プロローグ(ウェイバー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

318 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 19:49:05.22 ID:NUd6wEYqo
聖杯戦争解体事件


十にも満たない
そんな小規模の組織の集合体に、魔術協会が敗北した

そんな事件を貴方は知っているだろうか?

きっと、その事件が永遠に続く聖杯戦争の原因なのだろう

319 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 19:50:15.44 ID:NUd6wEYqo
いつだって、貴方の前を歩く偉大な背中
それを追い続け、貴方は歩いてきた



ソレを追い越す日は―――


【ウェイバー編、開始】

320 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 19:52:54.03 ID:NUd6wEYqo
始まりは、何だったのだろうか?


師とも呼べる存在から、触媒を盗み出した時?
あの戦いに、身を置こうと思った時か


それとも、あの夜
彼に出会ったあの運命の夜が、始まりだったのだろうか?


長い年月が過ぎ、また同じだけの月日が流れた

それでも、瞼を閉じればあの日の近いが貴方を照らす



大聖杯の解体
永遠の決別は、貴方に何をもたらすのか……

321 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 19:54:09.94 ID:NUd6wEYqo
冬木、円蔵山
そこに広がる大空洞が最後の戦場であった

■ン「…やっと、たどり着いたわね」

貴方が後見人をしている少女…とも呼べないだろう
女性がそう呟いた
それもそうだろう、此処に辿り着くまでの障害は大きかった

1つの対象のため封印指定の執行者が同時に数人も動くなど、異常
こちらに『彼女』が居なければどうなっていたか

セ■バー「皆が時間を稼いでくれています、急ぎましょう」

そこに居る4人は、大きく頷いた

大聖杯さえ、解体してしまえばこちらの勝利だった

322 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 19:58:28.58 ID:NUd6wEYqo
貴方を囲むように、陣形が組まれる

先陣を切るのはセイ■ーと呼ばれた■ーヴァ■ト
それに続くリ■に、貴方の背後を固める彼女の弟子

真っ直ぐ大空洞を進んでいく
警戒を怠らない
聖杯は既に、聖杯戦争を開始できる程の魔力を蓄えているのだから


ロー■「………ッ!」

貴方は、中心に立っていたにもかかわらず
周囲に人間を見失った

ロ■ド「なるほど、罠か」


ふと、懐かしい笑い声と叫び声が聞こえた気がした

ライ■ー「行くぞ、坊主」

■イダー「人を待たせておるのでな!」

■ード「……なんで、お前が」

そこに居たのは、昔の■■とそのサ■ヴァン■



―――最後の敵が、自分とは

323 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 20:04:08.59 ID:NUd6wEYqo
貴方は、身を強張らせた
貴方自身には戦うすべはない

彼に、勝てるはずもない

ラ■ダー「そう身構えるな、何も聖杯戦争をやろうと言ってるわけではない」

ライ■■「なに、お前も知っているだろう」

■イダー「『聖杯問答』、聖杯を欲するならば余を退けてみせよ」

ドン、と大げさに男は座り込んだ

少年「おい、お前!何やってんだよ!」

少年「何が、『聖杯問答』―――ァダッ!」

少年はラ■ダーの裏拳によって、後方へと吹き飛ばされた

325 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 20:05:11.89 ID:NUd6wEYqo
貴方は、彼を退けなければならない

『聖杯』を欲する理由、だと

貴方は


1.そんなモノはない
2.聖杯など求めていない
3.自由発言

↓5

330 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/08(水) 20:05:58.55 ID:ssMJNIvZo
時計塔の奴らを見返す為、とでも言えば満足か?

337 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 20:09:32.65 ID:NUd6wEYqo
ロー■「時計塔の奴らを見返す為、とでも言えば満足か?」

貴方は、赤いコートを翻し、地面に同じく座り込む
そして、葉巻を咥え、それに火をつける

ラ■ダー「小さい、小さいわ!」

■イダー「変わったのはその見てくれだけ、とそういう訳でもあるまい?」

ライ■ー「語ってみせよ、余に」


貴方は


1.そんなモノはない
2.聖杯など求めていない
3.自由発言

↓5

342 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/08(水) 20:10:20.24 ID:5SUOA2fro
貴方においつくためにここまできた

349 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 20:14:59.21 ID:NUd6wEYqo
■ード「貴方に追いつく為に此処まで来た」

そうだ、あの日、あの別れの時から

ライ■ー「それで、貴様はどうする」

■イダー「我が覇道に続き、我が覇道を求め」

ラ■■ー「我が覇道となる、ならば貴様に聖杯は必要ないだろう?」


確かに、その通りだ
ソレは聖杯を求める理由でも、彼を退けるために言葉でもない

彼の求めている言葉ではない
貴方は、此処に何をしに来たのだ?


1.そんなモノはない
2.聖杯など求めていない
3.自由発言

↓5

354 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/08(水) 20:15:59.67 ID:b9tDcKRto
だが追い求めるだけではいつまでたっても進めない
貴方を追い越すために私は聖杯を解体する

362 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 20:24:49.13 ID:NUd6wEYqo
ロード「だが追い求めるだけではいつまでたっても進めない」

ロード「貴方を追い越すために私は聖杯を解体する」

貴方は、ライダーを睨みつけた

イスカンダル「……それは、つまり」

ロード「あまり、人間を舐めるなよ、英雄」

ロード「私は、願いぐらい自分で叶えてみせる」

ロード「征服王、お前を超えて、先に行く」


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて感情判定 +9

363 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) :2012/02/08(水) 20:25:09.8 4 ID:WMVOOkku0
補正wwwwww

370 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 20:28:05.62 ID:NUd6wEYqo
イスカンダル「……行け、小僧……いや、ウェイバー」

その呟きがこぼれた瞬間
貴方は、征服王の横を通り過ぎ大聖杯へと向かう


少年「良かったのか、お前」

イスカンダル「ああ、満足だ」

イスカンダル「最後の最後で、いい思いをさせてもらった」

371 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/08(水) 20:31:13.53 ID:NUd6wEYqo
貴方は大空洞の奥まで、たどり着いた

そこにはもう、何もない
術式の欠片もなければ、魔力すらも

血塗れで、壁に倒れているのは彼女の弟子だろうか?
貴方は駆け寄ると、治癒魔術を彼にかける

大聖杯は消えている
我々の勝利、のはずだが

リンは何処だろうか?


【ウェイバー編、終了】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。