プロローグ(何処かの誰か)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

813 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:19:42.44 ID:b4B9k1x9o
※注意

これよりの内容は、独自の設定が多く使われております
また、型月世界観とは関係のない設定が使われております







806 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:11:21.62 ID:b4B9k1x9o
あの日、もし、あの手を掴めていたならば
僕達はハッピーになれていたのだろうか?



【何処かの誰か編、開始】

809 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:15:03.40 ID:b4B9k1x9o
昔、昔、戦争が起きていた頃
少女達は祈りを捧げていました

祖国の勝利の為に

少女達は、聖女と讃えられ、魔女と蔑まれた
少女達の特殊性故に

811 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:18:01.15 ID:b4B9k1x9o
少女達は、祈ります

英雄を、絶対なる英雄を

人の思いは、力
人の思いは、神

いつしか少女達の祈りが一人の英雄を作り出しました

聖処女、そう呼ばれた女性だった

少女達の理想
彼女たちの、頭の上の存在

少女達の祈りが作り出した、架空の英霊
彼女達の祈りが作り出した、もっとも新しい伝説

815 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:27:15.87 ID:VV6e2XSRo

「彼女の信仰心は、魔術すら逸らす」

「彼女は神の声を聞き、啓示を示す」

「彼女の言葉には、特殊な魅力が篭められている」

少女達の思いが、作り上げた英霊は戦場を駆け抜け、勝利をもたらす

少女達は、祈り続けた

816 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:31:23.61 ID:VV6e2XSRo
貴方は、少女達の護衛を務める騎士だった

それは星の綺麗な夜
貴方はいつものように門の前で、ただひたすらに立竦む

誰も尋ねない、誰も訪れない

それでも、貴方は此処を守る
祖国のために、英雄のために
………少女達のために

818 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:36:05.87 ID:VV6e2XSRo
こつん、と貴方の背中に何かが触れる

またか、と貴方は嘆息した
少女の中の一人、変わった少女だった

少女「……星、キレイですね」

貴方は答えない、答えられない

少女「あの、聞こえて…ますよね?」

貴方は小さく頷いた

少女「良かったです、今日もお話聞いて下さい」


彼女は、少女達の中心人物
ジャンヌ、と名乗る少女だった

821 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:38:46.12 ID:VV6e2XSRo
「海って知ってますか?」

頷く

「星みたいにキレイだそうです」

頷く

「見てみたいです」

……

「私、見てみたいです」

……振り向いてしまった
吸い込まれるような、大きな瞳

「…連れて行ってくれませんか?」

差し出されたその手を、貴方は


1.握れなかった

↓3

824 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/21(火) 20:39:27.04 ID:WZX05BKqo
1

827 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/21(火) 20:42:52.65 ID:VV6e2XSRo
貴方は、その手を握れなかった

強く拳を握る
祖国のために、英雄のために
………少女達のために

彼女は笑う

「……なんて、嘘です」

「びっくりしましたか?」

「では、また機会があったらお話ししましょう」


少女達は囚われていた
魔術なのだろう
彼女達は顔を全て同じものに変えられ、髪と瞳の色を揃えられ、祈る


一人の英雄を、作り出すためだけに
祖国を勝利へと導くためだけに

少女達は囚われている

【何処かの誰か編、終了】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。