kimu-lab@Wiki suematsu


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/10/25
WeekLeaverで新しく「k-labプロジェクト」を作成しました。
URLは、http://210.226.0.99/weekleaver/pc_login.php です。

ログインするときは学籍番号の欄に自分の苗字(僕の場合suematsu,先生はkimura)
を記入してください。
パスワード:klab


実験のデータとして何か参考になればと思い作ったのでできるだけご協力ください。
特に木村先生、遠慮せずにどんどんデータを書き込んでください(笑)
「このシステムのこんなとこが使いにくい」とか「今日はこんなことをしてみた」とか
「実際使ってみてこんな感想を持った」とかなんでもいいです。
よろしくお願いします。


■これから挑戦してみようと思う試み
WeekLeaverから直接週報が提出できるようにがんばってみる。
そうすれば週報の提出も格段に楽になるはず。





2006/10/03
古いi-modeの設定に関して。

■i-modeはフルパスで設定
ショッピングカート設置の際i-modeの場合、スクリプト(k_shop.cgi、k_entry.cgi)をフルパスで指定しないと、「無効なデータを受信しました(302)」などと、エラーメッセージが出ます。これは、ログイン時のプログラムでLocationヘッダーを使っているためで、フルパスで指定しないとこのエラーがでるようです。(i-modeでも現在は改善されている携帯が多いようです。)
引用元


2006/08/05
携帯でのセッション/SSL
http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2003-March/014474.html
携帯で認証関係の話題が掲載。どうやらSSL通信を理解すれば糸口が見つかりそうかも。


2006/07/8
今日、休みの学校で卒研やるのが結構静かで快適だった。
いかに、平日の1階が騒がしいかがわかった。

  • 今日は新たに「週報編集機能」を実装
途中、PHPが思ったように起動せず悪戦苦闘したが2~3時間いじっているうちに
問題なく解決できた。Javaの変数やらPHPの変数やらMySQLの変数やら頭の中で
ゴチャゴチャになって混乱してしまうことも多々あるが、似たような変数がないように
整理して実装することを心がける。そのなかでもやっぱりPHPは厄介だ >_<

今度はブラウザ上でうまく週報を扱えるようにPHPをがりがりいじってみることにする。



2006/06/29

  • なんとサーバとの接続エラーが解決しました。
↑やったあ。ぱちぱち!お天道様が味方したんだと思う。
 by kimura 金沢にて澁谷君と祝盃をあげておきますね。

<原因>
エミュレータのネットーワーク設定がlocalhost用に変更していなかった

  • 3日分を取り戻すために夜の学校にて引きこもりでプロトタイプ作成

<新たな実装機能>
PHP,DBを使って複数の週報を登録・閲覧できるようにした。(大きな進歩)

<具体的な解決方法>
もし携帯が圏外で通信できなくてもスクラッチパッド(端末に直接保存)機能を使って
いつでもどこでも週報を確認できる。

<苦労した点>
  • 途中、スクラッチパッドのデータがnullか空白""かの区別がプログラム上で判別できず、
誤認識して表示されてしまうこともあった。

if()文の条件を変更してずばっと解決!
if(!year2[i]=null) → if(!year2[i].equals(""))

  • PHPでSQL文がちゃんと実行されず、データの通信ができなかった。

船戸さんと渋谷さんに教えてもらいながら、PHP文を変更してデータの通信が行えるようになった。
mysql_query($sql,$conn)→mysql_query($sql,$dbHandle)




2006/06/06
今日は通常ゼミの後、夜の学校で論文ゼミ課題をやった。
夜の静かな学校もいいものです。
目標規定文はなんとなくできた。
でも長文はいろいろ直そうと思ったら原型が無くなりそうだ・・・


校閲には勇気が必要です。この集中力を大切にしてほしい。by kimura

●今後の予定
論文ゼミ課題が終わり次第プロトタイプ作成に取り掛かる
携帯のグループウェアということでプロジェクトで使用した開発環境で
まずは簡単な週報アプリを作ってみることにする。
でもこの開発環境で作るとDoCoMo専用のグループウェアになってしまうので
Web上で利用できる形にしたほうがいいのかな??
まだまだ悩む必要がありそうだ >_<


まずは作って見る事でしょう。汎用性の問題は次にくること。
どのような問題点が生じるのか、プロトタイプでないとわからない事がある。by kimura


2006/05/30(火)

初めて書き込みます。

研究の方向としては「プロジェクト学習を支援するグループウェアの開発」
方向は決まったものの近々プロトタイプの作成に
取り掛からないとまずいなぁ。
どうやって作っていけばいいのだろう・・・
Javaでできるのかな??


オープンソースのグループウエアを研究室で使えるようにまずはしてみたら。全くのゼロからの開発というのは、、、どうだろう?マッシュアップでいこう。まずはクイックプロトタイピング!一般的な業務用とプロジェクト学習の違い(つまり特徴抽出)が重要→そこが新規性の要素の一つ。http://www.ideaxidea.com/archives/2006/05/rpadjp.htmlのシンプルなリマインダーツールも参考になる。by kimura