龍然の経済

龍然の経済 は、2016年の名目GDP換算では約1兆7,851億日本円(約182億1530万USD)で、日本鳥取県またはヨルダン(世界90位)の経済規模にほぼ匹敵する。
1人当たり名目GDP換算では約3千万日本円(約30万USD)となり、世界でもトップの水準になる。
バイオマス燃料分野を始め、多くの産業分野において未だ発展途上であり、今後さらなる急速な経済成長が見込まれている。

産業

第一次産業

隆起して間もない龍然において、農林水産業の従業者数はほぼ0%である。
現在、土壌の流出と除塩のための緑化政策として、塩性植物の播種・植林や綿花の栽培などが行われてはいるものの、収益を見込んだものではない。
水産業に関しては、旧北大東・南大東島の漁業関係者が、封政府と漁業再開へ向けて調整を急いでいるが、再開時期の目処は立っていない状態である。

第二次産業

2015年のGDPにおける第二次産業の構成比は89.1%であるが、バイオマス関連産業が91.0%とかなりの割合を占め、他はレアメタル関連の金属、化学が主である。

金属

土壌に大量のレアメタルを含むため、島の開発同時にプラチナやコバルト、ニッケルなどの金属を産出する。

バイオマス燃料

GDPに占めるバイオマス燃料の割合は2015年のGDP構成比で約91.0%、就業員構成比では少ないものの、龍然経済の根幹を担う産業である。
国内の電力は浸透圧発電でほぼ賄っていることから、産出されたバイオマス燃料の約9割は海外に輸出されている。
封政府は2014年に産部の下にバイオマス燃料監督局を設置、政府管理のもと、バイオマス燃料開発及びパイプラインへの投資を行うことにし、封営の龍然公社が設立された。

第三次産業

2015年のGDPにおける第三次産業の構成比は10.1%、内、公共部門(公務・防衛、教育、医療・サービスの合計)はGDPの9.3%を占める。また、公共部門の就業員数は85.1%を占める。

観光業

封政府が現在特に力を入れている分野であり、観光特区内の建築物全てに景観規制が掛けられている。
将来的にはGDPの20%以上の経済規模へと成長させることを目的としている。

歳入・歳出の構造

龍然封政府(中央政府)と庄座府(地方政府、)の主な機能分担を簡潔にまとめると以下のとおりである。
中央政府:初等・中等教育、国民保険制度、軍、司法・警察、外交、失業者対策、高度医療、環境保護等。
     出先機関として支庁に支庁監事務所を設置し、支庁を監督している。
支庁:高校、国民高等学校、児童福祉施設の運営、港湾・空港の整備、公共交通、封立図書館の運営等。庄と中央政府との調整機能を持つ。
庄:基礎学校(小中学校に相当)、保育、保健サービス(初期医療を含む)、福祉サービス、上下水道、神社仏閣・墓地の維持管理等(一部除く)。