七代目8日目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【七日目終了時の状況】

【貴女】
貴女は、一般的な家庭に育ち(家系『2』)
自身の持つ特殊性に気付き、魔術師を志した(素質『0』)
現在は『心の鎧』を纏っている

【固有スキル】
『心の鎧』
闘判定時補正-1まで無効にする
ただし感情判定で常に補正-2

『ノックバック』
戦闘中、成功(大)後の判定に状況補正+1が必ず付加される
(クリティカルを含む)

現在聖杯戦争に参加中『アサシン』を召喚
【死亡回数 2】

アサシン『信頼』…飄々とした戦友
衛宮士郎『敵対』…分かり合えない同級生
間桐 雁夜『喪失』…約束は果たした
遠坂 凛『絆』…魔術師の友達

『安価判定』
1…ファンブル 2~3…失敗 4~6…成功
7~8…成功(大) 9…クリティカル 0…特殊判定(クリティカル)
(素質判定によって割合が変化します 素質『0』)


『サーヴァント』

【アサシン】紫の紺色の陣羽織の男
真名:佐々木小次郎 宝具:―
主人:【貴女】令呪使用回数:0

【ライダー】顔に傷のある二挺拳銃の女
真名:不明 宝具:不明
主人:【遠坂 凛】令呪使用回数:0


『敗退』
【セイバー】【ランサー】【バーサーカー】【アーチャー】【キャスター】

26 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 21:14:19.30 ID:NDSnkevUo
八日目、朝

貴女は身体のダルさを感じていた
そう言えば、ここ連日連戦に次ぐ連戦だった

アサシン「一つの死合いに掛けるもいいが」

アサシン「休む暇なく敵が現れる、というのもまた一興」

『アサシン』は満足そうにしている
貴女も体調不良を戦闘に影響させるつもりは毛程もないが

今日、貴女は

1.学園に向う
2.拠点に残る
3.自由行動

安価
下3

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(愛知県) [sage]:2011/11/23(水) 21:14:41.75 ID:pTMeWI7Ao
1

38 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 21:16:52.38 ID:NDSnkevUo
貴女は、学園に向うことにする

最後のマスター、凛も学園に向うはずだ
ならば、貴女もそうする事にした

午前中は特に何も起きず、平和に授業を受ける

昼休み、貴女は

1.凛を探す
2.探さない

安価
下4

42 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/23(水) 21:17:13.83 ID:n1DwYO8Jo
2

55 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 21:19:58.61 ID:NDSnkevUo
貴女は、凛を探すことはなかった

もう、凛と貴女は敵同士だ
『バーサーカー』を相手するわけでも桜を救うわけでもない

ならば、言葉は必要ない
きっと、凛は夜に……



貴女は、午後の授業も普段通りに過ごす

そして夜が更ける
貴女は

1.学園に向う
2.拠点へ戻る

安価
下4

59 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(関西地方) [sage]:2011/11/23(水) 21:20:13.06 ID:aEgg87kio
1

77 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 21:23:07.36 ID:NDSnkevUo
貴女の予想通り、夜のグラウンドに凛と『ライダー』の姿があった

凛「言ったわよね、戦うなら容赦はしない」

貴女は頷く

貴女「こっちも容赦はない」

アサシン「さあ、始めようか」

アサシン「美しい花が3つも並んでいる」

アサシン「それに、今宵の月も綺麗だ」



直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて戦闘判定

78 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(長屋) [sage]:2011/11/23(水) 21:23:10.9 8 ID:w+xbAgiS0
頼む!

104 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 21:30:54.84 ID:NDSnkevUo
78の判定にて
戦闘判定『8』 ノックバック発動


貴女は、凛へ
『アサシン』は『ライダー』へ向け走り出す

凛「――ビンゴ、そう来ると思ってたわ!」

凛は山なりに宝石を投げる
それが地面に落ちると、そこから魔術の爆発が連鎖し貴女に向う
炎が風で舞い上がる

凛「スタングレネード!エアグレネード!」

だが、その爆発を貴女は飛び越える

凛「――なんて出鱈目よ!」

貴女の拳を至近距離の魔術によってなんとか凛は防いた



アサシン「…ふむ、鉄砲というやつか」

アサシン「燕よりは早いが、直進するだけではな」

『アサシン』の刀が『ライダー』の銃弾を弾き飛ばす

ライダー「そう来なくっちゃ!」

徐々に攻め込まれる『ライダー』だが、その表情は喜びに満ちていた

ライダー「さあ、もっと派手に行くよ!」


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて戦闘判定 ノックバック+1

105 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(東京都) [sage]:2011/11/23(水) 21:30:57.0 1 ID:FNmhosbMo
hey

127 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 21:38:33.32 ID:NDSnkevUo
105の判定補正+1にて
戦闘判定『2』

もう一度、走り距離を詰め、格闘戦に移行する
共闘した時に確認した
凛は遠距離戦を得意とする魔術師だ

凛「内蔵、一発ッ!」

油断したのか、凛の拳が貴女の腹部に突き刺さる
いや、違う
これは鍛錬した人間の拳だ

凛「…魔術師だから、格闘は無理だと思ったかしら?」

やられた、彼女も格闘戦の心得があるようだ

凛「手ェ抜いたら、ケガじゃ済まないんだからね」


ライダー「行くよ、砲撃よーい、藻屑と消えな!」

アサシン「――なんと!」

『アサシン』の前に現れたのは巨大な砲台
そこからは放たれた銃弾は、刀で弾けるわけもなく
『アサシン』は後方に数歩下がる

アサシン「一筋縄では、行かないようだな」



直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて戦闘判定

128 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) [sage]:2011/11/23(水) 21:38:35.3 9 ID:5BhE4Qj40
a

164 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 21:53:25.11 ID:NDSnkevUo
128の判定にて
戦闘判定『9』クリティカル ノックバック発動

貴女にもう油断はない
渾身の魔力を両拳に込め、凛に立ち向かう

凛「腕に7つもサファイヤ使ってるのに、同等だなんて…」

凛「それに防御用のルビーも全部ダメになっちゃったじゃない」

こちらも驚いていた
魔術師同士で殴り合いを興じるとは…
だが負けられない

宝石魔術と格闘の両立は素晴らしい

だが貴女はこれだけを鍛えてきた
それが、破られてたまるか


アサシン「鉄砲、というのにもそろそろ飽いた」

アサシン「主人は危なっかしいのでな、様子を見に行かねば

アサシン「そろそろ、決めさせてもらう」

『アサシン』の構えが変わる
摺足も止まり、視線は『ライダー』を射抜く

ライダー「良いねぇ、一切合切使って受けてやるよ!」


直後の書き込みにてコンマ判定
一の位にて戦闘判定 ノックバック+1

165 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です)(東京都) [sage]:2011/11/23(水) 21:53:27.5 5 ID:FNmhosbMo
つレベル5デス

206 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 22:05:35.64 ID:NDSnkevUo
165の判定補正+1にて
戦闘判定『6』



『アサシン』は佐々木小次郎を超える


すり抜けるように『ライダー』の横を駆け抜け
すれ違いざまに一太刀
背後より、神速の六連撃が『ライダー』を切り裂いた

アサシン「――秘剣、燕舞」

そして、自身の斬撃により作り上げた相手の隙へと
燕返しの三撃が吸い込まれるように、放たれた

ライダー「こりゃ……いいの貰っちまったみたいだね……」

アサシン「一念鬼神に通じる、人の身と侮ったな」

アサシン「人の身で作り上げたこの秘剣、だからこそ面白いであろう?」


貴女は、真っ直ぐ凛へと向かっていく

凛「これで、決める!」

凛の切り札は宝石魔術
様々な色の宝石が万華鏡のように貴女に迫っていた

やはり、そちらか…


貴女は右の拳で、それを受け、弾く
骨が砕け、血が吹き出したが気にはしない

残った、左のストレートが、凛へと放たれた





最後に立っていたのは貴女と『アサシン』
貴女達二人は、健闘を称え合うかのように、笑った

212 : 1 ◆8NYroe5tmA [saga]:2011/11/23(水) 22:06:19.11 ID:NDSnkevUo
こうして、聖杯戦争の勝者は決定した




―――――――――

―――――――

―――――

―――


第七次聖杯戦争
一日目 二日目 三日目 四日目-1 -2 五日目 六日目 七日目 八日目 数年後
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。