真・ルーラー√(前編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

955 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 19:57:08.83 ID:/+NBb9ico
―――――――――

―――――――

―――――

―――



不思議な夢を見た………!?

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][]
  警告  介入によるシステム異常を発見 侵入者を強制削除します
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][]

961 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:00:21.14 ID:/+NBb9ico
ジャンヌ「………」

貴方の前に立つ、少女はいつもとは違う…?
いや、何故そんな事を思ったのか?

彼女と出会うのは『初めての筈だ』

ジャンヌ「……覚えていますか?」

彼女が手にしているのは質素な髪飾り
ソレを貴方に差し出している

それを貴方は

1.ジャンヌの髪へ
2.自分の髪へ

(キャラエディット開始)

↓6

967 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) } [sage]:2012/02/24(金) 20:01:09.83 ID:LT7dX6Wno
1

974 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:06:55.38 ID:/+NBb9ico
覚えている

これは、『 』が彼女にプレゼントした品だ
それと同じように貴方はジャンヌの髪にソレを結ぶ

そうだった、『  』は男だったのを思い出した

『  』があの時、言えなかった言葉を今告げる
貴方の身体は勝手に動き始めた

『  』「よく似合っている」

ジャンヌ「ありがとうございます

ジャンヌ「で、でも急にそんな事言われたら……照れちゃいます」


貴方の中に、力を感じる
その力は

直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて素質 十の位にて家系判定

補正+■■■■■■

975 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 20:07:06. 71 ID:pRplyK2Do
ほい

981 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:09:18.09 ID:/+NBb9ico
971の判定にて『介入開始』
『これは餞別替わりだ』
『なに、これぐらい、シャツのシワを取りながらでも出来るような事だよ』

素質値『0』家系値『0』

特殊設定、固有スキルを放棄し『現代に生きる英雄』を取得しますか?

↓1~5多数決

982 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/24(金) 20:09:34.36 ID:29hyFOCeo
yes

983 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 20:09:41.23 ID:pRplyK2Do
yes

985 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/02/24(金) 20:09:45.24 ID:ZYjTWJtao
取ろう

986 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2012/02/24(金) 20:09:58.79 ID:Je7Yc45E0
いえす

987 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 20:10:07.96 ID:2ftgLRENo
補正がわからんが、ないと完全にワカメだったな

する

990 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:12:58.79 ID:/+NBb9ico
ジャンヌ「……貴方は力を得てしまいました」

ジャンヌ「進むのですか?…進んでしまうのですか?」

ジャンヌの表情に影が落ちる

ジャンヌ「私は、このままでも良いです」

ジャンヌ「戦争に縛れるのも、誰かの為に祈るのも、痛いのも、熱いのも、慣れていますから」

ジャンヌ「そんな事よりも、貴方が傷つくのが…辛い」


貴方は、少女を

1,救う
2,救う
3.救う

↓4

994 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/02/24(金) 20:13:22.69 ID:LT7dX6Wno
1

11 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:16:02.72 ID:/+NBb9ico
貴方の口は勝手に動き始める

『  』「君を救う」

貴方はそれだけの為に、全てを犠牲にする
この聖杯戦争で生まれたモノも
この聖杯戦争で得たモノも


だから、彼女を縛る『あの英雄を倒さなければ』


真・ルーラー√開始

18 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:17:33.96 ID:/+NBb9ico

『現代に生きる英雄』のクラスを決定したします


『介入開始』



『ルーラー』に決定いたしました
スキル『????』を得ます

22 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:18:33.73 ID:/+NBb9ico
『介入者によってこのキャラクターの強化が行われました』

『ステータスを表示できません』

28 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:23:41.85 ID:/+NBb9ico
『介入者』「会えて嬉しいよ、感謝もしている」

『介入者』「…きっと、名乗らなくてもボクが誰なのか、君達は察してくれるだろう?」

『介入者』「彼女を救えなかった、ボンクラ、とでも名乗ろうかな?」

『介入者』「君達の力を、一時的に奪わせてもらったのは謝る」

『介入者』「だけれど、彼女を倒すには『最も新しい伝説』だった」

『介入者』「君達の持つ、『その力』が必要だったんだ」

『名も無き騎士』「…ボクの介入も此処まで、『彼女を救う為』にしかボクは動けない」

『名も無き騎士』「彼女を倒せるのは、君だけだ」

31 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:24:46.46 ID:/+NBb9ico


『名も無き騎士』「1つだけ忠告を」


『名も無き騎士』「君は、彼女に出会うまで戦ってはいけない」

『名も無き騎士』「聖杯の記憶になってはいけない」

35 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:27:00.68 ID:/+NBb9ico
貴方は、冬木の街に居た

……
……


何処に向かおうか


1.大空洞


↓4

39 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/24(金) 20:27:17.84 ID:vz2Oz6tDo
1

44 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:29:50.40 ID:/+NBb9ico
貴方は、大空洞へと向かう

聖杯があるならば、そこになるのだろう
貴方は人を越える力で、駆け抜ける

ものの数秒で大空洞へとたどり着くとそこで目にしたのは…・



英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊
英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊
英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊
英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊
英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊
英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊、英霊


闘うな、だと
この、軍勢を前に、そんな―――



BAD END



55 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:32:01.40 ID:/+NBb9ico
『  』「やあ、よく来たね」

『  』「彼女の力は聖杯の記憶そのものさ」

『  』「つまり、敵はこの聖杯戦争自体なんだよ」

『  』「一人では勝てない、でも君達は独りじゃないだろう?」

『  』「さあ、行けよ」

『  』「答えなら出ただろ?」

61 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:34:07.43 ID:/+NBb9ico
貴方は、冬木の街に居た

闘うな、か
あの軍勢を前に、どうすれば良い?

一人ではない、とは…?


何処に向かおうか


1.大空洞
2.衛宮家

↓5

66 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) [sage]:2012/02/24(金) 20:34:34.04 ID:9LmtBuGko

71 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:37:02.64 ID:/+NBb9ico
貴方は、衛宮家へと向かった

庭先を掃除しているのは……英霊?

キャスター「…意外と早かったわね」

彼女は何かを察したかのように、貴方を睨みつける

キャスター「……まあいいわ、覚悟はしてたもの」

キャスター「でも、あの子を説得するのは骨が折れるわよ」

それだけを貴方に告げると、彼女は掃除へと戻った
そういう意味だろう?

貴方は

1,家の中に
2.別の場所へ

↓6

77 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 20:37:51.01 ID:OEhLi/rEo
1

86 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:43:14.84 ID:/+NBb9ico
貴方は、玄関に入った

靴の数から、この家には何人もの住民が居るようだ

少女「……入って来ないで下さい」

その瞬間、少女が貴方に拳銃を構える

少女「何でですか、何で」

少女「ただ、兄さんと一緒に居たかっただけなのに」

少女「……造られた存在でも良かった」

少女「……全部偽物だったとしても、この思いだけは、無くしたくなかった!」

……造られた存在
つまり、自分と同じか

本来ならば存在しない
だが、この聖杯戦争を歪めるために創り出された人物


彼女の説得は『貴方では無理そうだ』

貴方は

1.別の場所へ
2.押し通る

↓5

91 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/24(金) 20:44:11.70 ID:29hyFOCeo

96 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:47:47.35 ID:/+NBb9ico
貴方は、向けられた銃口を物ともせず、そのまま家へと上がった


少女「…撃ちますよ、本当に!」

少女が引鉄に力を込めた、その時

士郎「……やめてくれ、そんな事しなくて良いんだ」

少年が、少女の手を優しく握った

士郎「此処は優しい場所かもしれない」

士郎「でも、駄目なんだ、前に進まなきゃ行けない」

少年は、貴方と少女に視線を送る

士郎「俺は先に行ってるぞ」

少女「……兄さん」

……これ以上、此処で出来そうなことはない

貴方は

1.この場に残る
2.他の場所へ

104 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:50:18.32 ID:/+NBb9ico
↓3

107 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/02/24(金) 20:50:50.30 ID:TIdmP2UAO
遠坂家

114 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:54:01.78 ID:/+NBb9ico
貴方は、遠坂の家に向かった

家の前に、少女が2人立っている

凛「来たわね、待ってたのよ?」

ツインテールの少女は、貴方の姿を確認すると大きく頷いた

凛「衛宮君の所には行った?」

凛「きっとあそこなら3人ぐらい居るんじゃないかしら?」

凛「あとは…学校と商店街ね」

少女「……凛、急すぎます」

しまった、とツインテールの少女が表情を歪める

凛「……大丈夫よ、ほら、アンタも理解できたでしょ?」

貴方は

1.頷く
2.首を降る

↓5

119 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/24(金) 20:54:44.49 ID:vz2Oz6tDo
1

125 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:56:38.98 ID:/+NBb9ico
貴方は頷いた

彼女は、『協力してくれそうな人間』の話をしているのだろう

凛「ほら、大丈夫じゃない」

凛「じゃ、私達先に行くわ」

そう言って、ツインテールの少女はもう一人の少女の手を引き歩き出す

凛「行くわよ、ほら」

少女「……わかってますよ、今行きますから」

貴方は

1.学校へ向かう
2.商店街へ向かう

↓5

130 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 20:57:25.75 ID:pRplyK2Do
2

136 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 20:58:39.27 ID:/+NBb9ico
貴方は商店街へと向かった

商店街の一角にある屋台
その前に、男と女が立っている

貴方は

1.男に話しかける
2.女に話しかける

↓4

140 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 20:59:21.62 ID:aDuC9EPho
2

144 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:02:38.84 ID:/+NBb9ico
貴方は、女性の方に話しかけてみると事にした

女性「………」

女性は何やら言い難そうにしている

女性「……あの、力になれるかわかりませんけど」

そんな事は問題ではない
立ち向かうか、否か
この戦いは意思の戦い
意思ことが全てだ

女性「……戦います、もう、諦めたくないの」

女性「だから一緒に戦いたい……お願い」

女性は頭を深々と下げる
貴方も、同じく頭を下げた

こちらこそ、お願いしたい

貴方は横の男に

1.話しかける
2.話しかけない

↓4

148 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2012/02/24(金) 21:03:17.75 ID:Je7Yc45E0

155 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:06:46.75 ID:/+NBb9ico
貴方は、男に話しかけることにした

男「おう、待ってたぜ」

男「惚れた女を助けに行くんだって?」

男「手伝わせて貰うよ、じゃ先に行ってるから」

去ろうとする男を貴方は呼び止める
それだけ?それだけで協力をするのか?


男「ああ、そうだよ」

男「アンタに惚れた、戦う理由には充分だろ?」

それだけ、言うと男は何処かへ歩いていった


貴方は

1.郊外の森へ
2.教会へ
3.学園へ


↓5

160 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 21:07:18.38 ID:pRplyK2Do
2

177 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:17:21.39 ID:/+NBb9ico
貴方は教会へ向かった

少女が祈るように手を合わせ、立っている

少女「…来ちゃいましたか」

少女「士郎はもう行ったんですね」

少女「なら、私も向かいます」

少女「貴方のため、なんかじゃないですから」

少女「勿論、士郎のためでもない…」

少女「やっと、歩き始めたこの道を、もう立ち止まったりしたくない」

少女「そんな、自分の我儘です」


少女は歩き出す


貴方は

1.郊外の森へ
2.学園へ
3.裏路地へ

↓4

181 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/02/24(金) 21:17:55.78 ID:vz2Oz6tDo
3

188 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:19:49.01 ID:/+NBb9ico
貴方は、裏路地へと向かった

そこに居たのは虚ろな男
手にしたナイフを弄ぶ

男「お前に興味はないが…」

男「戦えるなら、それで良いさ」

男「好きにやらせてもらう」


男は大空洞へと向かっていった
協力はしてくれるのだろう

貴方は

1.郊外の森へ
2.学園へ

↓4

193 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 21:20:35.05 ID:K1ZSnlxFo

195 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:24:22.05 ID:/+NBb9ico
貴方は、郊外の森へと向かった

ふらふらと歩いていると、そこには白髪の男が立っている

男「俺が手伝ってやる」

男「だから、この先には近づくな」

男は貴方の前に立ちはだかる

男「…俺が全部終わらせる、それでいいだろ?」

貴方は頷いた
この先には干渉しない

だが、それでいいのか?
この戦いが終われば、結局――

男「願いは初めから変わらない、ただイリヤの為に」

男「愛おしい俺の妹が少しでも安息なら、それで良い」


貴方は

1.寺へ
2.学園へ

↓6

201 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北陸地方) [sage]:2012/02/24(金) 21:25:04.02 ID:igMTv1UAO
1

205 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:26:39.66 ID:/+NBb9ico
貴方は寺へと向かった

そこに居たのは剣を背負った男

男「……救済だ」

…?

男「この世界を救済しなければならない」

男「君がそれを願うなら、僕は付き合おう」

貴方は

1,頷く
2,首を降る

↓5

210 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 21:26:58.78 ID:K1ZSnlxFo

223 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:28:35.82 ID:/+NBb9ico
貴方は、首を振る

世界は救わない
この世界は救えない

この世界を犠牲に、たった一人の少女を救う
それが、願い


男「……それも、救済か」

男「その救済を最後まで見届けさせてもらう」


この男も、協力してくれるようだ


貴方は

1,学園へ

↓3

226 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/02/24(金) 21:28:57.74 ID:w3uFEMRro
1

237 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:30:47.63 ID:/+NBb9ico
貴方は、学園へと向かった

屋上に、人がいるようだ
屋上へ向かって見ることにした


そこに居たのは男だ

男「……来たか」

男「随分と、長い間待っていた気がする」

男「……終わらせるのか?」


貴方は

1,頷く
2,首を降る

↓5

242 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/24(金) 21:31:24.13 ID:OEhLi/rEo
1

246 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:33:00.33 ID:/+NBb9ico
貴方は、頷いた

男「…そうか」

男「だったら、早く行こう」

男「皆待ってるぜ」


聖杯戦争を戦い抜いた者たちが集結した
これで、大空洞へ向かえるだろう

255 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:40:46.79 ID:/+NBb9ico

大空洞の中は、息を吸うだけで失神してしまいそうな
濃い魔力に満ち溢れている

何度でも聖杯戦争を始められるような、魔力
まるで『他の世界から引っ張ってきているかのように』『無尽蔵』


貴方を囲むように、仲間たちが陣営を組む
貴方は『ジャンヌ以外とは戦ってはいけない』


敵が現れた


言峰綺礼「……命をかけろ。或いはこの身に届くかもしれん。」

ギルガメッシュ「我が命じているのだぞ?疾く死ね、雑種」


初めに現れたのは、この2人
重々しい雰囲気を撒き散らす、男たち

士郎「…ここは俺に任せてくれ」

十二代目「…私も、残ります」

貴方達は、頷く
誰しもが理解しているのだ


この先には、まだまだ、強敵が居る、と

2人を犠牲に、前へと進む

267 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:45:09.70 ID:/+NBb9ico
その先に居たのは女と英霊だった

ルヴィア「トオサカ、まさか逃げたりはいたしませんよね?」

ゲオルギウス「……来い」

凛「ご指名みたいだから、私が行くわ」

初代「こいつの相手は俺がする、先に行け」

貴方達は、頷く
誰しもが理解しているのだ


この先には、まだまだ、強敵が居る、と

2人を犠牲に、前へと進む

270 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:48:00.51 ID:/+NBb9ico
その先に居たのは男と英霊だった

衛宮切嗣「………」

キャスター「…かかって来なさい、私」

キャスター「甘い夢に溺れた貴方では私に勝てない」

五代目「ここは、私に任せて下さい」

メディア「自分との戦い、ね…やってみるわ」


貴方達は、頷く
誰しもが理解しているのだ


この先には、まだまだ、強敵が居る、と

2人を犠牲に、前へと進む

275 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:50:30.65 ID:/+NBb9ico
その先に居たのは白い少女と巨人だった

イリヤ「やっちゃえ、バーサーカー!」

ヘラクレス「――――■■■■ッッ!」

十三代目「アイツを叱ってやるのは俺の役目だ」

七代目「……此処は任せてもらえますか?」

七代目「リターンマッチです」


貴方達は、頷く
誰しもが理解しているのだ


この先には、まだまだ、強敵が居る、と

2人を犠牲に、前へと進む

282 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:53:50.19 ID:/+NBb9ico
此処に居たのは、老人と英霊だった

間桐臓硯「孫を躾けてやらねばの」

タマモ「……呪ってあげます」

九代目「……此処は、私がやらなきゃいけません」

四代目「アイツの相手は俺だって、先に行ってくれよ」

貴方達は、頷く
誰しもが理解しているのだ


この先には、まだまだ、強敵が居る、と

2人を犠牲に、前へと進む

293 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:57:24.96 ID:/+NBb9ico
此処に居たのは、英霊と死神だった

ジル・ド・レェ「許さぬ……思い上がるなよ匹夫めがァ!」

式「……俺は、お前を殺したい」

十五代目「彼を救うのは僕の仕事だ、手出しは無用」

十代目「ああ、奇遇だな」

十代目「―――俺も、お前を殺したい」


いつの間にか、貴方の周りには誰も居ない

だが、もう少しで、もう少しで辿りつける……

302 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:59:11.14 ID:/+NBb9ico
走る、走る、走る


決めたのだ
握れなかった、彼女の手を握るために

貴方は、世界すら、仲間すら、犠牲にすると

304 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/02/24(金) 21:59:48.54 ID:/+NBb9ico
きっと、それは世界を救う物語ではない
悪を倒す物語でもない

唯の我侭で、全てを蹂躙する物語
他者の夢を踏み台に、夢を叶える物語

永遠に続く甘い夢を、貴方の手で撃ち砕け

ただ1人の少女のために、世界を犠牲にする
少女の安らかな■の為に、世界を■す



聖杯戦争、『真・ルーラー』ルート

これは、英雄の物語ではない
只の人間の我儘が、世界を壊す物語


前編 - 後編
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。