次男純愛ルート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公、チョコを嬉しそうに貰う。
次男、どことなく嬉しそうにするが素直に言わず「当たり前だろ馬鹿」みたいなことを言う。
主人公チョコを食べると美味いな、と思う。



ホワイトデー前日、主人公次男に何かお返ししなきゃな、と思う。
ホワイトデーに何をあげればいいかわからず、次男にほしいものあるか?と聞く
次男あまりものだったし別にいらないという。
しかし、それがうそだと知っていたため主人公また考える。
そこに三男が来て一緒に考えてくれる。
三男はマシュマロがいいんじゃないかと提案する。

主人公、ホワイトデーに次男にマシュマロをあげる。
次男、マシュマロの意味(好き)だということに気づき、妙に恥ずかしがる。
主人公は何故恥ずかしがるのかわからず三男に理由を聞いてみる。
本当のことをきくと主人公は驚き、三男に何でそんなもんをあげろって言ったんだ?と聞く。
三男、主人公が次男のことを好きだと思ってるように見えるからという。
しかし主人公自分の気持ちに気づいてないため違うと否定する。

主人公、次の日に次男にマシュマロに深い意味はないと言おうとするが何故か言い出せない。ある日、新メニューを考えた次男が主人公に試食してもらう。
主人公美味いな、お前料理人にならないのか?と聞く。
次男、「なりてぇよ。んで兄ちゃんや泉に楽させてやんのが夢」みたいなことを言う。
主人公、その話を聞いて次男の夢をかなえてやりたいと思う。
じゃあそんときは俺が店を経営してやるよみたいなことをいい、次男ホントか!?男の約束だぞ!と言って約束する。

それ以来、ちょっと仲良くなりよく次男が主人公に笑いかけるようになる。
そんななか、三男にやっぱり主人公は次男が好きなんだよと言われる。
そして好きだと気づく。

主人公、三男に好きだと気づいたと報告する。
三男告白したらいいんじゃないとアドバイスをする。
主人公次男に告白する。

次男、馬鹿じゃねえのと悪態をつく。
そしてそのまま口喧嘩になる。
次男勢いで俺もマシュマロもらったときから好きだったよ!と言ってしまう。
その日の夜セクロス。

その次の日の朝、次男が大事に取っておいたマシュマロを二人で食べる。
次男がマシュマロは父さんが母さんにホワイトデーに飴と意味を間違えてマシュマロをあげたんだけど、慌てる父を見て普段クールな母さんが笑ってそれ以来ホワイトデーにはマシュマロってうちの家族じゃ決まってたから嬉しかった…という。

何年か後、次男は立派なコックとして働き、その店のオーナーを主人公が勤め、幸せに暮らしていく。

おわり。