※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目的

このレポートでは輸出の現状を調べ、市場の現状から学び、日本のメーカーが輸出するべきか否か、そして輸出をする場合のターゲットを絞り提案します。第一歩を踏み出せるため、
最も適している輸出先国、最も適したターゲットを提案することがレポートの目的です。

日本酒衰退

平成4年の一人当たりの日本酒消費量が14.8リットルに対し、
10年後の平成14年は8.8リットル
同じ期間に一人当たりの焼酎の消費量は5.9リットルから8.3リットルに増加

価格競争

why
  • 消費量が減った←若者にはイメージダウン
  • 海外からの割安の日本酒

新傾向

  • 蔵元の減少により,各蔵元のシェア増加
  • 若者女性むけの商品開発
  • 海外向け
how
  • ボトルの形
  • ラベル
  • ネーミング
  • サイズ

インターネット販売

直接購入できる仕組み
中間業者を省ける,価格競争に参加出来る
お客の意見を聞ける

海外戦略

海外での日本酒事情

  • 海外の日本酒市場は確実に拡大している
  • 最も売り上げを伸ばしている日本酒は海外産である
  • 日本酒の普及は和食ブームと非常に関連が強い
  • 和食レストランのターゲットは以前日本人や日系人だったが、今は現地の国民が健康ブームなどにより和食を好むようになりターゲットは現地の人にシフトしている
  • 海外の人は日本酒の銘柄への嗜好は無く銘柄の違いを説明する事は非常に難しい
  • 日本国産の商品は、海外産の商品と比べて価格が高い