※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

転換期の作法

(Positioning in the New Reality of Europe)
ポーランド,チェコ,スロヴァキア,ハンガリーの現代美術
東京都現代美術館

中・東欧4カ国(ポーランド,チェコ,スロヴァキア,ハンガリー)から10人+1組のアーティストを選び,90年代以降の作品に焦点を絞って集めた現代美術の展覧会。
ドイツ・オーストリアと旧ソ連(ロシア)という大国の狭間にあって,歴史の流れのなかで絶えず翻弄されつづけてきたこれらの国々の芸術を通して模索されるのは,抗い難い現実の流れに直面して,いかにして自分の立つ位置を定めていくか(Positioning in the New Reality)ということである。


全ての映像作品を見るには3時間20分以上かかる。それ故,会期中1回に限り再入場が可能。親切だなぁ。


  

屑屋(管理人)

得意分野:エログロナンセンス
一言:トカトントンがきこえてくるよ。

狗蔵(居候)

得意分野:擬似社会学
一言:○○即仏道って便利な言葉ですよね。

menocchio

得意分野:カーニヴァル
一言:いまは一刻も早い燈籠大臣のお出ましを願うのみ。

カメ(首伸ばし)

得意分野:有職故実
一言:ラッキーと混沌が好きです

お問い合わせは
管理人・屑屋まで
shintenoh@excite.co.jp
(@を半角で)