る。
 士郎の目には燃え上がるような、怒り。
 分かっている。こういうヤツらだから、俺はずっと共にいたんだ。
 死なせたくなかったから、戦いたくなかったから、守りたかったから。
 だが、

(俺たちの代わりに、コイツらを守ってくれるアーチャーはもういない)

 ならば俺が約束を果たす。アイツが命に代えて託したコイツらを、危険になど晒せない。

「分からないか? むざむざ殺されに行くような真似はするなって言ってるんだ。そんな真似は、アーチャーだって許さないはずだ」
「……ッ、アンタが、それを……!」

 だから敢えてその名を告げる。
 案の定、遠坂の目に壮絶な殺意が灯った。
 構わない、どれだけ恨まれようと、それでコイツらが生き延びるなら。

「なんとでも言えばいい。いいな? 絶対に行くなよ」

 念を押して、俺は士郎の家を後にした。
 俺には、やることがある。

 * * *

 夜の街を歩いている。気付くと、新都へ続く橋の袂まで来ていた。
 ふと、拠点へ戻ろうか、思う。
 このまま敵の誘いに乗るのは、無策のまま死地へと飛び込むことと同義。それは、何処までも俺の流儀にはそぐわない。
 だが、途端アーチャーの言葉が、俺を責める。

――凛を頼む、あと……あの馬鹿も。

 血が滲むほど、拳を握り締める。
 今命を惜しんだところで、アサシンが生存している限り、いずれ凛も士郎も……そして俺も、同じ目に遭うに決まっている。
 時計を見た。もうすぐ0時だ。準備に戻るどころか、此処で迷っている時間すらない。行くのならば、死を覚悟した道となるだろう。
 魔術師としての俺は、相変わらず行くなと告げている。それでも、

「ランサー、俺たちは此処までかもしれん」
「構わぬ! 我は最後まで、我が妻と共に道を行かん!」
「……フ、そうか。そうだな」

 それも悪くない。だが、必ず約束は果たそう。桜を解放し、アイツらにせめて日常を返す。
 ソレが勝利を捨てて俺たちを救ってくれた凛と、アーチャーへの罪滅ぼしだ。

「――往くぞランサー。今宵、アサシンを討つ」

 意を決して、俺は橋に向かって駆け出した。

 * * *


 だが新都着いたとき、予想に反して――否、或いは予想通りに――そこに居たのは士郎と凛だった。

「……何で此処に? 来ないんじゃなかったのか?」

 耳に届いたのはそんな一言。
 脳裏の奥から、ブチリと何かが千切れる音が聞こえた。

「――それはこっちの台詞だ!!」

 士郎の状況を理解していない台詞に、一気に感情が爆発する。
 怒りで此処まで前後不覚になるのも初めてだ。
 人の決意を無駄にしやがってこの馬鹿野郎共。

「相手はアサシンだ、マスターの天敵だ。サーヴァントすらいない魔術師が行って何になる? 人質前にして今のお前らに何が出来る? 言ってみろ呆け共!」

 息が上がるまで捲くし立てる。荒い息を吐いて黙るも、まだ言い足りぬと睨み付けた。

「こうなったら、今此処で俺がお前らを――」
「ねえ、アンタさ」

 気絶させてでも追い返す、と告げようとした時。
 それまで黙っていた凛が静かな瞳で俺を見た。

「アンタ、一人で来るつもりだったの?」

 言葉と同時に、その目から一筋だけ零れた涙が、俺の怒りに冷水をぶちまける。
 ズルイ。女はズルイ。どれだけこちらが正しくとも、そんなまやかし一つで世界そのものを味方に付けやがる。

「……ああ、もう。馬鹿、ほんと馬鹿。なんで私の周りの男って、どいつもこいつもカッコつけたがるんだろう」

 ごめん、泣くつもりなかったんだけど、と言いながら彼女は涙を拭った。

「でも私だって退けない、アンタに全部任せて家で祈ってるなんて、そんなのプライドが許さないわ」
「桜を大切に思ってるのはお前だけじゃない。俺にだって大切な妹分なんだ、どんなことをしても取り戻す」
「――――ハァ、クソ。マジで人の気もしらねぇで好き勝手に言いたい放題言いやがる」

 ため息を吐く。済まないアーチャー、俺の言葉じゃコイツらは止められない。

「分かった、俺は知らない。自分の身は自分で守れ、それでもって勝手に死ね」
「そのつもりよ」
「そのつもりだ」

 最後に綺麗に唱和した阿呆共を連れて、俺はアサシンの待ち受ける公園へと向かう。
 いいさ、別にいい。構わない。こうなれば、俺とランサーで全員守りきれば良いだけの話。

(おい、ランサー。簡単に死ねなくなったぞ)
(望むところだ我が妻よ、異教徒の悉く串刺しにしてくれようぞ!)

 パスだけの会話。先程までの悲壮感は俺たちにはない。
 生きて帰る。誰一人掛ける事無く。そしてアサシンの脅威を消滅させる。
 それだけじゃない。キャスターも、そしてまだ見ぬライダーも。

「倒すぞ」
「勿論よ」
「おう!」

 聖杯を。アーチャーが託してくれた勝利を、俺たちはもう諦めない。

 * * *


 そうして、三人で公園にたどり着く。

「……来たか」

 公園に立っていたのは、やはりあのロングコートの男だった。

「……爺、さん?」

 唐突に士郎が呟いた。
 様子がおかしい、まるで化け物か幽霊にでもあったような顔で、目前の敵マスターを凝視している。
 確か士郎のいう爺さんとは、魔術の師であり父親代わりの人物だったと記憶しているが。

(何故だ? 士郎の話で五年前に死んでいるはずだが)

 俺の混乱を他所に、男は氷のように冷め切った表情で淡々と告げた。

「全員手を頭の後ろで組み、サーヴァントの霊化を解け」
「今は言う通りに」

 男の冷たい声がその場に響く。
 俺は抵抗を見せず、二人に小さく告げてランサーの霊化を解いた。

「アーチャーの霊化も……なるほど、遠坂の娘はサーヴァントを失っていたか」

 横に控えたアサシンの一人が切嗣に耳打ちしたかと思えば、小さく頷いた。
 コイツら、あの森の状況も把握しているのか。

(これは、ランサーの正体も知られているな)

 状況はまずい方へ転がっている。
 只へさえ桜を人質に取られている状況、何処かで打開しなくては何も出来ず皆殺しにされる。

「……士郎、僕は君を歪ませてしまった、すまない」

 だが、男は俺が恐れていた即断の暗殺を選ばなかった。
 互いの因縁が、ただ敵として排除することを許さないのか。

(現状、鍵は士郎か)

 ならばこれはチャンスだ。アサシンの最も怖い点は、認知外からの奇襲。
 だがこうして相対していれば、それだけでスキルの効果は薄れる。
 勿論隠れてこちらを伺っている者もいるだろう。
 だがそれも、攻撃に転じた時点で気配遮断の効果は失われるはずだ。

「らしくない、なんて言われそうだが」

 ―――僕がこの手で殺す。確かな声で、士郎の養父はそう告げた。

 銃を構えたまま、男は抑揚のない声で語る。

「僕が信じさせてしまった。正義の味方なんて、歪んだ存在を」

(……何の話だ?)

 何故そんなフィクションの単語がここで出るのだろう。
 信じさせた? ……つまり、士郎は正義の味方を信じていた? 

「……何言ってんだよ、爺さん、俺を殺す?」
「ああ、そうだ。これは僕がやり遂げなければいけない」
(そうか)

 何となく構図が見えてくる。士郎の一種異様な献身性の大本。
 役に立つかも分からないのに、自殺行為にすら成り得る訓練を淡々と続けられる理由。
 彼の誰かの為になりたいという願いは……否、それはもはや願いではなく。

「僕は、士郎に呪いをかけてしまった」

 そう、呪いだ。
 己を省みないのも、サーヴァントに簡単に向かってしまう無謀も、間違った訓練も何もかも、まともな意識では選べない。
 それはきっと、『そのように選ぶよう』作られた精神。誰が計らずとも、偶然そうなってしまっただけだとしても。
 彼にとっては、息子の人生を歪めた大いなる過ちに変わりない。

「……士郎、正義の味方なんて居ないんだよ」

 そう言ってコートの男は士郎に銃を向けた。
 意識が、そちらへと。

(――開いた!)

 男の後悔が、それまで完璧だった警戒に穴を空けた。
 俺は魔力を全身に流し、無理やり身体を強化。一気に男へと向かって走り出す。
 銃を士郎に向ける動作。その一瞬だけ、意識がコチラを離れたのだ。
 今、その空白を以って、この戦況を覆す。ソレを可能にする、奇跡の絶対命令権を、今――!

「令呪をもって命じる!」
「ッ、アサシン!」

 俺は一瞬で拳銃が不都合になる至近距離まで到着していた。
 失策を悟った男は、迎撃せずに俺のタックルを回避しサーヴァントに命じる。

「大丈夫だ」

 士郎に、凛に、桜に……何より俺に暗殺者が殺到する。
 だが、俺は仲間を信じる。俺の力量を信じる。そして何より、我が英雄の力を信じる。
 故に、告げるのはこれで良い!

「桜を救え! ランサー!」

 令呪が輝くと同時にランサーが消えた。
 次に沸くのは悲鳴、桜を拘束していたアサシンの首が、手の中の人質を殺す前にボトリと落ちた。

「畏れ惑えよ異教徒共! 我が正義の槍は、貴様らの悉くを貫くぞ!」

 桜を片手に確保し、得物を構えたランサーが威圧する。それだけで、周囲を取り囲んでいたアサシンたちがたじろいだ。
 役者が違う。怯んだ暗殺者の中、最も弱い穴を見つけ出し、突き破るランサー。
 そうして包囲を抜け彼は頷いた。桜は、無事だ。

「シィ!」

 だが、ランサーの加護を失った俺に、アサシンが迫る。
 その数都合五体、無理な身体強化の代償で、俺はその場から動けない。

(死ぬ? この俺が?)

 こんな危機も一人で脱せない主に、ランサーはその槍を預けたのか?
 この程度で簡単に死ねるヤツに、アーチャーは己が主を託したのか?

(ハ、んなわけねぇだろ)

 心の底から嘲笑する。この一山幾らの黒子共に憐憫する。 

「……圧層結界、励起」

 呟いた瞬間、魔力を一気に放出した。
 イメージは檻。但し、捕らえるのは内側ではなく外側。世界を裏返し、越境を禁じる水鏡。 

 ――本当に俺が何の策もなく、サーヴァント相手に突っ込んだとでも思ったか。

「ぐ、ぎ」
「ぬ、こんな結界、直ぐにッ」

 体が動かなくても回路は動く。
 何の警戒も見せず、俺の殺界に踏み入った阿呆共を睨み、呟いた。

「我が境に踏み入る者、汝に纏わる自由を禁ず」

 力尽くで破ろうとした狼藉者どもを、言葉にて締め上げる。

「我が境に踏み入る者、汝が持ち得る権利を禁ず」

 ゴギリ、と骨の砕ける音が響く。悲鳴が上がった。

「我が境に踏み入る者、汝を助ける摂理を禁ず」

 一匹のアサシンが、圧力に耐え切れず溺死した。

「が、あ」
「ば、かな」

 その短剣で俺をズタズタにしようとした暗殺者どもは、全て中空で囚われている。
 ありったけの魔力を消費して形成した結界だ。それは糸にして沼、触れるものを絡め取る水流の鎖……蛟の巣。
 だがこのままでは終わらない。アサシンどもが今度こそ結界を破壊する前に、告げた。

「剥離結界、放出」

 シングルアクションの連用による魔術運用。固定化した結界に、新たな命令をぶつけることで状態を変更する。
 聖杯戦争の為、対サーヴァント用に練り上げたとっておきだ。

(対魔力、持ってれば良かったな?)

 水の神に囚われた餌共を見、断罪の勅命を突きつけた。

「我が境に踏み入る者、汝が息吹の悉く残す事を禁ず――散れ」

 言葉と同時に、結界の魔力が烈風の塊へと変換する。
 瞬間――神風が吹き荒れた。

 ゼロ距離で発生する膨大なカマイタチの群れ。全てのアサシンは吹き飛び、切り裂かれ、千切れ、砕ける。
 数秒の嵐が消えた時には、全てが塵に還っていた。

「ッ、ハァ……英霊が、形無しだな」

 一度使っただけで、寿命がごっそり削れそう。気絶し兼ねない疲労に見舞われる荒業だ。
 そう何度も切れる札ではない。だが威力は折り紙つき、止めを狙っていた第二陣の足が完全に止まっていた。

(ぐ、痛ッ)

 令呪使用後に更に強力な魔術行使、神経が断裂するような痛みを覚える。
 構わない、痛みこそが生の実感になる限り、俺は幾らでも受け止める。

「行くわよ、とっておき!」

 凛もまた速かった。俺が令呪を使った瞬間には、既に宝石の魔力を放出させていたのだろう。
 襲い掛かるアサシンに宝石を投げ付け、閃光によって、また一体を完全に消滅させる。
 数体のアサシンを屠り包囲を崩した彼女は、何とか俺の隣にまで辿り付いた。

「ハァ、ハァ……どう、したんだ。俺たちは、生きているぞ!」
「喚かないでくれ。どうせ直ぐに死ぬんだ……アサシン」

 士郎を相手にしたまま、コートの男が告げる。同時に、俺たちの周りをアサシンの群れが包囲した。
 大部分がランサーの相手をしているといっても、その数は優に十を越える。

(く、これは……)

 もう一度、同じ術を使うしかない――そう決断した俺を嘲笑うように、アサシンたちは攻め方を変えた。
 アサシンに隠れたアサシンが。
 そのアサシンに隠れたアサシンが気配なく近づき、
 ダガーを投擲、斬りつけ、突き、穿つ。
 集団で一気に襲い掛かるのではなく、少数が相手に小さなダメージを重ね、残る全てが隙を伺う周到さ。

 この戦い方は知っている。一番最初に遭遇した時のアレ。敢えて一体を殺させてみせ、不意を突く。
 アサシンをアサシンで隠蔽する撹乱攻撃。これこそがコイツら本来の戦法なのだろう。

(マズイな)

 「えぇい沸く鬱陶しいヤツらめが! どけェ!」

 ランサーの奮闘にて桜は守られているが、守る戦いを強いられるランサーはコチラまで届かない。
 俺も凛も、既に満身創痍だ。術に警戒し、踏み込んでこないからこそ生き長らえている。
 だがそれ故に手の打ちようがない。時間がたてば、全てがこの暗殺者の波に押し潰される。

 ――この状況を打破するには、宝具しかない。

「凛、ランサーの宝具を使う。少しで良い、隙を作ってくれ」
「……わかったわ、あの宝具なら、きっと大丈夫よ」

 凛は優しい笑みを浮かべ、両手にありったけの宝石を掴んだ。それは一つ一つが、彼女が魔術師として努力した結晶。
 ソレを全て使い潰させるのだ、凛の好意を無駄にする訳にはいかない。

(必ず、決める)

 意識を集中する。令呪の使用、魔術の連用によって俺の回路は決壊寸前。
 ランサーに宝具を使わせる為に、命を懸ける。凛に周りの全てを預け、イドの底の底まで意識を集中し――宝具の使用を、許可する。
 途端、膨大な魔力がランサーへと流れていく。生命すらもパスの先に融けて行く。
 不意に視界に映る走馬灯。死の淵にて、ランサーの記憶が垣間見える。
 俺は、その余りも無残な血の歴史に、共感した。

(今なら、分かる)

 敵を串刺しにし、晒してでも。
 外道と罵られようとも、愛する人々を守るためならば。

「構わない」
「我が、我らが愛で穢れよ――串刺城塞ッ!」

 自身に残り得る全ての魔力をランサーに捧げる。
 貴公こそが、真の英雄であると。
 愛の為の惨殺を、今此処に。

「守れるなら、世界全てを血に染めても構わない――俺たちの意志を突き立てろランサー!」

 最後の魔力を放出した時、ランサーの宝具が起動した。
 杭の城塞が、出現する。

「ば、馬鹿な」
「ぐ、ひ、ぁ」
「こんなことがあってたまるか……!」

 周囲の無数の『アサシン』の真下から、次々に血塗られた木杭が打ち上げられる。
 逃げようとするもの、防ごうとするもの、ランサーに挑むもの、俺たちを狙うもの、ただ諦めるもの。
 全て等しく串刺しにし、杭が葬列を作っていく。
 誰も彼もが逃れられない。誰も彼もが許されない。
 それは、全てが苛烈にして純粋なる意志の一撃。
 胸を穿ち、腹を穿ち、腕を穿ち、足を穿ち、頭を穿ち、心を穿つ。
 全てを、敵の全て杭は穿つ。

(これこそが真の姿、か)

 周囲に二万の杭が並ぶ頃には、全てのアサシンは消え去っていた。
 これが解答、これが真実。鮮血の伝承に隠された、ランサー本来の力の形。
 その杭は、アサシンの血に塗れて尚、美しき純白の杭だった。

「ああ、前よりも綺麗だ。悪くないぞ、ランサー……」
「ちょ、アンタ!」

 凛が何か言っているが、今はとにかく休みたい。

「――悪い、凛。少し眠る」

 答えも聞かず、隣に居た凛に凭れかかり、俺はそのまま意識を失った。


【六日目、終了】


















【士郎編、開始】

 心臓の鼓動が、次第に強く早くなっていく。

「……確かに、爺さんの言う正義の味方は歪んだものなのかも知れない」

 銃を付きつけられてなお、切嗣を睨む目に力が宿った。

「俺のソレは借り物なのかもしれない」

 だが、それは俺が黙っている理由にならない、大人しく殺される理由になんてならない。

「それは、ダメなことなのか?」

 偽物が本物になれないなんて、誰が決めた。
 切嗣の手が少し揺れる。問いに答えはなく、只終わりを告げる引き金が引かれ……。

「――投影、開始」

 脳裏に浮かぶのは――あの日見た、弓兵の剣舞。
 双剣を用いたその技が何故か、頭を過ぎった。
 あの力が欲しい。あの美しき剣を、この手に。

(どうすれば良い。作るには)

 創造の理念を鑑定し、基本となる骨子を想定し、構成された材質を複製し、製作に及ぶ技術を模倣し、両の手に二振りの剣が幻像を見せる。

 だがダメだ。足りない、何かが足りない。
 形を幾ら似せても、幾ら同じ材料を使っても、どれほど精密に組み上げても、あの輝きに届かない。
 何が足りないのか。俺にになくて、アイツにあるもの。そんなものはいくらでもある、俺に届かないものなんて無数にある。
 だが、それでもそこに手を伸ばすのなら――今必要なの、きっと経験なんてものではなく。

「――これが、足りない」

 もう一歩、踏み込む。
 魔力が電流のように魔術回路を駆け巡った。
 成長に至る経験に共感し、蓄積された年月を再現し―――そこに、手が届く。

「あぁああああああああああ!」

 裂帛の気合。空の手のまま、その両腕を振り下ろす。
 ある、それは必ず此処にあると誰よりも、何よりも信じた。

「―――なっ!」

 そうして一念、鬼神に通ず。
 両の手に収まった双剣が、連続で放たれた銃弾を切り裂いた。
 だが、それで役目を果たしたように双剣が砕ける。
 さっきのは何かが甘かった、まだ踏み込みが甘かった。
 ならばもう一度、今度こそ真に迫れ。
 一度出来たのなら、もう一度出来ない方がありえない。

「……士郎!」

 切嗣が叫んだ。同時に来る、銃撃の嵐。
 その死神の群れに、全霊を以って踏み込んでいく。
 再び双剣を投影し、切り裂いて、切り裂いて切り裂いて切り裂いて。

 両の手の剣が勝手に動くような錯覚。銃弾が何処に来るか、何時どう振るえば弾けるか。
 まるでそれは、幾千の戦いの記憶から導かれるように。
 全てが戦神の目に映るように、弓兵の剣は淀みなく動いた。

「まさか……まさか、君がこれほどの」

 切嗣が何か告げている。聞こえない、そんな余裕は俺にはない。
 だがそこで、不意に銃撃が止まった。これが、最後の勝機だと直感する。

(やれる)

 脳裏に思い描いた図がどのようなものかすら把握しないまま、俺は双剣を左右へと投擲した。

「――投影、開始ッ!」

 踏み込め、踏み込め、踏み込め。
 立ち止まるな、これは踏破しなければならない過去だ。

「憧れた、アンタに憧れたその心は」

 決して越えられない壁なんかじゃない。
 だから俺は最後の銃撃を正面から切り捨て、

「間違いなんかじゃないんだから!」

 弧を描く四つの刃が、衛宮切嗣を貫いた。


 * * *


「士郎……僕は子供の頃、正義の味方に憧れていた」
「なんだよそれ、憧れてたって諦めたのかよ」

 その言い出しは、何時かの夜の再現だった。

「……うん、残念ならがね」

 あの時は、正直切嗣の言っていることの半分も理解していなかった。

「正義の味方は期間限定でね、大人になると名乗るのが難しくなるんだ」

 それがどれほどまでに難しいことか。どれほどまでに苦しい道か。

「そんな事、もっと早くに気がつけば良かった」
「―――そっか」

 こうして切嗣ともう一度相対して、初めて分かった。

「それじゃあ、しょうがないな」
「……本当に、しょうがない」

 だから、

「しょうがないから、俺が代わりになってやるよ」

 もう一度、約束しよう。

「任せろって、爺さんの夢は――」

 全てを受け入れて、それでも俺はもう一度繰り返そう。

「――ちゃんと形にしてやるからさ」

 衛宮士郎は何時までも、その道を目指し歩いて行く。

「――――そうか……嗚呼、安心した」
「……爺さん、おやすみ」

 奇しくも、今日は月の綺麗な夜だった


【士郎編、終了】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。