龍然封大典

龍然封大典 は、(りゅうぜんほうたいてん、英語: Basic Law of the Ryuzen Terittory of Japan)は、龍然封政府が制定した法律。
龍然における最高法規であり、自治憲法に相当する。全3編240条で構成されている。
龍然封政府の組織規定や、管轄区域や首都の法定化、住民の権利義務、日本との関係について定めている。

封民による審査までの暫定憲法であり、2015年に改めて封民審査を行うこととしている。
しかし、2015年時点での世論調査によれば改正の必要無しと答えた封民が90%近くに上っており、現在の龍然封大典がそのまま封民審査で正規の自治憲法となる見込みが高い。

特徴


暫定的性格

2015年の封民審査によって、可決されるまでの暫定的な憲法としての建前を持っている。

日本への精神的帰属と日本法域からの独立

封域への一定の自治権付与と引き換えに、日本国という枠組みからの離脱権を放棄している。
また、龍然を象徴する明奉が天皇からの任命を受けること、天皇が元首であることが明記されるなど、日本への強い精神的帰属意識が見て取れる。
しかし、龍然政府との特別の合意を除き、日本政府によって制定された全て法は龍然において効力を持たないことも同時に記載されており、
日本からの法域的な独立を色濃く反映した憲法となっている。

構成

龍然封大典は、前文と全3編240条から構成されている。