|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

思考フレームワーク

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

思考フレームワークの一覧と、その適用箇所について。

思考フレームワークとは何か

物事について考える際の枠組み(視点・カテゴリ等)を提供するものです。

思考フレームワークはどんな時に用いるのか


思考フレームワークは誰が用いるのか


思考フレームワークにはどんなものがあるのか

5W1H

ほとんど万能のフレームワーク。網羅性を確保する方法に困った時には、まずこれを使ってみると良い。

What

Who

Where

When

Why

How

(How much)


魔法の6マス

要件定義書に含まれていなければならない要素。

2【成り行き】成り行きとは、問題を放置しておくと発生する都合が悪い状態です。 5【目的】目的とは、課題を解決することで得られる効果です。
1【問題】問題とは、あるべき姿と現状のギャップです。 4【課題】課題とは、問題の中で解決の可能性があるテーマです。
3【原因】原因とは、問題を発生させている要因で、これを取り除くと問題が消滅するものです。 6【手段】手段とは、課題を目的に添って解決するための方法です。

QCストーリー(問題解決)

プロセス

  • はじめに
  • テーマの選定理由
  • 現状の把握
  • 活動計画
  • 解析
  • 対策
  • 効果の確認
  • 歯止め
  • 反省・残った問題点
  • 今後の計画

QC7つ道具


新QC7つ道具

QCストーリー(課題達成)


マーケティングミックス

Price

Product

Place

Promotion


バランスド・スコア・カード

業績評価&プランニングツール。以下の4つの視点から戦略に適合した個人や部門ごとの個別の目標(KGI)/手段(CSF)/評価指標(KPI)を設定し、PDCAサイクルを回してこれらをモニタリングすることによって、社内のプロセス改善や各個人のスキルアップを促し、企業変革を推進する。

財務の視点(過去)

顧客の視点(外部)

内部業務プロセスの視点(内部)

イノベーションと学習の視点(将来)


3C

Customer

Competiter

Company


TOC


ユースケース記述項目


ISO品質特性(内部・外部品質)

機能性

  • 合目的性
  • 正確性
  • 相互運用性
  • セキュリティ
  • 適合性

信頼性

  • 成熟性
  • 障害許容性
  • 回復性
  • 信頼性標準適合性

使用性

  • 理解性
  • 修得性
  • 運用性
  • 魅力性
  • 適合性

効率性

  • 時間効率性
  • 資源効率性
  • 効率性標準適合性

保守性

  • 解析性
  • 変更性
  • 安定性
  • 試験性
  • 適合性

移植性

  • 環境適応性
  • 設置性
  • 共存性
  • 置換性
  • 適合性

ISO品質特性(利用時の品質)

有効性

生産性

安全性

満足性


戦略戦略策定ツール(PCS)

P(ポジショニング)

自社の現在のポジションを把握するとともに、将来の特定時点における目標ポジションを決定する。
http://www.atmarkit.co.jp/fbiz/cinvest/serial/expert/figure/2_1.gif

C(コンセプトマッピング)

ギャップを埋めるための施策。骨子的なものからはじめ、分解していく。

S(スケールマッピング)

コンセプトのツリーを作り、それぞれのコンセプトごとに管理値とスケジュールをもたせる。
http://www.atmarkit.co.jp/fbiz/cinvest/serial/expert/figure/2_2.gif

部下に報告を求める際に説明すべきこと

なぜ、計画を実行する必要があるのか

達成すべき基準(単位)は何か

達成すべき時期はいつか

自分が実行することは、ほかの人とどのような関連があるのか

もし、実行できなければどのような影響があるのか



更新履歴

取得中です。