蛍原とキャディ・愛のホールインワン

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蛍原とキャディ・愛のホールインワン
(ほとはらときゃでぃ・あいのほーるいんわん)

2006.5.31O.Aブリンオープニングファンタジーの一作。キャディー・尻叩抓子が体験した、蛍原とのゴルフとその後の情事を再現。宮迫博之曰く、ノンフィクションらしい。
先々週の放送のトークで蛍原が初めてゴルフをしたことを語ったのがきっかけ。
※キャスト※
尻叩抓子(しりたたきつねこ): 宮迫  蛍原: 渡辺  ナレーション: 松本

§スクリプト§
(鳥のさえずり)《BGM》
尻叩抓子 :アタシの名前は尻叩抓子。56歳。とあるゴルフ場でキャディーをやってる女さ。…しかしまあ、いろんな奴らがこのゴルフ場に足を運びやがる。ええと、今日はどんなマヌケ共が周るんだい?……ん?芸人4人?…平日からゴルフとはいい御身分だねぇ。あー来た来た、あれだね。
抓子 :東野幸治?…へへ、一年ぐらい前からちょくちょく来るけど、相変わらず頭がチリチリだねぇ。“固焼きそば”だねぇ。…でその横は…ネプチューンの堀内。…ん~意味不明のギャグばっかしている奴か。…そしてその横は…なんだ出川か。あいつは下手なうえに五月蝿いから嫌なんだよぉ。
抓子 :…でその横の、おかっぱヘアー、あれ誰だい?初めて見る顔だねぇ。…ん?顔に切り傷、あ、違うね、あれ目だね。あれ目…細ッ!!あれじゃまるで電話番号の間に付けるハイフンじゃないか。…で名前はと…ん、「蛍」?…気持ち悪いねぇ、名前に昆虫が入ってんじゃないか。
抓子 :それにしても、なんだか緊張してるねぇ。ちょっと声でも掛けてやるか……おい、そこの虫!おい!!
蛍原 :はい。僕ですか?
抓子 :アンタだよ!…あんた虫原だろう?
蛍原 :いえ、蛍に原で「ほとはら」です。
抓子 :ああ、そう読むのか、どっちでもいいけど。…あんた、コース初めてかい?
蛍原 :はい。今日が最初で緊張してんすよ。みんなに迷惑かけないか心配で。でも、がんばります!!
《ときめきのBGM》
抓子 :かわいい~♪この照れて初々しい感じ、タイプだわぁ…♪ハイフンみたいな目もよく見たら中井貴一そっくり。なんだか久々に熱いもんがアタシの体の中を走ってるよぉぉ…。
蛍原 :……あの、どうか…しましたか?
抓子 :ん…なんでもないよ。…今日は、アタイがあんたのキャディーだからね。
蛍原 :はい、お願いします、キャディーさん!
抓子 :「抓子」でいいよぉ。なんなら、夜のキャディーもしてあげよ……
蛍原 :はい?
抓子 :あ…うん、まあとにかく、初めてのあんたに言うけど、打った後気になるだろうけど、ボールを目で追っちゃいけないよ。
蛍原 :はい…。
抓子 :いいかい?打った後もボールのあった位置をじっと見ておくんだ。
蛍原 :わかりました。…じゃあ、ちょっとやってみます。見ててくださいね!……いくぞ~……えいっ!!
(ショット音)
蛍原 :どこ飛んでいきました!?ボール、どこ飛んでいきました!?
抓子 :ふ、真っ直ぐ飛んでいったよ。やるじゃないか。
蛍原 :や、やったあ!!
抓子 :言ったろう?ボールを目で追わないのが、真っ直ぐ飛ばす方法なんだ。…あんた、スジがいいじゃないか。…裏筋のほうも、いい味してるんじゃないのか…
蛍原 :は、はい?
抓子 :んああ…まぁ、その調子でがんばんな。
蛍原 :ありがとうございます。…あの、なにかお礼を…。
抓子 :ほお…いいのかい?
蛍原 :はい、僕にできることがあったらなんでも言うてください。
抓子 :じゃあ…あんたの股間の真っ白い1番ウッドで、アタイの18番ホールに、カップインしてもらおうかねぇぇぇ…?
蛍原 :…喜んで!!
《ジャズ調BGM》
ナレーション :そして、ゴルフの後、蛍原とキャディーの抓子は、夜の街へと、消えていったのだった……

蛍原 :つ…抓子さあぁぁん!!!
(ショット音)
抓子 :ん…徹ぅぅぅぅ!!!
(ホールイン音)
<終>

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|