BESHACK

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&font(24){BESHACK}
(べしゃっく)

2007.11.14O.Aにて行なわれた、ブリンオープニングファンタジーの一作。原案はハロルド作石先生の漫画『BECK』。
インディーズバンド『BESHACK(ベシャック)』は、多くのアーティストが出演するイベント“グレイトブリ・サウンド”に向け練習する…。

>※キャスト※
>タナサコ幸雄(サコユキ):&color(darkred){宮迫} 南ナベ介:&color(purple){渡辺} 松平義行:&color(indigo){松本}

>§スクリプト§
>《BGM》
>&color(darkred){タナサコ幸雄}:僕の名前は、タナサコ幸雄。通称・サコユキ。趣味も何もない、普通の中学生だった僕は、帰国子女で天才的なギタリストのナベ介君と出会ってから、音楽の素晴らしさを知り、ロックに目覚め、ナベ介君が作ったバンド『BESHACK』のメンバーとなり、平凡な日常からインスピレーションに従って生きる道を選んだ…。
>&color(darkred){サコユキ}:今僕たち『BESHACK』は、無名のインディーズバンドにも拘らず、日本最大のロックフェスティバル“グレイトブリ・サウンド”の出場が決まり、フェスへ向けスタジオでの猛練習の日々を送っていた…。
>
>(演奏)
>&color(purple){南ナベ介}:ストップだ!
>(エレギ音)
>&color(purple){ナベ介}:サコユキ、何度も同じところミスってんじゃねえ!!
>&color(darkred){サコユキ}:ごめん、ナベ介君…。
>&color(purple){ナベ介}:…じゃあもう一度、最初からだ。
>&color(indigo){松平義行}:ちょっと待てナベ介。サコユキは自分のスキルを充分に出しきっている。今のところ、俺は悪いとは思わない。
>&color(darkred){サコユキ}:松平君、ありがとう。でも、僕ができてないのが悪いんだから…
>&color(purple){ナベ介}:そうだ、今の状態じゃ足りない。こんなんじゃ、フェスでオーディエンスを湧かせるなんて無理だ!
>《BGM》
>&color(indigo){松平}:ナベ介、何荒れてんだ!
>&color(purple){ナベ介}:荒れてなんかねえよ…!
>&color(darkred){サコユキ}:ちょっと二人共…やめてよ…。
>&color(indigo){松平}:いや、今日は言わせてもらう。ナベ介、お前“グレイトブリ・サウンド”に出ることが決まってから様子がおかしいぞ。何かあるなら、俺たちに教えてくれてもいいんじゃないのか?
>&color(purple){ナベ介}:ふぅ………ああ、わかった。俺たち無名のインディーズバンド『BESHACK』が“グレイトブリ・サウンド”に出ることになったのは、イキリン・サイクスのお陰だ。
>&color(darkred){サコユキ}・&color(indigo){松平}:イキリン・サイクス?
>&color(darkred){サコユキ}:イキリン・サイクスって、あのミリオンアーティストを何組も輩出している、テンガレコードの社長の…?
>&color(purple){ナベ介}:そうだ。イキリン・サイクスが俺らの“グレイトブリ・サウンド”出場に出した条件、それは「『BESHACK』の今後5枚のCDの全ての権利」「それに伴う、ヤツのブッキングするツアーとプロモーションを無償で行なうこと」。
>&color(indigo){松平}:ひどい条件だな…。
>&color(purple){ナベ介}:あくまで俺の罪、俺がアメリカで車上荒しをしている時にヤツの車から盗んだ伝説のギター『ルシール』とヤツの犬を盗んだ罪の代償だ。
>&color(darkred){サコユキ}:まさか…OKしてないよね…?
>&color(purple){ナベ介}:こっちからも条件を出した。
>&color(darkred){サコユキ}:どんな条件なの?
>&color(purple){ナベ介}:“グレイトブリ・サウンド”の中にある3つのステージの中で、無名に等しい俺たちが一番客を集めたら、出された条件をチャラにしてもらう。
>《BGM》
>&color(indigo){松平}:何……?メインステージとセカンドステージの集客数は1万以上。俺たちが出るサードステージは1000人程しか入らないんだぞ…!
>&color(darkred){サコユキ}:その中で、僕たちが一番お客を集めるなんて無理だよ!!
>&color(indigo){松平}:ああ、サコユキの言うとおりだ。
>&color(purple){ナベ介}:いや…サコユキが俺んとこに持ってきたあの曲のフレーズを聴いた時、直感でイケる気がしたんだ。
>&color(darkred){サコユキ}:僕の……曲…?
>&color(purple){ナベ介}:そうだ。サコユキ、みんなにあのフレーズを聴かせて、俺の直感が間違っていないことを教えてやってくれ。
>&color(darkred){サコユキ}:うん……。
>(心臓の鼓動)
>&color(darkred){サコユキ}:僕が作った、この“North-Bar”が、僕たち『BESHACK』の運命を決める一曲になるなんて…。みんな、聴いてくれ…。僕が、インスピレーションに従って、頭の中に溢れてきた、このフレーズ……。
>
>(エレギ音)
>&color(darkred){サコユキ}:♪北ぁのぉ~ 酒場通りにはぁ~~
>&color(purple){ナベ介}・&color(indigo){松平}:&font(24){演歌か~い!}“North-Bar”って、北酒場のことやったんか~い!!
>&color(darkred){サコユキ}:こらあかん、バンド解散や!
>(オチ音)
><終>

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|