徒然川柳

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

徒然川柳
(つれづれせんりゅう)

「お年寄りも聴けるラジオをやって欲しい」という蛍原徹の要望を受け、翌週製作されたオープニングファンタジーラジオ宅急便』から派生した、宮迫ミニコーナー
ネタ職人から送られた川柳を読むという、ブリンとしては異色の正統派コーナーで、『二度見のコーナー』とは異なる方向でクオリティは非常に高い。
類似コーナーとして『ブリブリ川柳』があるが、コーナーの性格はまったくの正反対。2007年現在に至っては、『ブリブリ川柳の前振り』という位置づけとなってしまっている。

宮迫博之の庇護により、ポッドキャスト配信限定のコーナーとなった。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|