毒吸いガール

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&font(24){毒吸いガール}
(どくすいがーる)

ブリン改造計画』内で発案されたコーナーの一つ。2007.9.19O.Aより開始。担当は宮迫博之
女性の指に入ってしまった毒を女性が自ら吸い取る様(吸う音)を聴かせてもらう、という内容。女性限定リスナー参加型コーナー。毒を吸い終えた女性は必ず「いっぱい出たぁ…♪」と言うのがルール。このコーナーを発案した動機は、どうやらスタッフの趣味・嗜好らしい…。

男性の割合がきわめて多いというブリンの聴取層の関係上、投稿が極端に少ない。
おおよそガールとは呼びがたい方が登場した場合、宮嵜Dが裏工作(年齢を若く申告させたり、美人の芸能人に似ていると言わせるなど)を仕掛けるが、大抵コーナー中バレてしまい、宮迫を激しく狼狽させている…。

2007.10.10O.A時、黒沢かずこが若いリスナーに偽装し登場。『全日本“FlyAway”選手権』時のドッキリ登場に続き、またもや雨上がりの二人をハメることに成功。“毒吸い”でも抜群の吸引音を響かせ、スタッフ・リスナーを別の意味で魅了し、コーナーは見事大団円を迎えることに。

>§冒頭の語り§(『バトルロワイヤル』系BGMが流される)
>水曜深夜の丑三つ時
>自分の指に入ってしまった毒を 自分で吸い取る女がいる
>今宵 そんな女が己の指と死闘を繰り広げる
>毒を吸いあげるその音は シンフォニーを奏でる
>やがて 天国へ上る階段となり 聴く者全てに快楽を与えるであろう
>毒吸いガール

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|