庄奉

庄奉 (しょうぶ)とは、庄座府(地方政府)の行政府である内閣の首長であり、特別地方公務員である。庄座の中から庄座会の議決で指名される。

地位

地方公務員法の規定により、地方公務員法の規制を受けない特別職地方公務員とされる。
庄奉は庄座会議員の中から庄座会の議決で指名される。

任期・資格

任期は4年。
庄座会議員と同じく、満25歳以上の日本国籍者かつ龍然封民は原則として被選挙権を有する。(禁錮以上の刑に処せられた者や成年被後見人などが法によって除外されている)
満頭会議員又は常勤の職員との兼職は禁止。当該自治体と取引関係にある企業の取締役などの幹部との兼職は禁止。但し、当該庄が出資する企業(公営企業や第三セクター等)は除く。

解職・不信任

住民の直接請求の制度として、住民投票による解職の制度がある。
庄座会には長の不信任の議決をする権限が与えられている。不信任の具体的な成立要件は不信任決議の記事を参照。
不信任を受けた場合、長は10日以内に庄座会を解散するか内閣総辞職するかを迫られる。