七代目リプレイ3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――二日目、夜 学校――



 帰宅後、買いだした食糧と学校の鞄を放り投げる。
 服を着替え、それぞれに強化の魔術。刃物くらいは防いでくれるだろうけれど、それも気休めだ。
 魔力を通しやすい生地で拵えたレザーグローブを装着。気が引き締まる。

 夜は長い、先に夜飯を済ませようか、と、買い物袋を漁っていた所で、

「昨日と同じ場所で、戦闘が始まっているな」

 アサシンはそんなことを呟いた。


「…本当?」
「おそらく」

 使い魔を飛ばして…いや、そんな暇はない。
 アサシンが本当だというからには、恐らく本当なのだろう。
 彼の気配遮断は、言うなれば武の修練からなるものだ。
 同じ理屈で、魔力の衝突とはまた別の戦闘の気配を感じ取っているのだろう。

 脱ぎかけていたコートを翻し、玄関から飛び出す。


 昨日と同じ場所、すなわち学園のグラウンド。
 見聞きしたのか、と尋ねれば、感じたのだ、と返ってくる。
 やっぱり英霊の感覚はよくわからない。


「――リン、報酬はたっぷり用意しておきな!」

 それでも学園まで足を運べば、彼の言葉が当て推量ではなかったことが証明されてしまった。
 ドヤ顔の侍は無視して、視覚と聴覚に強化の魔術をかける。

「うるさいわね! サーヴァントなんだから、黙って戦いなさい!」
「ケチケチすんじゃないよぉ!」

 マスターは、赤いコートにツインテール。
 焦りに表情が歪んでいるが、その所作は優雅なものだ。

 遠坂凛。やはり聖杯戦争に参加していた。

 けれど、その口調も立居振舞も、いつもより荒々しい。
 やっぱりあの『優等生』は猫被りだったか。

 威勢の良い声で叫んでいるのは、二丁拳銃を携えた女性のサーヴァント。
 サービス精神が良いのか、胸元の大きく開かれたコートを身につけている。
 顔には一文字の傷跡、セイバーとは違い、品性よりも剛健さを感じさせる。女海賊、といったところだろうか。
 武器は見たところ拳銃だけのようだが、クラスはどれになるのだろう。

「アーチャーは、昨日の緑マントで間違いないし…」
「もっと気の利いた呼び名はなかったのか、マスター」


「――■■■ッ!!」
 対するは、褐色の肌の大男。
 人間とは思えないほどの巨躯が放つ咆哮は、強化した聴覚が張り裂けそうになるほどだ。
 咆哮そのものが波動となって、百メートル以上も離れているこちらにまで押し寄せる。

 突進と共に、構えるのは剣斧。
 人間ほどの大きさもあるその岩塊を振り回し、遠坂勢を牽制している。

「デタラメじゃない、あんなの…」
 独り言のように、遠坂が呟く。

 そう、出鱈目だ。
 遠坂のサーヴァントは連続して拳銃を放つ。
 ただの拳銃じゃない。英霊が持つ武器というものは、少なからず神秘を宿している。
 なれば、それが放つ弾丸は、当然防ぐべき攻撃。

 それをバーサーカーは、防ごうとも避けようともしない。
 ダメージは皆無。彼の肌は、銃弾を通さない。
 「当たらない」のではなく、「当たっても効かない」のだから、この勝負は詰んでいる。

 吠えた大男は、そのまま石斧を振り回して突っ込む。
 あの理性のなさ、そして悪夢のような身体能力、恐らくは『狂化』を受けているのだろう。
 ともすれば、クラスはバーサーカーか。

「ライダー、どうにか出来そう?」
「いいや、さっきから全然攻撃が通っちゃいないね。此方の火力が足りない、白兵戦じゃ勝ち目ないよ」

 凛が悔しそうに唇を噛む。
 ――なるほど、あの赤い英霊はライダーか。

 本体の通常戦闘は火力難に悩まされやすいクラス。
 ただし、宝具が桁外れのランクを誇る。
 放てば勝負は動きそうだが、ライダーのクラスで現界する英霊の宝具は、範囲や威力を制御出来ないものばかりだ。
 遠坂凛としても、冬木の市を焼け野原にしたくは無いのだろう。
 結果、攻めに踏み切れないでいる。


「アッハッハッハ!! 良い様だな、遠坂!」

 そんな背景を知らずか、さも全て自分の手柄のように誇る笑い声。
 耳に残る、粘着質な。

 その声に乾燥した海藻のような髪型、紛れもなく間桐慎二のもの。

 しかし、と、私は首をひねる。
 間桐は途絶えた魔術の家。その子息に魔術回路は存在しないはずだ。
 ましてやサーヴァントのクラスはバーサーカー。魔力を食い潰す英霊を、どうして苦も無く限界させられる?


「……」
「どうする、マスター」

 アサシンは既に霊体化を解いている。
 いつでも行けるぞ、という意思表示か。

 片や、冬木の管理人にして私の天敵。片や、正直興味の持てない小物。
 強力な宝具を有するライダー、最凶のサーヴァントと名高いバーサーカー。
 どちらが勝ち残っても、今後の展開には支障ない。
 しかし、このままではどちらの手の内も読めずに、幕引きとなってしまうだろう。それは困る。

 それに、

 あんな小物に私の天敵が破れるなんて展開は、気に食わない。


「…ライダーを援護するわ。あのバーサーカーの情報を、少しでも多く手に入れたい」
「承知した」

 待ってました、とばかりに飛び出すアサシンに続き、手に渾身の魔力を溜める。
 藪を飛び出して、殴りかけるようにそれを撃ち出す。

 放たれる電光、援護射撃は得意な方じゃないけど、それでもバーサーカーには命中した。
 ダメージは望めなくとも、気を此方に向けるには十分。

 暗い瞳が、ずるり、と此方を向いた。


「だ、誰だっ!?」
 さっきまでの高慢さはどこへ行ったのか、真っ先に慌てだす間桐慎二。
 場馴れしていないのだろう。やはり小物だ。

 その陣営と対照的に、此方を睨みつける鋭い眼光。
 隙あらば命を穿つその姿勢は、本物の魔術師の殺気。

「…アンタ」

 攻撃の矛先が私に向く前に、口早に説明する。

「合理的な判断を、ライダーのマスター。このまま攻め続けて、勝ち目でもあるの?」
 む、と、遠坂の顔が再三悔しげに歪む。
 ライダーが宝具でも使用しない限り、消耗は目に見えていた展開だ。
 けれども、二対一なら話は別。

 彼女の判断は迅速で、実に魔術師らしい。

「私としても、あの狂戦士には早い段階で退場を願いたい」
「…良いわ。バーサーカーを倒すまで、休戦してあげる」
「理解が早くて助かるわ」


「へえ、色男じゃないか」
「一見して豪奢な花だが…その刹那的な生き方は嫌いじゃないな、ライダー」

 サーヴァント同士は、相性が良いのか意気投合している。

「しかし…これはこれは、恐ろしいほどのもののふだな」
「言葉に説得力が無いね。随分と楽しそうじゃないか、あんたは」
「いやいや、恐ろしすぎて口元が引き攣っているのさ。では、」

 刃を翻すアサシン、再び拳銃を抜くライダー。
 東西の英霊が肩を並べる様は、まさに圧巻だ。

 それも、あの怪物にどこまで通じるだろうか。


「――死合おうか」

 消える影。閃く刃。爆ぜる火薬。

 英霊同士の衝突は、まさに戦争だ。
 突然と始まった戦の宴に、私もまた身を投じなければならない。


「…『前進を許さず』(ノックバック、オン)」

 回路に灼熱の魔力を通し、焦がしていく。
 掌の内に凝縮する、紫電の燐光。
 握り潰して、拳を別次元の存在へと昇華させる。

 見ている遠坂の目は、困惑と呆然。当然だろう、一般的な魔術の理とは一線を画すものだ。

「…アンタ、それどうすんの?」
「殴ってくる」

 遠坂が指した拳を掲げ、私は飛び出した。

「殴っ、って、ちょ、」


 背中に遠坂の叫ぶ声が届いた。
 けれど、説明は後でいくらでもできる。

 長刀を弾かれて後ずさるアサシンの背から、地面を這いずるようにして強襲。
 眼前に迫る、石斧。
 サーヴァント同士の戦いに突っ込んできたマスターなど、本来は良いカモなのだろう。

 けれど、遅い。
 アサシンの剣舞に比べて、理を失ったそれはただの暴力。
 身を更に屈めて、地面を滑るように進む。

 そのまま石斧の腹を殴り上げて軌道を反らし、その懐に。

「ふっ…!」

 ガドン、と、抜けた衝突音とともに、バーサーカーの巨躯がわずかに揺らぐ。
 弾けた魔力の衝撃は、拳銃など比にならないほどの威力のはず。

 しかし、無傷。
 まるで鋼鉄を殴っているような感覚、こちらの拳がおかしくなってしまいそうだ。とはいっても、

「…鉄板くらいの硬度なら、ブチ抜けるはずなんだけど」
「どちらがバーサーカーかわからないな――退け、マスター」

 瞬時に脚力を強化してその場を離脱。

 先程まで私が立っていた地面が、石斧の一撃で粉砕された。
 向こうが一瞬でも怯んでくれていなければ、持っていかれただろう。

 虫でも走っているかのように、背筋に怖気。
 震えだしそうになる体中の筋肉に喝を入れる。
 殺し合いをしているのだ、と、これ以上に無く実感する。


「何考えてんの!? アンタ、自殺志願者!? サーヴァント同士の争いに手を出すなんて…!」

 立ち戻れば、魔術弾で援護していた遠坂から説教を受けた。
 そんなこと言われたって、私にはこの拳しかないのだ。
 魔術弾での援護だって、彼女の威力や精度に比べれば足元にも及ばない。

 それに、これは私の性分だ。
 ちまちました攻撃は、どうも割に合わない。
 喜んでハイリスク、ばっちこいハイリターン。ノーペイン、ノーゲイン。


「は、ははっ…そんな攻撃が、バーサーカーに通じるかよ!」
 おそらくはこの場で唯一、私の行為を理解していない人物が、高笑う。
 魔術に素養のあるものなら、あの拳撃の危険性など見ただけで理解できるはずなのだけど。

 しかし、自分に酔った似非マスターは、思いもよらない発言を零す。


「なんたってバーサーカーは、十二の試練を越えた英雄だからな!!」


 『十二の試練』?
 その言葉に、私と遠坂は目を合わせた。

 あ、と、間桐慎二が口を押さえる。
 私の知る限り、その言葉と結びつく英雄は一人しかいない。
 それに、なるほど、彼ならば確かにバーサーカーとしての適性もあるだろう。

 ギリシア神話にその名あり。
 半神半人の豪傑、十二の功業を経て神の座まで上り詰めた大英雄。


「…へえ、まさかそのバーサーカーが」
 遠坂が不敵な笑みを浮かべ、慎二を挑発する。
 慎二は今にも爆発しそうなほどに頭に血を上らせているが、遠坂のソレは空笑いだ。

「べ、別に正体がわかったからって、ヘラクレスを倒せるワケじゃないだろ!」
「……」

 その通り。
 真名の攻略が、必ずしもその英霊の攻略に繋がるワケじゃない。
 もちろん、彼の愚行の極みによって、私たちが闇雲に突っ込むという可能性は消えたけれど。

 英霊同士にも、相性というものが存在する。
 慎二が強調した『十二の試練』という単語が、おそらくあのバーサーカーの切り札なのだろう。
 その逸話はおそらく、召喚に伴ってそのまま概念化している。それゆえの、あの耐久力だ。
 ライダーの拳銃も、アサシンの太刀も、私の渾身の殴打でも。その鎧には傷一つ与えられない。

 尋常じゃない耐久値なれば、取り得る選択肢は限られている。
 バーサーカーの逸話の概念よりも上位種の攻撃力を誇る宝具か、もしくは耐久値を度外視してダメージを与える呪術の類か。
 いずれにせよ、私たちが切れるカードには無い。

 まあ、あくまで「バーサーカーを倒すなら」だけれど。

 言い返せない此方側を見て、ややヒステリー気味に慎二が喚いた。


「ホラ、やれ! ブチ殺せ、バーサーカー!!」
「――■■■■ッッ!!!」

 呼応して猛る狂戦士。
 対してこちらは、旗色が悪い。


「…まずいわね」
「なに、面白い戦いではないか」

 凛の呟きに、呑気に返すアサシン。

「此方が死なない限り、延々と戦い続けられる…これほど滾る死合い、滅多にない」
「――いえ、戦いは終わるわ」
「は?」
「間桐慎二を行動不能にすればいいでしょう。簡単じゃない」


 呟いた私に、三人分の視線が突き刺さる。
 なんだろう、おかしなことを言ったつもりはないのだけれど。

 アサシンの視線は明らかに興醒め、ライダーは単純にビックリしている。
 そして遠坂は、

「…それしかないわね」
 苦々しげに、眉をしかめる。
 まるでその手が悪手だが、他に選択肢が無いから仕方なく、と言わんばかりに。
 あの手の男子は、彼女が最も苦手とするタイプだと思っていたのだが、躊躇いでもあるのだろうか。

 それでも、歴代の聖杯戦争でバーサーカーを呼びだした組の敗因は、いずれもマスター側の魔力の枯渇だった。
 どれほど強力なサーヴァントでも、依り代を失って限界し続けることは不可能。
 特に燃費の悪いバーサーカーは、マスターからの魔力供給無しには存在できない。

 先程から得意げに馬鹿笑いしているあの海藻男こそ、バーサーカーにとって最大の弱点。


「…別に殺すわけじゃない。ちょっと痛い目をみてもらうけど」
「ええ…お願い」

 念を押したが、凛は表情を変えない。
 が、やることは一緒だ。

 そう、別に殺すわけじゃない。


 手加減はしないけど。


「ライダー、バーサーカーを撹乱しなさい!」
「…アサシン、ライダーの援護を」

 飛び出す三つの影。

 遠坂の援護弾幕を背に受け、先駆けはライダー。
 背後の虚空から砲門を生み出した――彼女の宝具の一端か?

 ライダー陣営の一斉掃射、二倍になった弾幕を縫う影、アサシンは長太刀で足を狙う。
 効かないとは言っても、その巨人を足止めするにはそれで十分だ。

 ああ、十分だとも。

「ひっ……!」
 だらしなく悲鳴を上げた慎二の元に、強化した脚力で辿り着くまで二秒半。
 一度だけ振るわれた石斧も、二人の英霊に阻まれながらでは、私には追いつけない。

「何やってんだよ、バーサーカー!」


「うるっさい…!」


 頭蓋から右腕に駆け抜ける紫電。
 口煩い相手を黙らせるには、拳骨が一番だと昔から相場で決まっている。

 ヘラクレス用に強化したままだったが、構うものか。
 魔術の素人だろうが、クラスメイトだろうが、そんな場違いな言い訳で此方が許すとは努々思うな。
 聖杯戦争に参加したのであれば、私たちを殺すとまで吐き捨てたのであれば、


 ――そのくらいの覚悟は見せて、逝きなさい


 振り抜いた拳、めり込む肉の感触。
 喋る途中のその顎を、横から殴り飛ばす。

「げ、ぶゅっ……!!」

 潰されたカエルのような、醜い鳴き声。いや、肉の潰れる音だったかもしれない。

 衛宮士郎を殴った時とは異なる、確かな手応え、吹き飛ぶ男子生徒の体。
 放物線を描き、地面に落ちてなお、勢いを失わずにバウンド。
 そのまま派手に土煙を上げて転がる、間桐慎二『だったもの』。

 二、三度ばかりヒクヒクと痙攣していたが、やがて意識を失ったのか、動かなくなった。
 死んではいない。…たぶん。


 魔術障壁すら展開しなかった。やはりこちらも素人か。
 まあ、対サーヴァント用にまで魔力を込めた拳を、絶えた魔術家の子孫が防げるとも思わなかったけれど。

 でも、これでバーサーカーは、



「――夏奈っ!!」


 下の名を呼んだのは、遠坂の声。

 両親と魔術の師以外に、私を下の名前で呼ぶ人間はいないはずだ。
 それで事態の異常に気付けなければ、そこで私の聖杯戦争は、いや、生命ごと終わっていただろう。

 条件反射で動いた私の体の選択は、『避ける』ではなく『殴る』。
 振り向き様に当てもなく、ただ拳を振るう。

 衝撃で弾き飛ばされたのは、神秘を宿した岩塊。


 ゴ、と腕が弾かれて、爆風を体に叩きつけられる。


「~~~ッ…!!」

 冷や汗。
 一秒でも遅ければ、この体は■■されていた。

 対峙した時のプレッシャーは、人間では比にならない。
 当たり前だ、眼前に立つのは、神代を生き抜いた半神の英雄ヘラクレス。


「――■■■■ッ!!!」


 弾いた反動を利用して、再び石斧が振り下ろされる。
 理性を失った鈍重な一撃、避けるのも容易い、それをわかっていても足が竦む。

「解せぬな…何故、マスターを失ってそこまで動ける?」
「アサシン…っ」

 石斧を弾く長太刀。防ぐとはいかずとも、その軌道は歪み、目標である私の右足元に叩きつけられる。
 強化、強化、強化――離脱!
 一刻も早く、あの■■■から逃げなければ、この体は■■――思考が、間に合わない。

 遅れて援護に入ったアサシンの言葉は、私の疑問を代弁していた。

 慎二に与えたダメージは深刻なものだ。
 命を取らないと約束はしたが、しばらくは意識を取り戻せないはず。
 即刻とは言わずとも、バーサーカーのクラスなら魔力の供給不足で消滅するのが道理。


「…慎二はマスターじゃない」
 呟いた遠坂。
 その声音は、自分で吐いた言葉すら信じられない、そう言っていた。
「そうだったのね…間桐…!!」

「…よくわからないけれど、バーサーカーはまだ負けていない、という解釈で良いの?」

 十分な距離を取って、激昂に震える遠坂に尋ねれば、それでも頷きが返ってきた。
 ともなれば、拙い。


 唯一の弱点であるマスターが、弱点ではなかった。いや、マスターではなかった、というべきか。
 正規のマスターが、どこか別の場所に存在する。もしかしたら、此方の動きを監視していたかもしれない。
 拙いことだらけだ。
 その中でも一番は、私たちが結局現状でバーサーカーを倒す手段を持たないということ。

 ライダーの宝具なら或いは、とも考える。
 彼女の真名は定かではないが、ライダーとして現界している以上は強力な宝具を有しているはず。
 しかし、私がそれを遠坂に頼むことは出来ない。
 こちらの払う代価も無しに、無条件に向こうの切り札を使わせるなんて都合のいい話はない。


「…撤退しましょう」

 詰みだ。敗北を認めるしかない。

 悔しいけれど、今の私たちではあの大英雄――いや、怪物を倒すことは出来ない。

 遠坂は唇を噛んで、何かを堪えている。
 その感情を私が推し測ることは出来ない。

 ただ、だからと彼女を見捨てて、独り逃げ去る気にもなれなかった。

「……わかった」

 握りしめた拳から、血が滲んでいる。
 余程の怒りか、そして誰へ宛てたものか。
 それでも自分を律してくれた彼女の自制心に感謝し、私は先に校門へと駆け抜ける。


 追ってくる様子は無い。

 ただ既に焼き切れた理性が、獣の咆哮を上げていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。