二期初代4日目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【三日目終了時の状況】

【貴方】
貴方は、特殊な人脈を持つ家系に生まれ(特殊家系『0』)
魔術師としては少し劣る才能を持つ(素質『4』)
貴方は『ロビンフット』に【憧れ】を抱く【ハーフボイルド】だ

固有スキル
『未熟な信念』
【切札は自分のみ、他者を頼らない】と言う信念を持つ
同盟、一部の感情判定に-2補正

現在聖杯戦争に参加中 『アーチャー』を召喚
【死亡回数 1】


アーチャー『信頼』…共に戦う戦友
「これからも宜しく頼むぜ、旦那」

バゼット『愛情』…共に戦う戦友
「……その、いえ、なんでもありませんから」

『サーヴァント』
【アーチャー】草色の外套を羽織った青年
真名:ロビンフッド 宝具:祈りの弓(イー・バウ)
主人:【貴方】令呪使用回数:0

『敗退』
【アサシン】【バーサーカー】【ライダー】

『未登場』
【セイバー】【ランサー】【キャスター】

365 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 12:49:40.33 ID:EqOnVYMIo
四日目、朝

貴方は目を覚ますと視線を感じる

バゼット?
彼女が貴方を覗き見るように、視線を向けていた

バゼット「す、すみません……起こしてしまいましたか?」

貴方は首を降る
視線を感じ、起きたわけではない

アーチャー「お目覚めか、旦那」

タイミングよく、『アーチャー』が姿を表す
まるで起きるのを待っていたようだな、と貴方は思った

今日、貴方は

↓4

369 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/03/09(金) 12:53:25.90 ID:dsfElNoJo
策的

371 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 12:57:46.72 ID:EqOnVYMIo
貴方は索敵を行うことにした

貴方はにはいくつかの選択肢がある

1人で索敵を行えば、目立つことなく索敵を行えるだろう
バゼットと共に行えば、戦闘面では問題はない

『アーチャー』と行えばサーヴァントの気配を感知してくれる可能性がある
だが『相手も条件は同じだ』

2人に単独で頼む、というのもありだろう

貴方は

1.一人で
2.バゼットと
3.『アーチャー』と
4.その他

↓2

373 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/03/09(金) 12:58:43.34 ID:VWe4F/cIO
3

379 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 13:01:39.21 ID:EqOnVYMIo
貴方は『アーチャー』と共に索敵を行うことにした

アーチャー「じゃあ、早速打って出るとしますか」

『アーチャー』は霊化し貴方に続いた
『アーチャー』と共に何処へ行こうか?

自由選択
↓2

同時に判定

381 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:02:07.6 7 ID:l57F2ZTw0
新都

384 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 13:09:05.76 ID:EqOnVYMIo
『新都』 対象NPC??? 朝-1

381の判定にて
発見判定『6』

貴方が新都を歩いていると『アーチャー』が急に貴方に声をかけた

アーチャー「…おいおい、霊化を解いてるサーヴァントが居るぜ?」

貴方は『アーチャー』の指す方角に集中
居た、現代の洋服を着た少女と学生風の少年

少女からは、強い魔翌力を感じる

アーチャー「だが、此処じゃあドンパチ出来る雰囲気じゃねぇよな…?」

此処は街中、しかも朝方とはいえ人気は多い


貴方は

自由行動
↓4

388 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:11:09.54 ID:JQrwe8Vdo
森へ誘導

394 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 13:14:13.43 ID:EqOnVYMIo
貴方は、『森への誘導』を行う事にした

貴方「『アーチャー』、霊化を解除しろ」

貴方は『アーチャー』に対し、霊化の解除を命じた
一瞬でいい
一瞬、あの『サーヴァントが気付く程度に』

アーチャー「あいあい、了解だぜ、旦那」

貴方達は、路地裏へと歩みを早めると、『アーチャー』へパスを通し魔翌力を流す
『サーヴァントならば、感知できるだろう』『サーヴァントの気配』


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて成功判定 状況+1

395 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:15:16.9 3 ID:ngi6RL1ko
ほっ

401 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 13:18:44.45 ID:EqOnVYMIo
395の判定にて
成功判定『4』


その後、直ぐに移動を開始するが
先程のサーヴァントは追ってくる様子はない

アーチャー「……あれま、慎重なのか?」

アーチャー「それとも『戦える状況にない』…とか?」


その後、先程のサーヴァントを探してみたが発見できない
他の場所に移動したのだろうか?

昼、貴方の行動は?

自由

↓4

405 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:20:14.46 ID:l57F2ZTw0
バゼットと話す

406 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 13:24:46.34 ID:EqOnVYMIo
貴方は一度、拠点へと戻りバゼットと会話することにした

バゼットは、珍しくサロンで休憩をとっている
食事など数分で終える彼女が
ゆっくりと茶を楽しんでいる、と言う光景も珍しい

バゼット「私が休憩をしていてはおかしい、と言いたそうな表情ですね」

どうにも心を読まれた気がする

自由発言
↓3

409 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:26:24.72 ID:l57F2ZTw0
408

408 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) [sage]:2012/03/09(金) 13:25:52.18 ID:ENC+9C65o
一杯いただこうか

412 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 13:29:41.61 ID:EqOnVYMIo
貴方「一杯頂こうか」

貴方は、バゼットと同じ物を彼女に頼んだ

バゼット「……不慣れですが良いでしょう」

バゼット「貴方の分も用意してあげます」

その言葉の通りに、彼女は少し危ない手つきでティーセットを操り、貴方に紅茶を出した

バゼット「………」

どうにも感想が気になるらしい、彼女に美味しいと告げると
彼女は、一瞬目を見開き、口元を緩ませた


夕方、貴方の行動は?

↓4

416 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:30:48.86 ID:l57F2ZTw0
バゼットと索敵

418 : ◆8NYroe5tmA [sage]:2012/03/09(金) 13:33:33.13 ID:EqOnVYMIo
貴方はバゼットと索敵に向かう事にした

『アーチャー』には拠点の防衛を命じておく

バゼット「では、何処へ向かいましょうか?」

貴方は

自由選択
↓3

同時に判定

421 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:34:30.1 5 ID:VWe4F/cIO
みなと

424 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 13:40:25.23 ID:EqOnVYMIo
『新都』 対象NPC??? 夕方+1

421の判定にて
発見判定『6』

戦闘の気配を感じる
魔力がぶつかり合うような、圧力

バゼット「サーヴァント同士の戦闘でしょう」

片方に、貴方は見覚えがある
昼間見た、あのサーヴァント

同じく昼間見た少年を庇うように、前へと踏み込んだ

??「―――『セイバー』ッ!」

セイバー「……大丈夫です、振りな状況であろうと遅れは取りません」

その相手をするのは蒼い槍兵
紅の槍を構えた槍兵は、苦虫を噛み潰したような表情で槍を振るう
きっとアレは『ランサー』か

ランサー「悪いな、『セイバー』、どんな状況だろうと戦いは戦いだ」

『ランサー』のマスターらしき男の背後に居るのは…数人の少年?


貴方は

1.『セイバー』に加勢 +?
2.『ランサー』に加勢 +?
3.傍観 +?
4.この場を去る +?

↓3

427 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:41:53.8 4 ID:VWe4F/cIO
3

430 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 13:49:08.17 ID:EqOnVYMIo
メインヒロイン(笑)さん助けてあげてよ!

行動『傍観』 状況+1 鯖なし+1

427の判定にて
成功時判定『6』

貴方は様子を伺うことにした

『セイバー』は防戦一方
『ランサー』の素早い突きをなんとか捌いてはいるが
いつまで持つのだろうか?

??「『ランサー』、もうやっちゃよ!」

『ランサー』のマスターがまるで劇を見る客の様に叫ぶ

ランサー「……ああ、その心臓を貰い受ける」

直後の書き込みにてコンマ判定
5以上で成功 幸運-1

但し、令呪消費にて妨害可能

431 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 13:49:30.3 4 ID:JQrwe8Vdo
ほい

433 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 13:50:29.55 ID:EqOnVYMIo
やっぱり即死(笑)技か

436 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 13:56:01.20 ID:EqOnVYMIo
430の判定にて
成功判定『3』

穿つ紅槍、放たれる真名

ランサー「――刺し穿つ、死棘の槍(ゲイ、ボルグ)ッ!」

放たれたのは呪いの紅槍
かの英雄の象徴たる投擲槍

ランサー「……なんだと、貴様ッ!」

だが、『表情を変えたのはランサーの方だった』

セイバー「……なるほど、その槍」

セイバー「その名も知れたな、番犬」

『セイバー』は槍による一撃を受けた、だがそれは軽く肩を切り裂いた程度
必殺の一撃を回避したのか


貴方は

1.『セイバー』に加勢 +?
2.『ランサー』に加勢 +?
3.傍観 +?
4.この場を去る +?

↓3

439 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/03/09(金) 13:57:09.7 7 ID:X6fHj7nAO
3

442 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 14:05:18.39 ID:EqOnVYMIo
行動『傍観』 状況+1 鯖なし+1

439の判定にて
成功判定『8』


なるほど『ランサー』の真名が貴方にもわかった気がした
もう少し、情報を集めてみることにする

??「……『セイバー』」

セイバー「わかっています、退くことは出来ない」

『セイバー』は剣を構え直す

セイバー「『ランサー』、次はこちらがこの剣にて名乗ろう」

輝く聖剣が魔力を集める、その黄金の輝きが――

直後の書き込みにてコンマ判定
5以上で成功 状況+1

但し、令呪消費にて妨害可能

443 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:06:16.8 0 ID:JQrwe8Vdo
ほい



444 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:06:21.4 0 ID:3SvpBTmJo
えい

445 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/03/09(金) 14:06:25.5 9 ID:7CMD0wYt0

446 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:06:44.4 9 ID:l57F2ZTw0
逝ったwwwwwwwwwwwwwwwwww

447 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:06:47.5 0 ID:JQrwe8Vdo
ランサーが死んだ!

450 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:07:23.98 ID:l57F2ZTw0
443-447のコンマwwwwww

451 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/03/09(金) 14:08:12.38 ID:dsfElNoJo
443-447
こ れ は ひ ど い

452 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 14:08:20.45 ID:EqOnVYMIo
ランサーェ……

453 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:09:39.12 ID:QhCHt3gUo
まぁ兄貴だから

454 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/03/09(金) 14:11:41.20 ID:4jM8Cde70
そしてやっとまともに活躍出来た青セイバーさん



456 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 14:14:34.58 ID:EqOnVYMIo
443の判定にて
判定『0』

その輝く黄金の聖剣
龍の息吹を思わせる一撃が、振り下ろされる

ランサー「……悪くねぇ死合だった」

光の奔流に飲まれる『ランサー』とそのマスター
人質だった少年たちを残せば、『セイバー』とそのマスターだけが戦場に立っている

??「『セイバー』、大丈夫?」

セイバー「はい、大丈夫です、ハクノ」

セイバー「魔力が心もとないが、休めば問題はない」

貴方は

自由行動
↓5

反応あり
補正はこちらの判断で

462 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:16:25.56 ID:JQrwe8Vdo
様子見
人質の扱いによっては奇襲をかける

471 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 14:23:37.89 ID:EqOnVYMIo
貴方は、様子見に徹することにした

白野「……どうすればいいんだろう、この子達」

白野、と呼ばれた少年は、少年たちを見つめながら嘆息

セイバー「そんな顔をする必要はありません、ハクノ」

セイバー「貴方は、誇れることをした、そう思います」

『セイバー』はその少年に手を差し出す

セイバー「大丈夫です、安心して下さい」


『セイバー』達が子供たちに危害を加える様子はない

『奇襲』を行う?

1.YES
2.NO

↓3

474 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:24:21.66 ID:3SvpBTmJo
1

482 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 14:48:54.64 ID:EqOnVYMIo
474の判定にて
奇襲判定『6』

貴方は、『セイバー』に奇襲を仕掛けることにした

先陣を切るのはバゼット
『セイバー』目掛け、吶喊するとその鎧ごと、殴り倒す

セイバー「―――なッ!」

蜘蛛の子を散らす、と言った具合に、少年たちは恐怖からか走り去っていく
子供に用はない、用があるのは、目の前のサーヴァントとマスターだ

貴方は

1.攻撃 +?
2.防御 +?
3.逃走 +?
4.自由 +?

↓4

486 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:50:36.1 3 ID:3SvpBTmJo
1

490 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 14:55:20.21 ID:EqOnVYMIo
行動『攻撃』 +1

486の判定にて
成功判定『4』

貴方達は攻勢に移る
バゼットを率い、前に出るが、その攻撃は『セイバー』によって打ち崩される

セイバー「――甘い!」

戦闘や宝具で消耗しているとはいえ、敵は『英霊』
人間が真っ向勝負で敵う相手ではない
『バゼットは、英霊との戦闘は可能でも、勝利は難しいだろう』
『奥の手を使う以外では』

押される、押される
なんとか凌いでみせるが、それでも劣勢

貴方は

1.攻撃 -?
2.防御 +?
3.逃走 -?
4.自由 

↓3

493 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 14:56:05.7 3 ID:DuAf5OMDO

498 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 15:01:50.99 ID:EqOnVYMIo
行動『防御』 +0

493の判定にて
成功判定『3』

貴方達は、防御に徹した

『セイバー』の攻めは加速する
連撃、連撃、連撃

ルーンによって強化されたバゼットの拳であっても
ソレを完全に捌ききるのは、不可能

少しづつ少しづつ、消耗していく貴方達

だが『これで良い』『このまま、粘れば良い』

『相手の奥の手はもう見ている』『タイミングは掴めただろう?』


あの、黄金の聖剣が、大きく振りかぶられる
繰り出されるは、あの一撃か


直後、判定
偶数『成功』 奇数『失敗』 

499 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 15:02:43.9 6 ID:ngi6RL1ko
こいっ!

501 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 15:03:30.32 ID:EqOnVYMIo
何で成功させるんや……

くそ、アチャだったら負けてたのに…

509 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 15:12:33.20 ID:EqOnVYMIo
499の判定にて
成功判定『6』

セイバー「約束された―――」

聖剣の輝きが解き放たれる、その瞬間


―――後より出でて先に断つもの(アンサラー)

バゼットがそう呟いた
確信する勝利

中を浮く球体、それが走り抜け
『後から動き出したバゼットの攻撃が何故か先にセイバーを射ぬいている』

バゼット「斬り抉る戦神の剣(フラガラック)ッ!」

まさに、名は体を表す
まさに『後より出でて先に断つもの』
カウンターの極み

フラガが神代より受け継いだ、宝具


バゼット「……私の、いえ、私達の勝利です」

霧散する黄金の魔力

呆然とするマスター
何が起きたのか、理解が追いついていないのだろう

貴方は

1.協会での保護を提案
2.始末する

↓3

512 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 15:13:35.03 ID:JQrwe8Vdo
1

515 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 15:18:07.82 ID:EqOnVYMIo
貴方は、マスターに対し、教会での保護を提案した

嘆息をする
ああ、そう言えばこの場の処理を行うならば
あの子供たちへの記憶操作も行わなければ…

バゼット「……貴方があんな行動を取るからでしょう」

確かに、考えが及ばなかった

バゼット「まだ近くに居ます、早く向かいましょう」

1.記憶処理を行う(夜行動消費)
2.行わない

↓3

518 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/03/09(金) 15:18:55.80 ID:VWe4F/cIO
1

523 : ◆8NYroe5tmA [saga]:2012/03/09(金) 15:22:30.40 ID:EqOnVYMIo
貴方は、子供たちの記憶処理を行うことにした

白野「……俺は、教会へ行くよ」

貴方は頷いた
それが良い、無駄に命を散らす必要はない

それだけ告げると、貴方は子供たちを追って走りだした

なんとか全ての子供達の記憶処理を終える頃には、夜が更けていた


【四日目、終了】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。