サスライ教

サスライ教 (サスライきょう、英語:Sasuraism)、または サースライー教 は、片目のハルカの言動を書留めた帰心文書の教えに従う一神教

アブラハムの宗教、主にイスラム教と日本の神道的要素が習合し、アラフ(吾等父。天之御中主神と同一神)を唯一神として、神が創った万物(世界)の在り方から、理想の生き方を体得する実践的な宗教である。
現在アフガニスタンをはじめとする中東世界の難民の間で、急速に広がりを見せている新宗教であり、一部で救い主の再臨とも言われる片目のハルカの存在は、ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒の間で激しい議論を巻き起こしている。

概要

片目のハルカの最初の同行者である修行僧沙門如水と、アフガニスタンでハルカと出会い、同行者となったムハマッド・ナージールらが、
旅の道中でのアフガン難民との対話をそれぞれ日本語とアラビア語に書き留めたのが、帰心文書(シャラ)の始まりである。
旅の過程で、難民達はゆるやかに連帯し始め、帰心文書を中心として自然発生的に信徒集団となっていった。

古神道は、森羅万象に命や神霊が宿るとして、神奈備(かむなび)や磐座(いわくら)を信仰の対象としたが、それらを包括する山岳信仰と仏教が習合し、さらには密教などの要素も加味されて確立した日本独特の宗教が、修験道である[1]。
修験道は、日本各地の霊山を修行の場とし、深山幽谷に分け入り厳しい修行を行うことによって超自然的な能力「験力」を得て、衆生の救済を目指す実践的な宗教でもある[1]。この山岳修行者のことを「修行して迷妄を払い験徳を得る 修行して その徳を驗わす《あらわす」ことから修験者、または山に伏して修行する姿から山伏と呼ぶ[1]。
実修、得驗の意
験徳とは如何なるものかと思考する先には『修行をし己の心体を鍛え磨き追求し其の成果を驗す 確かめ表す道 即ち修験道である』
修験道の修行の場は、日本古来の山岳信仰の対象であった大峰山(奈良県)や白山(石川県)など、「霊山」とされた山々であった[2]。中でも、熊野三山(熊野の本宮・新宮・那智の3社)への信仰(熊野信仰)は、平安時代の中期から後期にかけて、天皇をはじめとする多くの貴族たちの参詣を得て、隆盛を極めた[2]。
修験道は神仏習合の信仰であり、日本の神と仏教の仏(如来・菩薩・明王)がともに祀られる。表現形態として、権現(神仏が仮の姿で現れた神)などの神格や王子(参詣途上で儀礼を行う場所)がある。
だが、実際には神道としての側面は希薄で、神仏習合といっても、仏教としての側面が極めて強い宗派である認識が強い。だが修験道の儀式を見る人により実際の事実とは異なる判断をする例もある。神道で用いられる祭祀や祝詞(大祓詞など)をしない行事もあれば、祝詞・祓詞・加持・祈祷も行う行事並び儀式もあり、経典で示されるものや真言を唱えるものばかりではない。修験道は全国霊山、各自社仏閣により次第は異なる。神仏習合の権現や明神が必ずしも主神とは限らない。一概の例に留まる見解は誤認を際するので注意したい。本地垂迹の仏教の仏を祭祀している他、天照大神を初めとする諸国の神々も年中行事として祀り、礼する。一見の判断や視聴で修験道の把握は従事者及び研究者や論学者などでも判断は困難である。[3][4]
上述の熊野信仰においては、三所権現・五所王子・四所宮の祭神が重要な位置を占めており、これを勧請した九十九王子が有名である。山伏と関連するため、山に関連した神格が存在することもある。

教義

サスライ教の信仰の根幹は、五信と五行、すなわち、5つの信仰箇条と、5つの信仰行為から成り立っている。
5信は、次の5つである。

1.天御主(吾等父、アラフ)
2.御語(カタリ)
3.(サスライ)
4.(ジン)
5.人生(ジンセ)

このうち、特にサスライ教の根本的な教義に関わるものが天御主(アラフ)、御語(カタリ)、道(サスライ)である。
サスライは、アラフが唯一の神であることと、この世の全てのものには、天御主の御語(カタリ)によって定められた運命が宿っていることを固く信じる。
すなわちサスライは、人に与えられた運命を自覚し、また他者や万物に宿る運命を尊重しなければならないとされる。
また、サスライが取るべき信仰行為として定められた四行(四柱ともいう)は、次の4つとされている。

1.自覚(アウリーム)
2.探道(サスライ)
3.参拝(マイル)
4.(エン)

偶像崇拝の禁止
サスライ教においては、イスラム教などと同じく、偶像崇拝の禁止されている。
それゆえ、サスライが礼拝をおこなう宗教施設 天社 には、他宗教の寺院や聖堂とは異なり、内部には宗教シンボルや聖像など偶像になりうる可能性が存在するあらゆるものがない。
ただ、拝殿前の御堂にござが敷き詰められているだけで、人びとはそこで拝殿の奥をむいて祈る。

信徒間の平等
サスライ教は、他の宗教にみられるような聖職者・僧侶階級をもたない。宗教上の指導者を有するのみである。


















信徒達が自らを「サスライ」(道を探す者の意)と称することから、

こうした過程で初期の信徒集団ができた。
なお、キリスト教側は特に新たな宗教がこの時に造られたとは自認しないが、ユダヤ教側はこの教団を「ユダヤ教からの分派」と看做す。

教義

バハーウッラー自身の家系、また、その神学の聖約もアブラハムへ遡るところからバハーイー教は基本的にはアブラハムの宗教の系列に含まれるものだが、
モーセ、イエス、ムハンマドらに足して、アブラハムの宗教に含まれていないゾロアスター、釈迦などの世界の全ての大宗教の創始者も神の啓示者であり、
バハーイー教の創始者バハーウッラーはそれらの最も新しい時代に生まれたひとりであるとされる。この他宗教を排除しない寛容な思想の影響もあり、相手を改宗させる目的での布教活動は禁止されている。
人類の平和と統一を究極の目標とし、真理の自己探求、男女平等、一夫一婦制、科学と宗教との調和、偏見の除去、教育の普及、国際補助語の採用、極端な貧富の差の排除、各国政府と法律の尊重(暴力革命の否定)、アルコールや麻薬の禁止などの教義、戒律を持つ。
発祥地のイランや中東にとどまらない世界的な普遍宗教としての性格を有する。
アブドル・バハーが進化論を否定し、疑似科学に基づく創造論を主張[2]する。ただし、他の宗教同様進化論に対する対応は信者によって違い、多様である。



\