十二代目2日目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【一日目終了時の状況】

【貴女】
貴女は、今は途絶えた魔術師の家に生まれたが現在は孤児であり(特殊家系『4』)
究極の一とも言われる『固有結界』を所持する程の才能を持つ(素質『0』)
現在は言峰 綺礼に『忠誠を誓っている』

固有スキル
『天に愛された才能』
全判定に+1補正
ファンブル時に再度判定を行い『0』を含む偶数の場合成功扱いとする

『固有結界』
初回戦闘判定が成功(大)以上だった場合、拠点補正+2を得る
ただし、戦闘判定が失敗以下の判定が出たターンから補正は0になる
効果は3ターン 『0』判定時+1ターン
一日に一回制限
<<心象風景:聖杯で汚された街>>

現在聖杯戦争に参加中 『アサシン』を召喚
【死亡回数 0】

言峰 綺礼『友好』…『忠誠』を誓っている
衛宮 士郎『信頼』…同じ境遇の少年
遠坂 凛『友好』…綺礼の兄弟弟子
岸波 白野『無関心』…普通のクラスメイト

『サーヴァント』

【アサシン】黒衣白面の集団
真名:百の貌のハサン 宝具:妄想幻像(ザバーニーヤ)
主人:【貴女】令呪使用回数:0

【アーチャー】野生を感じる獣耳の少女
真名:不明 宝具:不明
主人:【言峰 綺礼】令呪使用回数:1

【バーサーカー】黒い靄を纏った騎士
真名:不明 宝具:不明
主人:【衛宮 士郎】令呪使用回数:0

『未登場』
【セイバー】【ライダー】【キャスター】

『敗退』
【ランサー】

840 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 13:41:27.78 ID:X4gEiMhAo
二日目、朝

貴女はいつもよりも1人分余分に食事を製作した

慎二「……庶民っぽい朝飯だな、僕の為に食事を作るんだったらもう少しまともなものを作れよ」

憎まれ口を叩きながらも、綺礼と共に慎二は食事を摂る
彼も少しは落ち着いたようだ

綺礼「君は令呪を持たないマスターか、なるほど間桐らしいな」

綺礼の言葉が少し気になったが貴女は

1.学校に向う
2.拠点へ
3.街へ
4.自由

↓5

845 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2012/01/09(月) 13:42:30.93 ID:FRnWCxl90
1

851 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 13:46:57.51 ID:X4gEiMhAo
貴女は、学園に向うことにした

勿論、保護を受けている慎二は外出はできない
1人で簡単な支度をし、学園へ向う

貴女が通学路を歩いていると、そこには

直後の書き込みにてコンマ判定
1234士郎 56凛 7白野 89誰もいない 0自由

852 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 13:47:15.1 8 ID:EDfI+eK90
1

858 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 13:49:12.92 ID:X4gEiMhAo
そこには誰も居なかった

この時間を利用して霊化した『アサシン』に何か命じておこうか?

『アサシン』に対する命令
(複雑な命令をすればするほど、守りが脆くなります)

自由行動
↓4

862 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 13:49:57.49 ID:EDfI+eK90
索敵

870 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 13:52:13.89 ID:X4gEiMhAo
貴女は『アサシン』に索敵を命じた

どのあたりを索敵させようか?

↓5

875 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 13:53:05.48 ID:S0sXLBkUo
新都

881 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 13:56:49.75 ID:X4gEiMhAo
貴女は新都の索敵に『アサシン』達を向かわせた

戦闘行動を取らない限りは他のマスターに発見されることはないだろう
だが、時間が悪い

何か情報を得るには時間がかかりそうだ

そうこうしている内に、貴女は教室にたどり着いた

直後の書き込みにてコンマ判定
123456両方 789凛 0白野

882 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 13:56:52.1 4 ID:S0sXLBkUo
ほい

885 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 14:00:48.36 ID:X4gEiMhAo
教室の中に入ると、もう殆どの生徒が登校しているようだ

騒がしい教室
その中には凛や白野の姿も見える

貴女は

1.凛と会話
2.白野と会話
3.1人で過ごす
4.隣の教室へ

↓5

890 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/01/09(月) 14:01:14.79 ID:xOrtryBno
3

903 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 14:04:53.25 ID:X4gEiMhAo
貴女は一人で過ごすことにした


授業も問題なく進行していく

昼になった
貴女は

1.凛と食事
2.士郎と食事
3.白野と食事(判定あり)
4.一人で食事
5.自由

↓5

908 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 14:05:35.30 ID:EDfI+eK90

98 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:16:24.94 ID:X4gEiMhAo
貴女は凛と食事を摂ることにした

昨日と同じく2人で屋上へ向う

凛「そう、間桐のサーヴァントを倒したんだ」

凛「あの衛宮くんが魔術師、か」

凛「……私に挨拶もなしだなんて、モグリの魔術師か素人に毛が生えたレベルか」

凛「多分後者なんだろうけど」

貴女は士郎とは長い付き合いだが、魔術師であることを知らなかった
そういう事情があるのだろう

聖杯戦争に参加しているのも偶然だ、と彼は語っていた

凛「それで『バーサーカー』のマスターだなんて」

凛「管理者として意見させてもらうけど、教会での保護を勧めるべきよ」

凛の意見ももっともだ
貴女は

1.保護を提案
2.提案はしない

↓5

103 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/01/09(月) 21:16:53.73 ID:QBPcYx/uo
2

116 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:20:06.90 ID:X4gEiMhAo
提案はするべきではない、と貴女は凛に告げた

彼との付き合いは長い
彼が戦いの道を選んだ理由は、なんとなく貴女はわかる気がする

凛「……そう、だったら止めないわ」

凛「でも、アイツが死んだら悲しむ子が居るの」

凛「それだけはやめてよね」

貴女は小さく頷いた


夕方になり、授業が終わった

貴女は

1.士郎が気になる
2.凛が気になる
3.街へ行こう
4.綺礼が気になる
5.自由行動

↓5

121 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(富山県) [sage]:2012/01/09(月) 21:20:28.98 ID:+eAxu90k0

135 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:25:49.81 ID:X4gEiMhAo
貴女は、綺礼の元へ向かうことにした

貴女は学園を出ると真っ直ぐ教会へと向かう
彼は此処に居る筈だ

綺礼「…どうした、聖杯戦争中はあまり近づくなと言ってあるだろう?」

今さら何を、と貴女は思う
朝毎日食事を作っているのは誰だと思っているのか

綺礼「今はもう夜になろうとしている時間」

綺礼「戦争における戦いの時間でもある、理解しているのか?」

言いたいことはわかった
ならば手短に要件を告げよう

自由
↓5

140 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/01/09(月) 21:26:50.85 ID:xOrtryBno
136

136 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/01/09(月) 21:26:12.77 ID:mOcUO/53o
士郎について

148 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:30:25.72 ID:X4gEiMhAo
貴女は言峰に、衛宮 士郎の話を振った

昨晩戦闘に介入したこと
偶然にもマスターに選ばれたこと
様子からするに、素人レベルの魔術師であること

綺礼は、あの日見たような歪んだ笑みを浮かべる

綺礼「…そうか、衛宮の」

それだけ言うと、綺礼は教会の中へと姿を消す
だが、様子から察するに満足した様子のようだ

直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にてアサシン情報判定 天+1

149 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 21:30:31.6 8 ID:EDfI+eK90

162 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:33:30.33 ID:X4gEiMhAo
149の判定にて
情報判定『8』

直後の書き込みにてコンマ判定
123キャスター 456ライダー 89セイバー 0複数

163 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/01/09(月) 21:33:34.6 2 ID:xOrtryBno
cf

172 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:38:52.88 ID:X4gEiMhAo
『アサシン』が情報を得たようだ

アサシン「新都にて、『キャスター』と思われるサーヴァントを発見しました」

マスターの姿は、眼鏡と褐色の肌が特徴の少女
『キャスター』曰く、『ラニ』という名前らしい

『キャスター』とラニは、何かを探してる様子だった、と『アサシン』は語った

アサシン「現在は、拠点に居るよです」

新都の無人の館を拠点としているよだ
『キャスター』の拠点か

貴女は

1,襲撃
2.様子見
3.アサシンのみで突撃
4.自由行動

↓4

176 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/01/09(月) 21:39:17.98 ID:QBPcYx/uo
2

184 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:43:33.76 ID:X4gEiMhAo
貴女は、監視を付けることにした

『アサシン』数名であれば問題はないだろう
これで『キャスター』陣営の動きがわかるようになった

もうすぐ、夜だ
貴女は

自由行動
↓5

189 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 21:44:17.40 ID:qLHlttvz0
士郎に会いに行く

207 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:50:20.97 ID:X4gEiMhAo
貴女は、士郎に会いに行くことにした

昨日の様子からして、また厄介事にでも巻き込まれているのではないだろうか?
貴女は衛宮家に向うことにした

衛宮家の電気はまだ付いている
士郎は家にいるようだ


直後の書き込みにてコンマ判定
衛宮家の住民判定
1234567第五時通常 89?? 0自由

208 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/01/09(月) 21:50:28.1 7 ID:EDfI+eK90
オラオラ

220 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 21:56:16.31 ID:X4gEiMhAo
貴女は、何度か招かれたことがある
特に理由もなく訪れても何ら問題はなさそうだ

貴女は玄関の呼び鈴を鳴らす

慌ただしい足音が聞こえたかと思うとゆっくり扉が開かれた

大河「あら?珍しいわね、こんばんは」

大河「ご飯ならもう食べちゃったわよ?」

食事をしにきたわけではない、と貴女は断りを入れる
士郎に用事がある、と貴女は告げた

大河「待っててね、おーい、士郎ー!」

貴女は士郎に何の用があっただろうか?
↓6

226 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) [sage]:2012/01/09(月) 21:57:08.57 ID:MM2EojGH0
このままだと士郎が魔翌力切れで死ぬから自分とパスを繋ぐようにと説得
ついでに休戦も申し込んでおく

260 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 22:05:00.16 ID:X4gEiMhAo
士郎「家に来るなんて珍しいな、どうしたんだ?」

玄関に現れた士郎はいつもよりやはり元気が無い
そんな士郎に誘われるまま、貴女は居間へと向かった

大河「お姉ちゃんは桜ちゃん送って帰るから、士郎はちゃんとあの子を送って帰るのよ?」

貴女は魔術関係の話をするために
軽い暗示を大河にかけておいた

これでこの家には士郎しかいない

貴女は、魔力不足を解消するためのパスと
それに伴う同盟を提案した

士郎「……願ったり叶ったりだけど、そっちはそれでいいのか?」

問題ない
『アサシン』は元より戦闘向きではない為
単純に戦力が増えるのはありがたい、それに

貴女「士郎なら信頼できるから」


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて感情判定 天才+1 信頼+1

261 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/01/09(月) 22:05:09.7 5 ID:xOrtryBno
来いよ。奇跡のXXX

288 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 22:12:34.24 ID:X4gEiMhAo
261の判定にて
感情判定『7』

士郎「…ああ、同盟を組もう」

士郎は大きく、頷いた

士郎「えっと、パスってのはサーヴァントへの魔力供給みたいなものだよな?」

士郎「俺やり方わからないんだけど、どうやるんだ?」

簡略的なパスならば簡単な儀式で結ぶことが出来る
しっかりとしたものを結ぶためには、色々と準備が必要だが

貴女はどうする?

1.儀式の準備をする(準備を二回選択後、パスを結ぶ)
2.簡略的なものを使用
3.(感情値が愛情でない為、不能)

↓6

294 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/01/09(月) 22:13:03.24 ID:kfXkPp3O0

308 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/01/09(月) 22:15:08.34 ID:X4gEiMhAo
貴女は、儀式の準備を行なってからパスを繋ぐことにした

魔力供給は今すぐにはできないが
そちらのほうが効率のいい魔力供給が出来るはずだ

貴女は士郎に、準備の為に今晩は此処に泊まる、と告げ
勝手に士郎の横の部屋に魔方陣を書き始めるのだった

【二日目、終了】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。