プロローグ(介入者)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

684 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 17:50:38.92 ID:/+NBb9ico


ノイズ

ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ

ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ

ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、イズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ
ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、イズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ
ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、イズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ
ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、イズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ
ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、イズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ、ノイズ




―――――――――

―――――――

―――――

―――


[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][]
  警告  介入によるシステム異常を発見 侵入者を強制削除します
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][]


【介入者編、開始】

685 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 17:53:38.11 ID:/+NBb9ico
貴方は今日も、頼りない鎧と頼りない剣を身に纏い
門の前で、空を眺める

この空の下、同じ空の下で激しい戦いが行われているなんて信じられない

此処はこんなにも、平和なのに



―――――――――

―――――――

―――――

―――



また一人、また一人

勝利の度に、また一人

次は誰なのだろう?
彼女だろうか、それとも私だろうか?

また一人、また一人


―――――――――

―――――――

―――――

―――


686 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 17:57:18.08 ID:/+NBb9ico
遠目に視える人影に、貴方は慌てて頭を下げる

司祭、と呼ばれる
ここの管理者らしい、魔術師だ

少女達を集めたのも彼
自分を雇ったのも彼

彼は、少年のような笑みを浮かべ、貴方に軽く頭を下げた

――また勝利することが出来たよ、君達のお陰だ

そうか、また勝ったのか
あの英雄は


―――――――――

―――――――

―――――

―――



司祭様が私の頭を撫でる

よくやってくれた、神も貴方達に感謝している、と

そうして連れの男たちは、彼女を布に包み抱き上げる
彼女は外に出れるのか

少しだけ、嫉妬してしまう
そんな自分が嫌いだ


―――――――――

―――――――

―――――

―――


687 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 18:00:48.65 ID:/+NBb9ico
勝利の度に、司祭は何かを此処から持ち出していく

生活で出るゴミの類は、自分が処理をしているし
物が溢れているような場所でもない

一体何を持ち出しているのだろう

――理解していない振りは何時までで出来るのか?

そういえば三人寄らば姦しい、と言うものだが
最近、少女達の声を聞いていないような気がする

こういう状況だ、それも仕方が無いのだろうか?


―――――――――

―――――――

―――――

―――



今夜、今夜きっと
私はきっと、皆を裏切ります

一人逃げ出します

彼が、ソレを許してくれるなら


―――――――――

―――――――

―――――

―――


688 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 18:01:51.65 ID:/+NBb9ico
貴方は、その手を握れなかった


―――――――――

―――――――

―――――

―――



少女は、少しだけ安堵した
そしてその分、泣きたくなった


―――――――――

―――――――

―――――

―――


689 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 18:04:07.29 ID:/+NBb9ico
「笑えるだろう?」

『   』は何もない白い空間で呟いた

「…あの男、後悔だけで人を超越したんだよ」

「概念になった、少女を守る概念」

「ソレに動かされる『 』が言えた義理じゃないが」


「大馬鹿だよ、だけど」

――そんな人間が、一人ぐらい居たって良い

だから力を貸してやるよ、お前たちにも


【介入者編、終了】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。