|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ヒューマンスキル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

身につけなければならないヒューマンスキルを記録していく。

正しく行動する

ビジネスの常識を身につける

  • 以下は、ビジネスの常識を守らない例である。このような行動は取ってはならない。
,つまらないミスを頻繁に起こす,休みがちである
,問題発言をする,会社を急に辞めてしまう。引き継ぎにも現れない
,ユーザーを馬鹿にする,会議で突然怒り出す(切れる)
,約束を守らない,専門用語をそのままユーザーに使う
,謝らない,課題を整理、解決できない
,威張る,理路整然としていない
,挨拶をしない,優先順位をつけられない
,目を見て話さない,代替策を考えていない
,「できる」と言ったのにできない。「できない」と言うのが遅い,説得力がない
,約束を守らない。,顧客担当者のメンツをつぶす
,会社の代表として交渉をしている自覚がない,

SEを安易に交替させるな。

  • SEが現場で役に立ち始めるまでには、初期投資がかかっている。
SEの交替はこの初期投資を無駄にする行為であり、顧客が嫌がるということを忘れてはならない。

顧客のキーパーソンを見誤ってはならない。

  • キーパーソンに対してキーパーソンでないと思いこみ、軽視することは致命的である。

顧客に対して納得できる説明をすること。

  • できないならできないなりに、相手が代替アクションを取れるだけの十分な情報を提供すること。
(理想は、代替策をこちらから提案することだが)でないと相手は何もできず八方ふさがりになってしまう。

客先での行動に注意すること。

  • 客先では、顧客が嫌がる行動を把握し、そのような行動は取らないように絶えず気を配ること。
    • 杜撰な電話対応
    • 昼休みにゲーム
    • 作業場所を清潔にしない

縄張り意識から、目的と手段を取り違える愚を犯してはならない。


思考力を伸ばす

「常に考える」こと。


顧客を喜ばせる工夫をすること(小さくても良い)。

  • 顧客をうまくリードする
  • 開発システムの「コンセプト」をおさえる。
  • 相手について飲みながらでもさりげなく聞き出し、相手のためになる行動を取ってみる。

顧客のニーズを把握すること。

  • 顧客が知りたいのは、どうやるかではない。「何が出来るか」だ。

顧客の立場で考えること。


問題解決の能力を身につけること。

  • 問題を性格に把握し、現状を詳細に把握し、データを細かく分解し、原因箇所を特定してアクションプランを策定する。

他人の意見に素直になること。


「考えさせる」指導をすること。


戦略的にコミュニケーションを図る

事前準備と戦術立案を実行すること。

  • 入念に準備すれば、誰でも成功する。
  • 聴き手を分析し、想定質問集を作成せよ。

顧客の考えを正しく理解すること。


ドキュメントスキルを向上させること。

  • 人は、ドキュメントの質を見て仕事ぶり全体を判断する。手抜きは許されない。

実行力を身につける

自分に強く約束する。

  • 自分にしかできないことがあるはず。ねばり強く、行動に移す段取りをすすめること。
  • 目標を明確にすることで、実行力が増す。明確な目標をもつこと。
  • 反対されるのは当たり前。説得する材料をあつめ、ストーリーを練り、実行にうつすこと。
  • 迅速に行動すること。

マネジメント力を磨く

優れたマネジャが持つべき5つの条件

  • すべてを自分の管理範囲と考える。
  • 組織(チーム)全体やメンバーの力を最大限に引き出すことが出来る。
  • 人を自由自在に動かせる。
  • 部下を適切に登用、育成できる。
  • リスクを把握して対策を考え、その対策を実行・評価・改善できる。

引き出しを多くもて。過去の経験を先輩マネジャから分けてもらえ。

マネジャにもっとも求められるものは、信頼である。信頼されるためにはどうすればよいのか、常に考えろ。


更新履歴

取得中です。