龍然の選挙

龍然の選挙 (りゅうぜんのせんきょ)では、龍然封における選挙制度について述べる。

概要

龍然には、明奉推挙(党首選挙)、満頭会参議選挙庄座選の3種類の選挙がある。
選挙は選挙日に実施され、慣例的に水曜日に実施されることが多い。
その他の選挙についても概ね期日が決まっているが、庄座会では一定の状況の下で早期に選挙が執り行われることがある。
2015年現在、比例代表制(満頭会参議選挙)、大選挙区制(党首選挙、庄座選)の2種が現行の選挙制度として使用されている。
選挙に係る事務は地方別に地方政府の選挙管理当局によって管理される。実際の投票手続きは選挙管理官によって運営され、選挙登録官による選挙人名簿が集計され、保管される。
龍然の選挙管理委員会は、選挙管理官および選挙登録官の選定基準と、献金の一括管理、政治活動費請求の一括管理、ガイドラインを策定し、政党登録事務や封民投票の監理など、
日本と比較して非常に大規模な(封全体規模)の選挙管理を担う。

選挙権

満18歳以上(投票日の翌日が18歳の誕生日の場合まで含む)で、一つの地方自治体に3ヶ月以上住民登録している龍然封民かつ日本国民に与えられる。
ただし、満18歳以上であっても、犯罪を行った場合等で選挙権が停止されることもある(公民権の停止)。
龍然封民かつ日本国籍者以外への選挙権付与は、龍然封大典の規定により、禁止されている。

被選挙権

明奉や庄座会庄奉の場合は、満25歳以上の龍然封民かつ日本国籍者に与えられ、満頭会参議や庄座の場合は満20歳以上の龍然封民かつ日本国籍者に与えられる。
選挙権と同様、犯罪を行った場合等で被選挙権が停止されることもあり、また候補者の関係者が選挙違反を行った場合、
候補者が選挙違反に直接関与していなくても当選無効、当該選挙区から5年間立候補が禁止されることがある。

選挙の運動期間

日本においては、選挙の際に活動できる期間が規定され、この期間に候補者と政党は制限付きの選挙活動を行うことができるが、
日本本土と異なり、特別な活動期間は設定されておらず、戸別訪問や文書等の配布、ネットの利用などにも制限がない。
加えて、投票日2ヶ月前からは封営放送の全面的な支援(政見放送や候補者とのインタビュー番組の企画など)を受けることができる。
ただし、街頭演説や選挙カーの使用、指定箇所以外へのポスター等の貼り紙は龍然選挙法により禁止される。

また、龍然では政治資金規正法などは存在せず、候補者個人への献金や政治費用の請求を選挙管理を担う公選局が担う。
これにより、政治活動費用は全て一度公選局を通ることとなり、公選局の監査機関及び弾正台の監査局によって厳しい監視を受けることになる。

投票

龍然における投票は、役所・地域事務所などに併設された封立の神社にて行われる。
神社の境内にはあらかじめ「 札入処 」と呼ばれる長方形の投票所施設が併設されている。
これは、封の政策によりあらかじめ封立神社が地域コミュニティ形成の場として機能するよう都市計画にあらかじめ盛り込まれていたことによる。
日本で投票所として使用される小中学校などと異なり、成人がいつでも立ち寄れる場所としての神社を投票所に使用することで、投票場所の認知度や投票率そのものを向上させる狙いもある。
実際、投票日の神社には多数の出店が並び、初詣や縁日のような様相を呈する。

通常投票日は水曜日に設定されており、投票日は法定休日となる。