いつみてもブリン万丈

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつみてもブリン万丈
(いつみてもぶりんばんじょう)

2006.8.2O.Aブリンオープニングファンタジーの一作。
芸能人の半生を紹介する某テレビ番組という設定で、蛍原徹の半生を追うという内容。
チェッカーズ『ギザギザハートの子守唄』で蛍原の“ぺっ音素材が乱舞。

※キャスト※
司会・VTRナレーション: 宮迫  ぺっ音: 蛍原

§スクリプト§
《BGM》
司会 :『いつみても ブリン万丈』。毎週お一人の芸能人をゲストに招き、様々な人生模様を振り返るこの番組。今夜は、雨上がり決死隊・蛍原徹さんです。
司会 :…さあ、蛍原徹さんは一体どんなブリン万丈な人生を送ってこられたのでしょうか。VTRにまとめました。ご覧ください。

《“こんにちは赤ちゃん”》
ナレーション :1968年1月8日。日本が世界に誇る電器メーカー・松下電器のお膝元、大阪は門真市で、蛍原徹さんは産声をあげました。おでこが広すぎて“ペコちゃん”の愛称で可愛がられた蛍原さん。最初にしゃべった言葉は“おのれ”だったそうです。

《“巨人の星”テーマ》
ナレ :幼稚園の頃から野球が大好きで、小学校にあがった時地元のリトルリーグへ入った蛍原さん。チームをまとめるキャッチャーというポジションに就きますが、チームメートのハートはあまりうまくキャッチできなかったそうです。

《キャンディーズ“年下の男の子”》
ナレ :中学の頃、キャンディーズのランちゃんに似ている一つ上の先輩を好きになった蛍原さん。点数は今の奥さんと同じ『28点』だったそうです。

《岩崎良美“タッチ”》
ナレ :そんな蛍原さんが恋以上にがんばったのはやはり野球。しかし、部活のスパルタ練習に耐えかねて、高校では野球を断念。野球という支えを失くしてしまった蛍原少年の有り余るエネルギーは、夜の繁華街へと向けられたのです。そして付いたあだ名が“門真の、目がハイフンの悪ガキ”。

《チェッカーズ“ギザギザハートの子守唄”》
(イントロ)
サックス:………ぱっぱっぱっぱ、ぱぱぱぱ!  ぺっ
(Aメロ)
♪ちっちゃな頃から悪ガキ ぺっ  15で不良と呼ばれた ぺっ
♪ナイフみたいに尖っては 触るもの皆  ぺっ   ぺっ  傷つけた
(サビ)
♪Ah~解ってくれとは言わない ぺっ  そんなに俺が悪いの ぺっ
ぺっ ぺっ バイ ぺっ ぺっ バイおやすみよ~ ギザギザハートの  ぺっ ぺっ ぺっ 子守唄
(間奏)
サックス:ぱぱっぱっぱっぱぱぁ~ ぺっ  ぱっぱっぱっぱ、ぱぱぱぱ!  ぺっ
<終>

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|