五代目数年後


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【数年後】



907 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/23(水) 23:43:34.91 ID:NDSnkevUo
士郎の髪はすっかりと白くなってしまった
それを貴女は指摘した

士郎「それはこれで気に入ってるんだ」

士郎「イリヤの髪みたいな綺麗な銀髪じゃないけど」

士郎「それなら兄弟に見えないか・・・って見えないよな」

『ライダー』がくすくすと小さく笑った

ライダー「貴女と私は兄弟に見えないと士郎は言いたいようですよ?」

士郎「いや、そういう意味じゃなくてだな」

イリヤ「お兄ちゃんは、イリヤだけのお兄ちゃんなんだから」

イリヤは誇らしげに、胸を張った
だがそれでも良い

貴女「じゃあ、私は士郎のお嫁さんで良いです」

イリヤ「ずるい!ずるーい!」


【衛宮 士郎 四人兄弟ED】


909 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/23(水) 23:44:19.22 ID:NDSnkevUo [48/51]
―――――――――

―――――――

―――――

―――



不思議な夢を見た


ジャンヌ「まるで、聖杯戦争の続きがあったかのような、ですか?」

貴女は、何も無い空間でジャンヌと共に居た

921 名前: 1 ◆8NYroe5tmA [saga] 投稿日:2011/11/23(水) 23:45:39.14 ID:NDSnkevUo
…だが、この先に貴女はたどり着く事が出来ない

聖杯を得るには貴女は、力不足だった
奇跡は一度しか起きない


一度破れた者に、聖杯は相応しくはない


世界は炎に包まれた
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。