自立活動教員資格認定試験の友 @Wiki H16自立活動1 問題17
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

問題17 次の表は,厚生労働省「障害者雇用実態調査」(平成10年度)の資料に基づいて,障害の種類別・程度別にみた常用労働障害者の雇用状況を示したものである。表中の①から③にあてはまるものの組合せを,下のアからオまでのうちから一つ選び,その記号で答えなさい。

障害種別 人数(千人) 重度(%) 中度(%) 軽度(%) 不明(%)
丸1 59 62.1 34.3 0.5 3.2
丸2 60 54.0 26.9 12.5 6.7
丸3 214 19.5 45.2 33.0 2.3
視覚障害 43 35.1 27.0 36.2 1.7

 表中の数は,5人以上規模の事業所を対象とした標本調査の結果を基礎とした推定値。割合は,少数2位以下を四捨五入しているため,積み上げが100%にならない。

 常用労働者とは,期間を定めず雇われている者,1か月を越える期間を定めて雇われている者,1か月以内の期間を定めて雇われている者又は日々雇われている者で前2か月にそれぞれ18日以上雇われた者のことをいう。

 障害程度は,「重度」:身体障害者等級1~2級,「中度」:同3~4級,「軽度」:同5級以下。

丸1内部障害 丸2肢体不自由 丸3聴覚・言語障害
丸1聴覚・言語障害 丸2肢体不自由 丸3内部障害
丸1聴覚・言語障害 丸2内部障害 丸3肢体不自由
丸1肢体不自由 丸2内部障害 丸3聴覚・言語障害
丸1内部障害 丸2聴覚・言語障害 丸3肢体不自由