龍然の行政区画

龍然の行政区画 (りゅうぜんのぎょうせいくかく)は、 と呼ばれる基礎自治体から構成される。
なお、封都に指定されている龍然路のみ、唯一、封政府直轄地区であって庄ではない。
庄は日本における市町村レベルの機能とほぼ同等の地方行政組織である。庄の行政機関は 庄座府 と呼ばれる。
現在は封の人口のほぼ100%が龍然路に集中しており、庄座府が機能している地域は存在しない。

概要

庄は「しょう」・「のしょう」と読む。
庄は日本の市町村に相当する権限を持ち、執行機関たる 庄奉 (しょうぶ) 、議決機関たる 庄座会 が置かれ、地方政府である 庄座府 を運営する。
庄座会は一院制であり、庄座会の構成員である 庄座 は住民の直接選挙で選ばれる。庄奉は庄座会庄座の互選によって指名され、地方行政府の首長を務める。

封政府管理区

封政府は、龍然封に置かれる支庁管区のほかに、封土に封政府管理区を設置している。
これは、龍然封が那覇協定の協約により、封土の一部を在日米軍沖縄基地移設先用地、ならびに福島第一原子力発電所事故に伴う放射性廃棄物処理場建設用地として貸与する必要があるため、
あらかじめ封政府が住民の立ち入りを禁じ、用地選定候補地としているためである。封政府管理区へは封政府関係者または許可を取った者しか現在立ち居ることができず、
龍然路や大東路との境界には金属製のパネルによる封鎖がなされている。

添付ファイル