五代目3日目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【二日目終了時の状況】



【貴女】

貴女は、衛宮切嗣の娘、として生を享け(特殊家系『8』)
魔術の才に溢れ、特殊な魔術刻印を受け継いでいる(特殊素質『9』)

現在聖杯戦争に参加中『ライダー』を召喚
【死亡回数 2】

『安価判定』
1…ファンブル 2~3…失敗 4~5…成功
6~8…成功(大) 9…クリティカル 0…特殊判定(クリティカル)
(素質判定によって割合が変化します 素質『9』)

衛宮 士郎 『信頼』…兄であり弟
?? ?? 『喪失』…愛する母
衛宮 切嗣 『喪失』…愛する父
間桐 桜 『友好』…可愛らしい妹分
遠坂 凛 『友好』…同級生で管理者


『サーヴァント』

【ライダー】バイザーで視界を封じた妖艶な女性
真名:メドゥーサ 宝具:「騎英の手綱(ベルレフォーン)」他
主人:【貴女】令呪使用回数:0

【アーチャー】赤い外套の東洋風の男
真名:不明 宝具:不明
主人:不明 令呪使用回数:0

【ランサー】金の鎧と赤い外套の男
真名:不明 宝具:不明
主人:不明 令呪使用回数:0

【バーサーカー】白いドレスの女
真名:不明 宝具:不明
主人:【白い少女(イリヤ)】 令呪使用回数:0

『未登場』
【キャスター】【セイバー】【アサシン】

473 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/11(金) 23:42:58.27 ID:BqDvmVGDo
三日目、朝

今日の朝も台所から食事の準備の音が聞こえる
貴女は身だしなみを整えて居間に向うことにした

今日の朝食は

1.士郎の和食
2.桜の洋食
3.虎のお好み焼き丼
4.自由安価

下4

477 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(関西地方) [sage] 投稿日:2011/11/11(金) 23:43:41.97 ID:+5+7AUruo
1

485 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/11(金) 23:54:00.18 ID:BqDvmVGDo
今日の朝食は、士郎の作った和食のようだ

桜が皿を並べ、士郎が料理を運ぶ

士郎「おはよう」

桜「おはようございます」

貴女も挨拶を返し、席についた
やはり美味しい
これだけ手間がかかった料理を毎日食べていると、舌が肥えて困るな、と貴方は悩む

今日、貴方は

1.学園に向うことにする
2.休む

安価
下3

488 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(神奈川県) [sage] 投稿日:2011/11/11(金) 23:54:23.91 ID:JS6+MXZco

491 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/11(金) 23:59:24.33 ID:BqDvmVGDo
貴方は学園に向かい、授業を受ける
遠坂 凛も学園には着ているようだ

昼休みになった

貴方は

1.士郎と食事
2.一人で食事
3.桜と食事
4.凛と食事
5,士郎と桜と食事
6.自由行動

安価
下3

494 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(関西地方) [sage] 投稿日:2011/11/11(金) 23:59:44.44 ID:+5+7AUruo
4

498 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:04:41.80 ID:MqUPoFk4o
貴方は、凛を食事に誘うことにした

凛「…珍しいですね、衛宮さんから誘ってくださるなんて」

凛は少し驚いたようなそんな表情をする

凛「そうですね」


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて凛感情判定

499 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(関西地方) [sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:04:59.3 8 ID:irYAHABEo
どないや

507 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:11:55.84 ID:MqUPoFk4o
499の判定にて
感情判定『8』

凛「いい場所があるんです、一緒に行きませんか?」

貴方は凛の誘いを受け、屋上に向うことにする


凛「……まさか、学園にマスターが居たなんてね」

貴女は内心、驚いていた
上手く隠していたつもりだったが
そう言えば今も霊化しているとはいえ『ライダー』を連れえている、そのせいか

凛「衛宮さんは魔術師だったのね、なら……」

凛は少し、考え込んでいる
貴方は、此処で戦闘を行うのは危険だ、と告げる

凛「わかってるわよ、仮にもこの街の管理者よ?」

それにしても、いつもと性格が違う気がする…?

凛「今は見逃してあげる、戦う気がないなら令呪とサーヴァントを放棄して協会に逃げこみなさい」


凛に忠告を受けてしまった
それにしても、名家の魔術師としては甘い考えだ、と思ってしまう


学園が終わった

貴方は

1.学園に残る
2.郊外の森に向う
3.商店街に向う
4.自由行動

安価
下3

510 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(長屋) [sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:12:36.00 ID:XAMKaors0

518 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:17:42.75 ID:MqUPoFk4o
貴方は、商店街に向う

士郎は生徒会の用事、桜は部活
貴女だけ予定がなく暇を持て余していた

その為、商店街をぶらつく事にした


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて発見判定 状況判定-1

519 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:17:49.8 3 ID:ugDSwlRno
せい

526 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:19:47.85 ID:MqUPoFk4o
519の判定補正-1にて
発見判定『2』

食材は家に豊富にあり
服は多く持つ性分でもない、本も欲しいものは全て購入済みだった

貴女は商店街を去ることにした


もう夜が更ける

貴女は

自由行動安価
下4

530 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(愛知県) [sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:20:34.16 ID:gLgTj0DPo
いえにもどる

541 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:24:47.10 ID:MqUPoFk4o
貴女は、家に戻ることにした

家にたどり着くと違和感を感じる
この時間なのに、電気がついていない?

貴女は妙な焦りを感じた
昨晩、発見したはずだ士郎の手に令呪を

直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて士郎生存判定

542 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(長屋) [sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:24:51.1 9 ID:XAMKaors0
頼むぜ

552 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:27:23.27 ID:MqUPoFk4o
542の判定にて
生存判定『9』クリティカル

貴女が学園に向かおうと反転するとそこに居たのは士郎だった

士郎「悪い、一成の家でお茶をご馳走になってたら遅くなった」

心配させるな、と貴女は士郎の胸を叩く


さて、貴女は

自由行動安価
下3

555 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(関西地方) [sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:27:54.21 ID:irYAHABEo
サーヴァント召喚を提案

566 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:33:41.00 ID:MqUPoFk4o
貴女は、士郎にサーヴァント召喚を提案した

士郎「…サーヴァント」

貴女は頷く
自分が使った魔方陣もある
触媒は、用意できないが
士郎の素質ならば、決して反英霊は召喚されないだろう、と貴方は告げた

士郎「そうだな、わかった」

士郎が、今晩召喚を行う事になった


士郎が召喚したサーヴァントは

1.金髪蒼眼の青の騎士
2.豪華絢爛の赤の騎士
3.自由安価

安価
下5

571 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(愛知県) [sage] 投稿日:2011/11/12(土) 00:33:56.50 ID:gLgTj0DPo
1

602 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:43:51.97 ID:MqUPoFk4o
??「――問おう、貴方が私のマスターか?」

澄んだ、声がその場に響く

セイバー「サーヴァント『セイバー』、召喚に従い参上した」

セイバー「これより我が剣は貴方と共にあり、我が運命は貴方と共にある。」


―――ここに契約は完了した


士郎「えっと、『セイバー』で良かったか?宜しく」

セイバー「はい、宜しくお願いします、マスター」

士郎「…マスターって言うのは慣れないな、名前で良い、俺は衛宮 士郎」

セイバー「では、シロウと」

契約は滞り無く完了したようだ

セイバー「では、シロウ1つ質問が」

セイバー「…そこにいるマスターとサーヴァントは何なのでしょうか?」

睨まれる貴女
確かに、サーヴァントからすればそうだろう
『ライダー』はどう思っているのだろうか?


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて『ライダー』十の位にて『セイバー』感情判定
『ライダー』のみ補正+1

603 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(大阪府) [] 投稿日:2011/11/12(土) 00:43:55. 44 ID:LE6ikZso0
588
史実ならジル・ド・レ元帥は槍の扱いに長けてたらしいからランサーで

621 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/12(土) 00:50:16.65 ID:MqUPoFk4o
603の判定にて
ライダー『5』 セイバー『4』判定


士郎が、慌てたように説明する

士郎「いや、俺の妹みたいなもので同盟を組んでるんだ」

そんなに慌てなくても、問題はないだろう、と貴女は思うが
『セイバー』の視線は鋭いままだ

セイバー「…シロウがそう言うのでしたら」

だが、納得はしてくれたようだ
『ライダー』はどうだろうか?霊化した彼女に問いかけてみる

ライダー「問題ありません、私はマスターの為に戦うだけですから」

その後、士郎とお互いのサーヴァントの情報を教えあおうとしたが
『セイバー』に拒否されてしまった
そのせいか、士郎すら、彼女の真名も宝具も知らぬままだ


【三日目、終了】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。