IPR2005 ひらま編メインページ > 2005年08月29日 > 5)2002年10月 =第10回記念大会!拡大開催のあの日=

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
どもども。平間です。
さてさて。昨日に引き続いて、第5話。
勉強会の講座数、参加人数を拡大して開催した時のお話です。


【倍だ!倍!でっかくやろうぜ勉強会】
伝説の両国合宿から数日。
まだ興奮冷めやらぬ日々が続いていましたが、さっそく勉強会の準備をしていくことになりました。
たぶん両国合宿で生まれた合言葉(ちょっと記憶が定かではない)、”言いだしっぺが実行する”によって、私が勉強会の運営を仕切っていくことになったのです...。

通常であれば、”さてさてどうしたものか...”と悩むところですが、実は合宿時にだいたいの企画概要が固まってしまっていまして...。
講座の1つめとしては、大坪さん。たまたま合宿に来ていたがために決まってしまいました。
講座の2つめとしては、山内さんからご紹介いただくことになりました。
講座の3つめとしては、伊原さんからご紹介いただくことになりました。

そうして出来上がった企画が、

『”パテント アナリティクス”による知的資産マネジメント』Breda Corishさん
『ブランド評価報告書に見る知財価値評価の潮流』寺村 英信さん、三浦 朱美さん
『実践! 知財ニュースの収集と活用 -情報流動と知財人の役割-』大坪和久さん

というものでした。

豪華絢爛3部作。
これまでの勉強会は、2部構成で行ってきましたから、1講座多いわけです。
勉強会の開催が、10回目ということもあり、”記念大会”という大義名分をつけて。

そして場所はウチの会社のセミナールームで定員60名。
これまでの勉強会は、30名定員で行ってましたから、倍になったわけです。
勉強会の開催が、10回目ということもあり、”記念大会”という大義名分をつけて。

結果的に、参加人数も60名を超えて(ドタキャンを考えて、少し多めに申し込みを受けてましたので)、大盛況でした。

やっぱり企画・コンテンツがいいと集まりがいいのかなぁ...なんて考えてました。
やっぱり”ビジネスIPR”の魅力で集まってんのかなぁ...なんて考えてました。

とはいえ、その後の懇親会も参加者は30名を越え、ワイワイがやがやと遅くまで飲んでいたのです。


知財の世界にどっぷり浸かっている人からすれば、この時の勉強会は”知財のこともよう知らんくせに...。
素人ばっかり集まりやがって...”という声なき声もあったかもしれません。

でもまぁ、言いだしっぺはこの状態(よく知らないけど、知ってみようという人が飛び込んできて、参加者同士がやたらに盛り上がって仲良くなっている状態)が良いと思っていたので、こんな感じの勉強会を継続したい~って素直に思っていました。

どんどんいろんな人が、”入っては出て、出ては入って”を繰り返していくのがいいのかなぁ...なんてことを思っておりました...。



そういえば...。
このころからですかねぇ...。
両代表の魅力を感じ始めたのは...。

代表の一人、柴田さんは以前から”人買い柴田”の異名を持っていました。
”なんで人買い?アジア系?それともロシア系?”
なんてことを本気で思ってた時期もありました...。
当たり前ですが、違ってましたね。
人を巻き込むのがうまいんです、この人。
懇親会でいろいろな人と話していても、
「柴田さんに誘われて来ました~。」
「●●で柴田さんと知り合って、そしてビジネスIPRを紹介されたんです。」
「××で出会ったある人から柴田さんを紹介されて、今日は初めて来たんです。」
ってな人が多いんです、ホント。
なかには強引に連れてこられた人もいて、”フツーだったら、嫌がるだろ”と思うような強引さでも嫌味がない。誘われた人の方が喜んでる。
なんとも不思議な魅力を持っている人物です。

もう一方の代表、伊原さんはとにかく人脈が広い。
しかも強固な信頼関係に基づいた人脈がとてつもなく広い。
最初会った時は、
”あ~そうですか~。お役人さんですか~。”
ってな感じでした。
でも、なんだかわかんないけど、ソフトな印象。
また、なぜだかわかんないけど、爽やかな印象。
ほら、またまたわかんないけど、人が集まってる。
これ以後の勉強会でも、相当講師の方をご紹介いただきましたが、伊原さんの紹介だと、みな喜んで引き受けてくれるんです、ホント。
一般的に紹介ってむちゃくちゃ難しい。両方の期待値や想いが一定でないと、なかなかうまくいかない。
でも紹介された両方が喜んでる。感謝してる。
なんとも不思議な魅力を持っている人物です。

様々な場面で、この2人を見てきましたが、この2人のバランスがまた、絶妙。

この2人の世にも不思議な魔力、いや魅力については、他のメンバーにも聞いてみるといいですよ。


さてさて、今回はちょっと短かったですが、第5話もこの辺で。


<おまけ>
初めて見ました。大坪さんのスーツ姿。
”ネクタイしてるよ~。ネクタイ。”
そんなことを思いながら、「次のご講演は...大坪和久さまより...。では、よろしくお願いします。」なんて感じで司会をしたのを覚えています。

普段の大坪さんをしてる人からすれば、びっくりしたでしょうね。
”Tシャツ姿の社長”って、今ではホリエモンが有名ですが、当時を思えば、大坪さんが最先端をいってたんですね...。さすがです...。







カテゴリ: [<私とビジネスIPR>] - &trackback- 2005年08月29日 19:56:36
名前: コメント:
#blognavi
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|