どなたでも、自由にリンクを追加することが出来ます。
編集しようとする方は、必ず以下をお読み下さい。

  • 【最重要】他者の著作権を侵さないでください。

  • 【重要】「誰でも自由に複写できる」状態を維持するため、主張・意見・見解などの文、及びリンク先内容の本文・要約・解説などは記述しないでください。
    • 技術的な理由により閲覧制限・閲覧条件がある場合は、その条件のみを記述してください。

  • リンクに用いるタイトルは、可能な限り「元のページにあるタイトルタグの中身をそのままコピー」としてください。
    • 不適切なタイトルがついている、もしくはタイトルが存在しないなどの場合については、ページ表題などの文字列を採用してください。
      • 「誰が」追記しても「結果は」同じ、という状態が理想です。

  • できる限り、配列制作者・配列使用者かつ配列そのものについて言及している人・資料のそれぞれを分離して記述してください。

  • 各キー配列の発生年月日が解るものは、配列名のあとに年月日を追記してください。
  • 各ドキュメントの初版作成年月日が解るものは、リンクのあとに年月日を追記してください。

 …くらいでしょうか?
 あとは、実運用してみて決めるしかなさそうです。

 これ以降はリンク集となります。




より詳細なリンク集



漢字直接入力を行うためのツール

漢直Win
キーアサインツール 天狼(てんろう)(T-Code・TUT-Code・超絶技巧入力・片手チョイ・G-Code・百相鍵盤『き』に対応)


漢字直接入力を練習するためのツール




漢直系

T-Code - 【1980年○月○日~】

配列制作者: Home of T-Code
配列制作者: An Assignment of Key-Codes for a Japanese Character Keyboard(1980年10月)
配列制作者: タッチタイプによる日本語入力方式(1981年12月16日、有料)


TUT-CODE - 【1982年○月○日~】



JIS X 6003 - 【1984年4月1日~】



G-Code - 【2000年2月7日~】



超絶技巧入力 - 【○○年○月○日~】

配列制作者: キーボードのブラインド・タッチ短時間練習法(1987年3月4日、有料)


Romk-code - 【○○年○月○日~】



KAZIK - 【○○年○月○日~】



KZIK(Kanji Zutto Ii Kanji) (# is not KAZIK) - 【○○年○月○日~】

配列制作者: KZIK(Kanji Zutto Ii Kanji)


phoenix - 【13年03月19日~】



にこにこ - 【○○年○月○日~】

NIK-CODE 【○○年○月○日~】



NIK-50 - 【2005年6月17日~】

配列制作者: [キーボード] 漢字部品の頻度(2005年6月17日)
配列制作者: [キーボード] NIK-50経過報告(2005年6月27日)
配列制作者: [キーボード] NIK-50体験版(2005年7月6日)


「す」(USキーボード用)または「き」(JISキーボード用) - 【○○年○月○日~】



雷コード - 【○○年○月○日~】



TT/花氷 - 【○○年○月○日~】



Try-Code - 【○○年○月○日~】



十進漢直 - 【2003年12月18日~】



奏コード - 【○○年○月○日~】



日本語漢字五筆字型入力法 -- WuBiKanJi - 【○○年○月○日~】



漢直「息吹」 - 【○○年○月○日~】



漢直「小ノ目(はぶき)」 - 【2008年03月10日~】



計画中・設計中のもの

「黄砂配列」 - 【2006年04月25日~】



試算段階のもの。



習作のもの

「漢触こーど」 - 【2005年11月27日~】




漢直系配列を使用している利用者



汎用資料







.