鹿児島情報高校 スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイ・スクール SELHi指定 3年目の研究計画
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1)コミュニケーション能力をバランス良く向上させるためのCALLを活用したカリキュラムの開発

対象クラス

【普通系】
e-プレップ科2年(継続) 
e-プレップ科3年(継続):
【専門系】情報システム科特進コース2年(継続)マルチメディア科1年(継続)の計4クラス

到達目標

e-プレップ科2年 ・・ 英語検定2級
e-プレップ科3年 ・・ 英語検定準1級・1級   
専門系 ・・ 英語検定準2級レベル

教科・科目

e-プレップ科2年 「オーラルコミュニケーションB」「時事英語」
e-プレップ科3年 「ライティングII」「英語演習II」 
情報システム科特進コース2年 「英語II」 マルチメディア科2年 「英語I」

内容等

最終年度として,表現したいメッセージを自由に伝えることができるようにさせる。国際問題,国際理解などに関するディベートができるようにする。本校生徒に最も適したカリキュラムを完成し,コミュニケーション能力の質的向上を目指す。毎年行う長期留学生の言語的,文化的変容をまとめる。

(2)CALLを活用した自主学習支援システムの確立

二年次に蓄積されたデータを,項目をたてて分析し,授業に役立てる方法を,情報処理科の教員も含めて検討し,その可能性を他の教科にも普及できる可能性を研究する。

(3)Cueとしてのトランジッション・ワードの指導の研究

トランジッション・ワードに習熟させ,思いのままに駆使できるようにさせ,談話やパッセージを理解し表現する能力を大きく伸ばすようにする。