紫眼病

紫眼病 (しがんびょう)、または 紫眼症候群 (しがんしょうこうぐん)は、日本龍然封本島で近年発見された奇病
2013年に龍然で初めて発生が報告された。非致死性であり、虹彩の変色、視力低下、顔面の発汗機能の低下などの症状が見られる。現在のところ発症が見られるのは龍然封のみの狭い地域に限られる。

症状

発症すると、後天的に虹彩が薄い青紫色からぶどう色に変色することから命名された。
虹彩の変色は徐々に進行し、やがて視力低下や白髪の増加、顔面の無汗症等の発汗機能低下などを発症する。
虹彩変色の程度やその他の症状は、その進行度や症状の多寡に大きな個人差が見られる。また、虹彩の変色は片目のみに発症する場合も多い。

また、新生児で発症した場合、眼球に同様の症状が見られる他、成長すると男性であっても女性のような顔立ちになり、脇毛や脛毛などの体毛がほとんど生えない。


軽度の紫眼病患者の虹彩


重度の紫眼病患者の虹彩

診断

診断法は確立しておらず、視覚障害や無汗症の有無と虹彩の色を見て判断するのが基本である。

治療・対策症

紫眼病の治療法は現在のところ見つかっていない。この疾病はよく知られておらず、予後についても殆ど判っていない。

原因に関する諸説

現時点で病原は特定されていない。該当地域で飲用されていた水に含まれる物質が原因ではないかと見る向きもあるが、はっきりした証拠は得られていない[9]。

発生状況

これまでのところ、この病気は龍然封で少なくとも10000人を超える成人、100人を超える児童が発症している。
一部の患者について神経学的な調査が実施されたものの、この病気の詳細はほとんどわかっていない。