|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ダイアトニックコードのメモ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイアトニックコードの基本と、コードアレンジの方法。

ダイアトニックコード

スケールの各構成音をルートとして、1音おきに3(2)つの構成音を重ねてできるコード。スケールの構成音の数だけできる。

メジャースケール(イオニアンスケール)

トニック系

3を含み、4を含まない。
  • Ⅰ△7
  • Ⅲm7
  • Ⅵm7

サブドミナント系

4を含み、3を含まない。
  • Ⅱm7
  • Ⅳ△7

ドミナント系

4と7を含む。
  • Ⅴ7
  • Ⅶm7(♭5)

ケーデンス

  • Ⅴ7→Ⅰ△7
  • Ⅳ△7→Ⅴ7→Ⅰ△7
  • Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ△7(ツーファイブ)


更新履歴

取得中です。