|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

コード構成と響きのメモ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コードの構成、表記法、および響きのメモ。

基本3和音

  • コードの最小構成単位(1, 3, 5)は、ルート音のみで表記する。
    • 例:C(1, 3, 5)
  • 3rdがマイナーになる場合は、ルート音の横にmを追加する。
    • 例:Cm(1, 3♭, 5)
  • 3rdを4thに変更する場合、sus4を追加する。
    • 例:Csus4
  • 5thが♯、または♭する場合は、(#5)または(♭5)を追加する。
    • 例:C(#5)(1, 3, 5)

4和音

  • 7thを追加する場合(1, 3, 5, 7)は、7の記号を追加する。
    • 7thがマイナーである場合は、7のみを追加する。
      • 例:Cm7(1, 3♭, 5, 7♭)
    • 7thがメジャーである場合は、△7を追加する。
      • 例:Cm(1, 3♭, 5, 7)

△7th

  • あかぬけて洗練された雰囲気。

m7th

  • R&Bな雰囲気。

ナチュラルテンション(9th, 11th, 13th)

  • 9th, 11th, 13thを用いる場合、それぞれ9,11,13を追加する。ただし、この表記の場合は追加した数値までのすべての音を追加するという意味になる。この際自動的に追加される7thは、△7ではなくm7という点に注意が必要。
    • 例:C9(1, 3, 5, 7♭, 9), C13(1, 3, 5, 7♭, 9, 11, 13)
  • 9th, 11th, 13thのみを追加したい場合は、addを用いる。
    • 例:Cadd9(1, 3, 5, 9), Cadd11(1, 3, 5, 11)

9th

  • さわやかな雰囲気。

11th

  • 下に行って落ち着きたい

13th

  • ??

  • 11thは4thと同じ音であるが、3rdに4thを追加する時に用いる。sus4は3rdを4thへ変更する。
  • 13thは6thと同じ音であるが、7thとの兼ね合いで6thを用いるか13thを用いるかを決める。7thがある場合は7thコードのadd13(C7add13)となるが、7thがない場合は6th(C6)となる。

オルタードテンション(♯9th, ♭9th, ♯11th, ♭13th)

表記法はナチュラルテンションと同様。

♯9th

  • ジミヘン風

♭9th

  • 絶望の一歩手前

♯11th

  • 上に行って早く安心したい

♭13th

  • ボサノバ風

ディミニッシュ・コード

ルートから1.5音間隔で4つ音が配置されたコード。(4つ目でルートに戻る)
  • 表記では、dimまたは○を追加する。
    • 例:Cdim/C○

ハーフディミニッシュ・コード

m7(♭5)コードのこと。
  • 表記では、φを追加する。
    • 例:Cφ


更新履歴

取得中です。