蛍原の父

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蛍原の父
(ほとはらのちち)

雨上がり決死隊蛍原徹の父親。
ブリン内で「ハンカチと間違えて生理用ナプキンを持っていた」というエピソードが相方宮迫博之によって明かされてから、『二度見だトーカー』でネタにされている。

息子である蛍原もこのネタに辟易するも、過去の父親とのインパクトのあるエピソードを語りだす。父親ネタが読まれるようになってから蛍原は、ラジオの帰りに父親との思い出を回想するようになったらしい…。
代表的な蛍原の父エピソード&語録
  • へびいちご・高橋とは親友
  • 蛍原の「地元へ帰る」電話に対するリアクション「あかんわ。ボウリング大会の参加に○せな…」
  • 原動機付自転車のことを“ラッタッタ”と呼ぶ
  • 衛星放送『WOWOW(わうわう)』を“ワイワイ”と発音
  • 給料の手取りは18万(事実かどうかは不明)
  • 銭湯にて短時間で入浴を済ませ、「カラスの行水や!」
  • 味付け海苔を食しながら銘酒“鬼殺し”を嗜む
  • 「お前(蛍原)の家には絶対に泊まらへん…」
  • 30年前から毎日コーラを3ℓ飲んでいる
  • タコヤキを食べ「猫舌つらいわぁ…」
  • うっかり車のラジエーターを被り、顔が真っ赤に
  • 謎の電話「カード!カード!」
  • トーストに砂糖を山盛り、食べて「あかん、塩やった」
  • 大根が好きながら「これ栄養あるんか?」

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|