プロローグ(衛宮士郎)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

110 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 17:45:25.17 ID:HWtLoY6Bo
聖杯戦争解体事件


十にも満たない
そんな小規模の組織の集合体に、魔術協会が敗北した

そんな事件を貴方は知っているだろうか?

きっと、その事件が永遠に続く聖杯戦争の原因なのだろう

111 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 17:46:32.63 ID:HWtLoY6Bo
開いてしまった心の隙間、だがそれで良かった
ポッカリ開いたその中に、大切な人が座っている


その人の為に、俺は―――


【士郎編、開始】

112 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 17:49:43.56 ID:HWtLoY6Bo
始まりは、何だっただろうか?

聖杯戦争
きっと、それが■宮士■の始まり

全てをそれによって失い、全てをそれによって得た
あの10年前の輝き、あの20年前の地獄

衛■士■を作り上げる要因は、聖杯戦争に関わりが深い



大聖杯の解体
そんな貴方に、ソレはどんな意味をもたらすのか……

114 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 17:51:05.00 ID:HWtLoY6Bo
冬木、円蔵山
そこに広がる大空洞が最後の戦場であった

■ン「…やっと、たどり着いたわね」

貴方の魔術の師である女性は大きな溜息を付いた
それもそうだろう、此処に辿り着くまでの障害は大きかった

1つの対象のため封印指定の執行者が同時に数人も動くなど、異常
こちらに『彼女』が居なければどうなっていたか

セ■バー「皆が時間を稼いでくれています、急ぎましょう」

そこに居る4人は、大きく頷いた

大聖杯さえ、解体してしまえばこちらの勝利だった

116 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 17:54:34.67 ID:HWtLoY6Bo
貴方は殿

先陣を切るセイ■ー
それに続く、■と■■ド・エル■■■■世


真っ直ぐ大空洞を進んでいく
警戒を怠らない
聖杯は既に、聖杯戦争を開始できる程の魔力を蓄えているのだから


士■「……誰だ!」

ふと、後ろに気配を感じ振り返る

――投影、開始

手の中には、使い慣れた双剣が現れた


■■■■「……理想を抱いたまま、此処で死ね、■宮■郎」

いつの間にか、此処には貴方しかいない
目の前には自分の鏡写しのような、ソレ

士■「……お前、なんで」


―――最後の敵が、自分とは


貴方は

1.攻撃 +?
2.防御 +?
3.逃走 -?

↓5

121 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/02/02(木) 17:55:40.2 5 ID:BdlYhPjAO

126 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 17:57:25.81 ID:HWtLoY6Bo
行動『攻撃』 補正+0

121の判定にて
成功判定『5』

その場にはもう貴方と敵しか居ない
きっと聖杯か、敵の罠
きっと、■イバーも■もあの男も、戦っているのだろう

自分が『最も戦いたくない相手』と


そう言えば、彼女が冬木の街に入った時こんな事を言っていた

――何が起きても、おかしくない雰囲気ね

それがこれだとは…

127 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 18:00:28.51 ID:HWtLoY6Bo
双剣を強く握り、貴方は一歩踏み込んだ

色素が抜けた髪が少し揺れる

士■「お前だけには、負けられないッ!」

エミ■「貴様だけは、許す訳にはいかないッ!」

敵も、同じ剣を同じように振りかぶって居た
ぶつかり合う刃と刃

だが、砕けたのはこちらだけ
相手の剣は健在、だから素早く、正確に


■郎「―――投影、開始」

作り上げろ、作り上げろ、作り上げろ


貴方は

1.攻撃 +?
2.防御 +?
3.逃走 -?

↓4

131 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/02/02(木) 18:01:15.1 2 ID:kMWf86f8o
1

133 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 18:09:36.04 ID:HWtLoY6Bo
行動『攻撃』 +0

131の判定にて
成功判定『2』

何度創り上げようが、何度剣を振るおうが
悉くソレは砕かれた

痺れる手を必死で握り、震える足を必死で踏み込む

ア■チャ■「諦めろ、此処がお前の限界だ」

■ーチャ■「衛宮士郎では、私を倒せない」

身を焼くような衝撃が貴方を吹き飛ばす
地面を惨めに転がりながら、貴方は血をまき散らした


貴方は

1.此処が限界だ
2.まだ、限界ではない

↓1~5多数決

134 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/02/02(木) 18:09:53.78 ID:66uLkVB90

135 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/02/02(木) 18:10:05.76 ID:kMWf86f8o
2

136 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/02(木) 18:10:12.07 ID:grtSgvgDO
2
踏ん張れシロウ

137 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/02(木) 18:10:12.32 ID:QRDG9vSLo
2

138 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/02/02(木) 18:10:16.74 ID:canMXdnso

139 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 18:16:48.33 ID:HWtLoY6Bo
貴方は、まだ限界などではない

貴方は、血塗れのまま、幽鬼のように立ち上がる
立つのだけで、精一杯

剣を振るう力など残ってはいない

貴方は、小さく呟いた

士郎「…なぁ、アーチャー」

士郎「お前は、後悔しているのか?」

アーチャー「ああ、そうだ」

アーチャー「何故、こんな生き方をしたのか、悔やんでいる」

だが、限界であるものか
負けて、良いはずがない

士郎「……そうか、だったら」

士郎「…他の、何に負けたって良い」

士郎「だけど、お前に、自分にだけは、負ける訳にはいかない」


血を燃やし、骨を打ち、剣を作り上げろ
足りなければ火に肉をくべてやれ


急激に、貴方の体の怪我が塞がっていく
その身から、刃が生え、傷を塞ぐ


士郎「……この体は無限の剣で出来ていた」

直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて戦闘判定 エミヤシロウ+9

140 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/02(木) 18:16:53.0 9 ID:66uLkVB90
f

146 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/02(木) 18:24:26.43 ID:HWtLoY6Bo
140の判定にて
戦闘判定『9』

周囲を、世界が覆っていく
剣の丘、剣の墓場

貴方の心象風景、固有結界

心を燃やせ、命を燃やせ
限界など、あるものか

剣が舞う、剣が穿つ、剣が断ち、剣が―――


士郎「……俺は、後悔なんてしない」

士郎「後悔しているなら、お前はやっぱり別人だ」

霞む視界
ひび割れる記憶
まるで他人のモノのように動かない手足

だが、心の奥底にいる輝きが貴方を導いていく

凛「……士郎、やれるわね?」

彼女も、随分と疲労しているようだ
だが、今決めなければ

彼女の思いを無駄にはできない

士郎「……ああ、『固有結界』で大聖杯を―――」


【士郎編、終了】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。