花と雨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(Verse 1)
親と喧嘩して よくきれていたな
機嫌がいい時は 一服したよな
もっと話すことあったって
いっちまって気付く 俺はマジ馬鹿だな
伝えたい思いが 増えていく今
deepならば そこに届く気が…
No ねーちゃんの嫌ぇな犬がいるうちは
俺はdealじゃなくてラップしているぜ 今
昔と今ならば今 聞く耳とマシな頭がある気が
なあ神様 返事を俺に届けてくれ
天国にいったみんなに幸を与えてくれ
綴り切れない思いを綴る 今日も
終わりの無いララバイで眠る
綴り切れない思いを綴る 今日も
終わりの無いララバイで眠る

(Hook)
長くつぼんだ彼岸花が咲き 
空が代わりに涙流した日
2002年9月3日 
俺にとってはまだ昨日のようだ
Standing on my own two
I’m a bad ma-fucker
喜怒哀楽を受け入れるからholla!
平和どこのネイバーか知らねーが、
smokeしたって ここじゃ行けねーわ

(Verse 2)
London Alperton墓石に座る chill
空は雲っても晴れる日
ラズベリーつまみながら peaceそしてfree感じleave…
Memory lane Preston road行
バス停にschool busはこない
22に26もういい年 行き先違う旅に
いつまで経っても テメー事ばっか
分ろうとせず 欠けた思いやりが
バタンと閉めた ドアの向こう側
かけなかった やさしさの言葉
最後になるなら そればっか
最後にさよならは 言えないさ
ロンドンが誰よりも好きだったな
育った町Hallowで また会おうな

(Hook)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。