六代目6日目-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【五日目終了時の状況】

【貴女】
真名:メディア 宝具:破戒すべき全ての符(ルールブレイカー)
主人:【衛宮 士郎】令呪使用回数:0

【固有スキル】
『道具作成』
一日に一度自由安価にて『道具作成』を使用可能
その後、戦闘判定にてファンブルになった時+1補正

『陣地作成』
拠点にいる場合、奇襲補正を0
そして、戦闘判定を常に+1補正

『衛宮 士郎』の呼び声に答え、召喚に応じる
【死亡回数 2】

『安価判定』
1…ファンブル 2~3…失敗 4~6…成功
7~8…成功(大) 9…クリティカル 0…特殊判定(クリティカル)

衛宮 士郎 『信頼』…我が願い
遠坂 凛 『険悪』…優秀そうな魔術師


『サーヴァント』

【キャスター】紫のローブの女
真名:メディア 宝具:破戒すべき全ての符(ルールブレイカー)
主人:【衛宮 士郎】令呪使用回数:0

【ライダー】筋骨隆々な髭面の男
真名:イスカンダル 宝具:不明
主人:【イリヤ】令呪使用回数:0

『敗退』
【ランサー】【アーチャー】【バーサーカー】【セイバー】

『未登場』
【アサシン】

127 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 13:24:44.95 ID:KQa2i++wo
ジャンヌ「再開する場面をお選び下さい」

1.直前(『vs征服王』より)
2.その日の朝より(『魔力不足の朝』より)
3.サーヴァント選択より
4.キャラ製作より

安価
下3

130 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 13:25:13.34 ID:PSKu0Mlko
2

133 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 13:26:21.39 ID:KQa2i++wo
六日目、朝

今日は少し士郎が起きるのが遅れている
貴女はそんな事を考える

魔術の使用と、貴女の戦闘による魔力消費により供給魔力の増量
彼は今魔力が足りず、疲労を感じているのか

士郎「悪い、少し寝坊した」

そんな事を考えているうちに、彼は居間に現れる
やはり、魔力が足りていないようだ
こちらに流れてくる魔力量も少ない
連日連戦、と言うのは彼にもつらいものがあったか


貴女は

1.士郎の魔術について話してみる
2.士郎の体調について話してみる
3.朝食のメニューについて話してみる
4.自由安価

安価
下4

137 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 13:26:53.37 ID:PSKu0Mlko
2

141 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 13:28:54.58 ID:KQa2i++wo
貴女は料理をつくろうとする士郎の手を止めさせ、体調を問う

士郎「ちょっと体が重いけど、大丈夫だ」

嘘は言っていないのだろう
本心からそう思っている
彼は初めから自分を労る、なんてことはしなかった

貴女は、嘆息する
慣れてはきたが、ついてはいけない

キャスター「魔力不足なんでしょう?寝ていなさい」

士郎「……『キャスター』にはバレてたか」

困った、とでも言いたげに士郎は苦笑した
学園に居るマスターは排除したが、今日は家に居たほうがよさそうだ



自由安価
下4

145 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 13:30:04.09 ID:Gg0X1GU3o
魔翌力不足を補う方法を考える

149 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 13:36:28.12 ID:KQa2i++wo
貴女は魔力不足を解消する方法を考える

高名な魔術師たる貴女は、いくつかの方法を思いついた
大掛かりな準備をする時間がない今
最も効率がいいのは…


1.人喰い
2.他の男に抱かれる
3.自由行動

安価
下3

151 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 13:37:32.58 ID:p6l0/ETIO
龍脈の付近で休憩

152 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 13:37:37.88 ID:PSKu0Mlko

169 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 13:49:12.14 ID:KQa2i++wo
貴女は、マナの濃い場所に移動し、魔力を回復しようと考えた


周囲の魔力の流れを確認し、目的の場所を探る
見つけた、充分にマナが満ちた場所

そのある程度の位置を士郎に告げ、向うべきだ、と進言した

士郎「…それって」


1.柳洞寺か?
2.冬木中央公園か?

安価
下4

173 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(東京都) [sage]:2011/11/18(金) 13:49:58.67 ID:Ns4aspLp0
2

177 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 13:55:27.10 ID:KQa2i++wo
士郎「…冬木中央公園か?」

士郎の表情が強張っていた
貴女はあの夢を思い出す、そうかあそこは

士郎「よし、じゃあ行くか『キャスター』」

士郎「食事は…折角外に出るんだ、外食でいいか?」

貴女は、頷くしかなかった


公園にたどり着くと士郎は何も言わず、ベンチに座り込んだ

貴女は

1.士郎の願いについて、話し掛ける
2.黙ったままだ

安価
下3

180 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 13:56:13.54 ID:p6l0/ETIO
1

182 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 14:02:05.13 ID:KQa2i++wo
キャスター「貴方は…」

キャスター「貴方は、やり直したいとは思わないの?」

つい、その言葉が口から漏れ出してしまった
士郎は驚いたように、貴女を見つめる

士郎「…そうか、見えていたのは俺だけじゃなかったのか」

貴女はその口ぶりで理解する
見えていたのはこちらだけではなかったようだ
それは貴女にとって恐怖を感じる言葉だった
だが、士郎はそれでも拒絶などしなかった

士郎「悪い、勝手に見るつもりはなかったんだ」

貴女は良い、と首を振った
こちらも見てしまったのだ
それに自分の過去を見ても、自分を士郎は拒絶しなかった
それが嬉しい、と思ってしまう

士郎「…やり直ししたくはないのか、か」

185 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 14:08:59.19 ID:KQa2i++wo
士郎「そうじゃない、と言ったら嘘になる」

士郎「でもいらない、そんな事は、望めない」

貴女は、何故と問う
聖杯はそれを可能にするはずだ

士郎「それでも、やり直しなんてできない」

士郎「死者は蘇らないし、起きた事は戻せない」

士郎「そんなおかしな望みは持てない」

彼は言い切った
前と同じく、聖杯などいらない、願いはない、と

士郎「今までの自分は間違っていなかったって信じてる」

士郎「置き去りにしてきたモノの為にも、自分は曲げられない」

士郎は少し間をおいて

士郎「それにさ」

士郎は少し頬を赤く染め

士郎「…それだと『キャスター』に出会えないだろ」

そんなセリフを呟いた

衛宮 士郎『愛情』を入手



貴女は、公園を後にする
魔力はあまり補給出来なかったが
士郎が安静にしていたせいだろう、士郎の魔力量は多少は回復をしていた


夕方、貴方の行動は

自由行動安価
下4

189 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(兵庫県) [sage]:2011/11/18(金) 14:10:46.68 ID:zARmhvFeo
道具作製

191 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 14:11:56.59 ID:KQa2i++wo
既に、『道具作成』のストックがあるため

最安価
下3

194 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 14:13:06.64 ID:PSKu0Mlko
家で襲撃に備える

198 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 14:15:27.21 ID:KQa2i++wo
貴女は家に戻り、襲撃に備える

残すサーヴァントには『アサシン』が居る

マスターの天敵、とまで言われるそれ
こちらのマスターは未熟な魔術師だ
アレを撃退するには感知系の結界がある拠点でなければならない

それでも、必ず勝てる、とは言えないのだが


夜になった
貴女は

自由行動安価
下4

202 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/18(金) 14:16:40.74 ID:p6l0/ETIO
士郎に料理を教わる

205 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/18(金) 14:20:51.57 ID:KQa2i++wo
それは、士郎からの提案だった

士郎「慣れていないなら、使い方教えようか?」

貴女が魔術でコンロに火を灯そうとした時に士郎はそう言った

士郎「そうだよな、『キャスター』が使えるわけないか」

貴女は、少し膨れてみせる
侮辱されたような気持ちになった

士郎「いや、そういう意味じゃないんだ」

士郎「今でも美味いから、道具を使いこなせればもっと美味くなる…と思う」

貴女は頷いてみせた
士郎の横で料理を作る、と言うのも悪いものではない、そう感じたから


【六日目、終了】

第六次聖杯戦争
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目-1 -2 7日目 8日目 数週間後
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。