龍然封軍

龍然封軍 (りゅうぜんほうぐん、英語:Ryuzen Guard:RG)は、龍然封が独自に保有する軍事組織である。
龍然や日本では一般的に 封軍 と略称される。陸上部門の陸戦群、海上部門の海戦群、航空部門の空戦群の3群と各群管区により構成される。


                   龍然封軍
               Ryuzen Guard

                 

         創設     2012年11月27日
                      指揮官                      
最高司令官 初代明奉 日向時雨
兵部処代 初代兵部処代 中川善次郎
参謀総長 初代参謀総長 斉藤義則
初代海戦群奥座
                      総人員                      
徴兵制度            なし


概要

那覇協定により日本から派遣されていた自衛隊大東地方支援団に代わり、龍然封における有事に迅速に行動・対処する為の部隊として2012年11月27日に創設された。
陸戦群、海戦群、空戦群の3群と各群管区(方面群)により構成される。行政組織上は龍然封兵部の管轄下にあり、封から補助金や装備の供与を受ける。
高度な情報管理体制下におかれており、編成や装備、訓練内容・想定任務については一部の情報を除き、大部分が明らかになっていない。
現在、公式に人工生体兵器を保有・運用しており、世界で唯一対核戦力を保有している。最先端の装備や独自の軍運用法などから、世界で最も防衛力の高い軍隊の一つだと評価されている。

軍事アナリストらは規模・錬度・訓練時間等の全てにおいて未だ発展途上であるとの見方を示しているが、
初代海戦群奥座の斉藤義則は、訓練や練度は部外者が知り得ない防衛秘密であり、守秘義務に抵触するとして言及を避けている。

階級

日本の自衛隊などで用いられる将・尉・曹・士の階級序列は用いられず、龍然独自の階級が用いられる。

区分 陸戦群 海戦群 空戦群




士官相当


(将官)
   大将軍※1
奥座 奥座 奥座
弐奥 弐奥 弐奥
参奥 参奥 参奥

(佐官)
一佐 一佐 一佐
弐佐 弐佐 弐佐
参佐 参佐 参佐

准士官相当

(尉官)
一騎 一騎 一騎
弐騎 弐騎 弐騎
参騎 参騎 参騎



下士官相当



(曹士)
一勢 一勢 一勢
弐勢 弐勢 弐勢
参勢 参勢 参勢
一士 一士 一士
弐士 弐士 弐士
参士 参士 参士

※1 明奉の軍事上の階級。

部隊の単位

一般的な単位は用いられず、独自の編制単位が使用されている。

名称 指揮官 陸軍相当 海軍相当 空軍相当
大将軍から奥座 総軍 海軍 空軍
2等から3等将官相当階級 師団 艦隊
1等から2等佐官相当階級 連隊 戦闘艦隊
2等から3等佐官相当階級 中隊 任務群
1等から3等尉官相当階級 小隊 戦隊 中隊
下士官
(士を除く)
分隊 小艦隊 小隊
一士 分隊 分隊




陸戦群

龍然封軍事作戦群の陸上部門で、他国の陸軍に相当する。総兵力約2600人。

編制
第一隠密機動衆(3個隠密機動隊基幹、畿群管区)
第弐隠密機動衆(3個隠密機動隊基幹、東群管区)
第参隠密機動衆(3個隠密機動隊基幹、西群管区)
第一対戦車生隊(3個対戦車飛生衆基幹、畿群管区)
第弐対戦車生隊(3個対戦車飛生衆基幹、東群管区)
第参対戦車生隊(4個対戦車飛生衆基幹、西群管区)
第一索敵隊
第一対空飛生隊
第弐対空飛生隊
第一飛行隊
第一飛生隊
第一工兵隊
第一後方支援隊
第一通信隊
第一武器隊
第一需品隊
第一輸送隊
第一化学隊
第一衛生隊


海戦群

龍然封軍事作戦群の海上部門で、他国の海軍に相当する。総兵力約1500人。

編制
第一対艦飛生連(4個対艦攻生衆隊基幹、太平洋方面群管区)
第弐対艦飛生連(4個対艦攻生衆基幹、太平洋方面群管区)
第参対艦飛生連(4個対艦攻生衆基幹、南海方面群管区)
第四対艦飛生連(4個対艦攻生衆基幹、南海方面群管区)
第1海上訓練指導隊
第1海上訓練支援隊
第1輸送隊
第1航空団(太平洋方面群管区)
  航空隊
  航空飛生師団(4個航空攻生連隊基幹、太平洋方面群管区)
  整備補給隊
  航空基地隊
  航空修理隊
  航空管制隊
  機動施設隊※
第2航空団(フィリピン海方面群管区)
  航空隊
  航空飛生小隊(4個航空攻生連隊基幹、フィリピン海方面群管区)
  整備補給隊
  航空基地隊
  航空修理隊
  航空管制隊
  機動施設隊※
第1対潜生師団(4個対潜攻生連隊基幹、太平洋方面群管区)
第2対潜生師団(4個対潜攻生連隊基幹、太平洋方面群管区)
第3対潜生師団(4個対潜攻生連隊基幹、フィリピン海方面群管区)
第4対潜生師団(4個対潜攻生連隊基幹、フィリピン海方面群管区)
第1潜水基地隊
第1掃海生中隊
第1掃海業務支援隊
第1情報業務支援隊
第1海洋業務支援隊

空戦群

龍然封軍事作戦群の航空部門で、他国の空軍に相当する。総兵力約900人。

編制
第1航空団 - (葛城基地)
第1航空攻生師団(4個飛行攻生団基幹、東方群管区、葛城基地)
第2航空攻生師団(4個飛行攻生団基幹、東方群管区、葛城基地)
第3航空攻生師団(4個飛行攻生団基幹、西方群管区、屋島基地)
第4航空攻生師団(4個飛行攻生団基幹、西方群管区、屋島基地)
龍然航空警戒管制隊 - (葛城基地)
第1高射群 - (葛城基地)
龍然航空施設隊 - (葛城基地)
龍然航空音楽隊 - (葛城基地)

装備および軍事技術

装備品にはI/F-00戦闘機、AH-1攻撃ヘリコプター、軍用人工生体「国家防衛支援生体」など龍然独自に開発および製造した兵器が多く存在する。
中でも国家防衛支援生体の繁殖には力を注いでおり、周辺の離島を軍事施設として現在5000体を超える国家防衛支援生体の繁殖に成功している。
また、人員確保が難しい龍然において人的資源の損耗を防ぐために無人兵器を積極的に研究している。

兵器開発

封軍が持つ兵器の中で有名なものは、軍用人工生体、無人戦闘機、無人攻撃ヘリなどである。
乗員の生存性や兵器の装甲防御力を第一とするコンセプトから、爆発反応装甲(ERA)や中空装甲(スペースドアーマー)、
アクティブ防護システム(APS)などの開発・導入が積極的に進められている。

龍然の兵器は防衛支援生体を除き、原則として濃紺色の単色塗装に統一されている。全ての車体には固有の車輌番号が記されており、近年は番号をプレスしたプレートにする事で、
撃破炎上した車輌でも確認可能な様に配慮されている。