※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FRISC

一昨年のワインブーム・昨年の焼酎ブームと日本酒に逆風が続き、
日本酒全体の売り上げが低迷しています。
メーカー側は、顧客層を広げるためにワンカップでの商品展開、
健康志向商品の展開やアジアやアメリカ等への輸出も行われていますが、
海外生産(オーストラリア・中国)された日本酒にコスト面で押され、
厳しい現状が続いています。
酒造メーカーは老舗が多く、株式非公開企業が大半です。
灘の大手酒造メーカーなどでは、土地などの資産を貸したりマンション用に売却し
収益を確保しているケースもあります。
そこで、日本酒業界、もしくは特定の企業への活性化案を考えてください。

  • 大阪キタ百貨店戦争で阪急・阪神百貨店が勝ち残る道を提案してください。
JR大阪駅の大規模再開発に伴い、2011年春に三越が進出、大丸が増床と、
大阪キタの百貨店生き残り競争がより激化すると思われます。 
阪神・阪急統合よる阪急百貨店・阪神百貨店の生き残り案を考えてください。

  • リクルート・ベネッセなど教育や趣味などの情報誌を取り扱う企業に対して、新規事業を提案してください。
1 資金5,000万円(人件費等、諸経費も含みます)
2 社内のリソースは活用して結構です
例)教育や趣味に関する情報誌を取り扱うリクルートは、
「ゼクシー」や「ケイコとマナブ」、「ホットペッパー」や「R25」など
次々と新たな雑誌の分野を切り開き、数多くのヒット商品を世に生み出している。
これらの情報誌の出版の分野に関して、
リクルートもしくはリクルートの競合企業などに対して、
今まで無く、かつ、大ヒットが狙えるような商品企画を提案してください。
企画の提案に際しては、単なるアイデアの提案ではなく、
その商品がヒットすることが企業側に十分に納得できるように、説得力のある提案内容にしてください。